2014年12月08日

経営コンサルティングファーム 中途採用セミナー参加

2014.12.6(土)
13:00 - 15:30の時間帯で某経営コンサルティングファームの中途採用セミナーに参加してきました。

どういった経緯でセミナーを受けることになったかと言いますと、
最初は自分の市場価値を確認する意味で登録した転職サイトがキッカケとなります。
転職サイト:BIZREACH

ここで人材エージェントの御方から以下のようなスカウトメッセージをいただきました。
”某経営コンサルティングファームがITスキルと経営戦略を結びつけられる人材を求めている”

IT企業でエンジニアとして働いている上に、
グロービスでの講義で経営戦略が今のところ最も面白く且つ好きなので、
その二つを組み合わせた経営コンサルティングファーム、という切り口は自分にフィットしている気がして、
関心を持った次第です。


10/28に連絡を受けて、それから人材エージェントとの面談、
さらに初めての職務経歴書の作成などを経て セミナーへの参加資格をいただきました。


そんな訳でスーツを着込んで経営コンサルティングファームのオフィスに向かい、
色々と話を聞いてきましたので自分の備忘録を兼ね 記事にします。

Agendaとしては以下です。

13:00 - 13:30 会社が目指す姿
13:30 - 13:50 プロジェクトの案件紹介
13:50 - 14:00 海外キャリアプログラム
14:00 - 14:10 休憩
14:10 - 14:55 パネルディスカッション
14:55 - 15:25 質疑応答
15:25 - 15:30 今後の応募の流れ

会社の目指す姿として、会社の概要を説明。
外部環境として日本のGDP全体から見てコンサルティング業界の割合は世界から見ても少なく、
成長の余地はまだあるとのこと。

そんな中で会社の目指す姿として、「テクノロジーを強めたい」というメッセージは刺さりました。
ITによってコスト削減などを実現する仕事もしつつ、センサー技術などテクノロジーの組み合わせも考えていきたいと。
非IT企業でもテクノロジーを活用できなければ勝てない時代になってきていると考えてるみたい。

市場としての成長余地がある中で私自身が関心のある方向性を打ち出していることはぐっときます。
この先どんなパラダイムシフトが起きてもITがなくなることは先ずないと私は考えていますし、
そのITやテクノロジーを如何に活用するかで企業にとっての大きな競争優位性になると思っています。


また求めている人材として「統計学に精通している人材」というのにも さらにグッときました。笑

現在 業務でも独自で営業データを活用した営業施策効率化ツールの開発と検証を行っていたり、
今後 自分が行いたいと考えているビジネスにおいてもデータの扱い方は非常に重要なため、
私自身がデータ解析やデータ関連に大きな関心を持っています。

そこにきて、データサイエンティストを求めている的なメッセージです。
合わせ技で 次のAgendaではビッグデータ関連の案件紹介。
純粋に面白そうだと思えましたし、そこに伸ばしたくてたまらない、学びたいスキルが見えました。


最後にパネルディスカッションや質疑応答を通して、
少し実務の状況や自分が入社した時のイメージがつきました。
もちろんセミナーなので 良い部分を強調していると思いますので そこは鵜呑みにしないようにしつつ、
それでも魅力を感じたのは間違いありません。

特に私が魅力的に思えたのは以下2点です。

1. 育成のナレッジがあり手厚いと思われる
2. 昇進の流れが明確である

1については、入った部署でのインストラクター、さらに自分のキャリアを考えてくれるキャリアアドバイザー、
さらにプロジェクトでのチームメンバーなど学びについては手厚そうです。

私としても良質な学びを通して早く一人前となり会社貢献していきたいと考えています。
ただ今の会社のように育成の観点が少ない・育成のナレッジがないと、
怒られてはいるもののいまいち自分の成長を実感できず、
一人前として仕事ができているのかわからなくなってしまうことも多いのが現状です。

コンサルティングファームの実際がどうなのかはわかりませんが、
話を聞く限り 今の会社よりかは育成について考えられているように感じました。


2の昇進について。

これはパネルディスカッションの話から推測したことなのですが、
登壇者の一人は最下層のポジションから8年目で4つ上のポジションにまで上がっていました。
その昇進スピードに驚いたので質疑応答の際に確認したところ、
昇進基準は明確であり且つ 登壇者の方が特別早い訳でもないとのことでした。

各ポジションでのタスクやミッションがわりと明確であり、段階を踏んで行えるのも非常に魅力的です。


難点としては「働きながらMBAを取得している人はいない」という点。
激務であるとはもちろんセミナーでは仰られていませんでしたが、時間的な拘束は垣間見えました。
それは最初は仕事が不慣れということで時間がかかることに加え、
経営者と関わる仕事が多いので、自由がきかなそうなところもありそうです。

私の場合 仕事に時間を費やすことは嫌いではないので その点は苦ではありませんが、
グロービスは卒業したいと考えているのでグロービスに通っている間は要検討ですね。
それでも転職をし両立を頑張るのかいう点において。
(休日に講義と課題対応を詰め込むのも一つの手だと思います)

