2014年11月06日

リーダーシップ開発と倫理・価値観 時間調査結果


2014年7月期含め、過去の各期に費やした時間配分は以下の通りです。
MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール ターム比較 2014年7月期
仕事 プライベート MBA 睡眠
2013年07月期 738.00時間 (33.41%) 658.25時間 (29.80%) 164.75時間 (7.46%) 648.00時間 (29.33%)
2013年10月期 830.50時間(37.61%) 636.00時間(28.80%) 196.50時間(8.9%) 545.00時間(24.68%)
2014年01月期 812.50時間(37.62%) 614.50時間(28.45%) 188.00時間(8.70%) 545.00時間(25.23%)
2014年04月期 813.50時間(37.25%) 561.50時間(25.71%) 267.25時間(12.24%) 541.75時間(24.81%)
2014年07月期 796.75時間(36.48%) 675.75時間(30.94%) 172.00時間(7.88%) 563.50時間(25.80%)


今期はバーンアウトしていたこともあり、仕事やMBAの時間が少なく、
プライベートの時間が多かったですね。
次にタームでのMBAで利用した時間を掘り下げて比較すると以下の通り。
MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール ターム比較 詳細 2014年7月期
単位:時間
授業 予習 復習 勉強会 懇親会 その他 ブログ
13-07(1) 30.50 (15.91%) 54.25 (28.29%) 35.50 (18.51%) 6.50 (3.39%) 10.00 (5.22%) 14.00 (7.30%) 41.00 (21.38%)
13-10(2) 57.50 (25.33%) 52.00 (22.91%) 32.50 (14.32%) 3.00 (1.32%) 6.50 (2.86%) 45.00 (19.82%) 30.50 (13.44%)
14-01(2) 57.00 (24.68%) 58.50 (25.32%) 16.00 (6.93%) 0.00 (0.00%) 0.00 (0.00%) 51.00 (22.08%) 48.50 (21.00%)
14-04(3) 90.00 (28.85%) 126.00 (40.38%) 26.00 (8.33%) 0.00 (0.00%) 0.00 (0.00%) 29.50 (9.46%) 50.50 (12.98%)
14-07(2) 59.50 (29.79%) 58.25 (29.16%) 11.00 (5.51%) 4.25 (2.13%) 0.00 (0.00%) 35.75 (17.90%) 31.00 (15.52%)
※ 期の括弧は科目数


今期は同じ2科目受講していた2013年10月期や2014年1月期と比べても総数は少なかったです。
これもバーンアウト中だったとしか言いようがありませんね。。
2014年7月期の使用時間が少なかったもう一つの要因としては、
リーダーシップ開発と倫理・価値観がそんなにアサインメントも重くなかったことがあるかもしれません。

次にリーダーシップ開発と倫理・価値観の各授業ごとの時間計測です。
MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール リーダーシップ開発と倫理・価値観
  (単位:時間) DAY 1 DAY 2 DAY 3 DAY 4 DAY 5 DAY 6
授業 5.00 4.50 5.00 5.00 5.00 5.00
予習 5.75 3.25 1.00 3.50 2.00 2.00
復習 3.75 0.0 0.0 0.0 0.0 3.75
勉強会 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
懇親会 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
その他 1.00 4.75 0.00 1.00 0.25 0.00
  合計 29.50 17.50 7.50 0.00 0.00 9.50


ファイナンス1と同様、復習がDAY1およびDAY6のみのようになっていますが、
本ブログでも各回について触れている通り 復習はやっておりますのでご注意下さい。
7月期の復習を10月以降に回してしまったがための状況となります。。

時間総数としても61.5時間と 過去に受講してきた10科目の中でも最小時間。
あまり時間をかけていません。

これは本ブログでも頻繁に触れている、7月期のバーンアウト現象によるものです。
同時期に受講したファイナンス1はわりと時間を費やしていることを見ると、
バーンアウトのしわ寄せがこのLEVにきてしまったと言わざるを得ませんね。。

反省は兎にも角にも「バーンアウトしない」。
これにつきます。

とはいえ逆説的に捉えれば、
バーンアウトのしわ寄せがあったとしてもLEVはなんとか乗り越えられたということです。
重たいカネ系科目や 3科目受講したい場合に LEVを取得されてもいいかもしれません。


最後に各科目毎の比較表を記載します。
MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 科目毎 2014年7月期


LEVがもっとも時間を費やしていない科目となりました。
どうしてもバーンアウトによってMBAに費やす時間総数が減るとなると、
人系や志系にしわ寄せがいってしまうのかもしれません。

ここでの反省はいかにバーンアウトをしないか。
安定的にどの科目にも時間を費やせるようバランスを大事にしていきたいと思います。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【リーダーシップ開発と倫理・価値観 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

2014年11月02日

リーダーシップ開発と倫理・価値観 レポート評価確定

2014.09.30(火)
13:18にレポート評価確定のメール連絡が来ました。
提出が27日(土)だったので他の科目よりも非常に早い返答でした。
私のリーダーシップ開発と倫理・価値観(以下LEV)の結果は以下の通り。

レポート点:6.5

平均点: -(10点満点)
標準偏差:-
最高点: -
最低点: -
※ 今回は平均点等の情報が講師からもらえませんでした。

LEVのレポートはコミットメントシートの作成。
自分が今後何をしたいのか、そのためにグロービスで何を学び、業務でも何を得ていくのかを明記するもの。
言って見れば三者三様、答えのないレポートになります。

なので評価ポイントとしてはシラバスでは以下のように記載されています。

・具体的な実行イメージをもって記述されているか
・自己成長への意欲が伝わってくるか

今回はちょっと評価の測定がしずらいですね。。
私の中では将来やりたい事業が明確で、そのために必要なスキルを洗い出し、
何を学べば良いかを記載したつもりだったのですが 意欲という面であまり評価されなかったのかなぁ。

なかなか難しいですね。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【リーダーシップ開発と倫理・価値観 時間順 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

2014年10月29日

リーダーシップ開発と倫理・価値観 DAY6


ケース / テキストversionページ数
---

<<テーマ:開発プランの策定>>
DAY1 - DAY5の学習を踏まえ、各自の具体的なリーダーシップ開発プランを策定する。現在から大学院を卒業するまでの期間に、どのような学び方や方向性を志し、また、日々の職務や、大学院以外の活動で何に留