ただ社内で海外MBA取得の道もありそうなので それはそれで興味深い(もちろん極めて難関のようですが)。



全体を通して 関心度合いが強まったことは間違いありません。
転職活動をして採用されるのも難しい会社だとは思いますが、チャレンジしてみたい気持ちも芽生えています。

人生設計プランを改めて練り直しながら、
今後の歩み方を何度でも見直していきたいと思います。





良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

転職エージェントとの面談

2014.11.10(月)
自身の志に向け、どういったスキルが必要かを考えた時に 、
私が必要としているスキルセットが今の所属組織から得られるかというとかなり微妙だと感じました。

グロービスを卒業するタイミングが一つのターニングポイントであると考えているため、
残りの1年半ないし2年間で 自身の成長のためにどうするのがベストかを最近ずっと考えています。


そうした中で 欲しいと考えているスキルセットを洗い出し、
仕事をしながらそのスキルを得られる部署はないかと諸々とヒアリングをしたり、
人生のメンターに相談したりしておりました。

異動という選択肢の他、転職というのも道の一つだと考え、先ずは転職支援サイトに登録。

ものすごいオファーに圧倒されつつも、
その中で某外資系 戦略コンサルタントのセミナーが目に留まりました。
ITスキルを有したコンサルタントを欲しているとのこと。

もともとエンジニアである上にグロービスで経営学を学び、
社長後継者候補育成機関で 社長の帝王学に触れ またプレゼンスキルも 磨いてきました。
そうした自分の今あるスキルセットにマッチしているのではないか、
また自分自身で事業を行う時に 戦略コンサルタントの経験や人脈、スキルセットは有効ではないかと。

そうして先ずは情報収集だとセミナーに参加すべく、
セミナーをコンサルタント企業と共同で企画されていた転職エージェント会社へと伺ったのが面談のキッカケ。

・・・だいぶ前置きが長くなりましたね。汗


およそ2時間ほどの面談でしたが、最初に私についてのヒアリング、
そしてヒアリングを基に適しているとエージェントが考える企業の紹介を受けました。
結論から言うと、外資系戦略コンサルタント以外は正直言って今のところ刺さりませんでした。

紹介いただいた企業の多くが強く関心のある業界でもないということもありますが、
多少年収が上がる程度で 今とさほど業務が変わらなそうで得られるスキルセットが見えにくかったため。


セミナーの情報をくれるということで訪問しましたが、基本は企業紹介。
ある程度予測はしていたものの 刺さる企業が少なかったので ちょっと微妙でした。


ただ、最後に気になっていたことをガッと聞き込み、その点では良い情報を得れたと思います^^
ただでは転ばない!

私が確認したのは、
1. エージェントの方々は職務経歴書の何を確認して 善し悪しを判断するのか
2. 一社目が大手で二社目が小規模なベンチャーだった場合のデメリットはあるのか
3. 年齢がネックになるのは何歳なのか

1については、私の経歴書を確認したエージェントが、
「(外資系コンサルタント企業の書類選考に)これなら恐らく通る」と何気なく仰られていたので、
その判断基準を確認しました。
その判断基準が今後 職務経歴書を書く際のアドバイスになると考えたからです。

結論としては【1. 学歴】【2. 1社目の企業】【3.業務内容】でした。

1の学歴はやはり見られるんだなぁという印象。
普段 学歴を意識することが皆無なので こうした転職活動などで改めて母校の名の強さを感じます。

2の1社目の企業は、一括採用を行う日本において企業ごとに入社の難易度があるため、
就活を乗り越えて入った企業そのものがステータスとなるようです。

3はそのままです。
やっていた仕事内容が次のキャリアで活かせるイメージが湧くかどうか。



質問の2は、仮に自分がベンチャーへ進んだ後 どういったデメリットがあるのかを確認したかったので質問。
これについてもベンチャーでどういった仕事をしてきたかで次に進める道が決まるとのこと。
なのでデメリットというよりも、自分の職務に沿って道が狭まるということのようです。

質問の3は今年30の自分として気になっていた点です。
転職のタイミングは20代後半、なんてことも耳にしていたので。
この質問の解としては、やっている仕事と同様のことであれば転職は難しくはないとのこと。
ただしキャリア変更する場合は なるべく早い方が良い。
むしろ30歳ならラストチャンスぐらい。だそうです。

この言葉は正直 刺さりました。

自分は今のままコーディングもしないエンジニアとして今後生きていくのか。
そして恐らく今の仕事を続けるとなると年功序列の普通のサラリーマンで終わりそう。
果たしてそれで本当に良いのだろうか。

そんなことを問われているような気がして。


外資系コンサルタント企業のセミナーを受けるまでは まだなんとも言えないのですが、
今の組織に残るパターン、異動するパターン、転職するパターンでメリットデメリットをまとめ、
今後の自分のなりふりを考えたいと思います。



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。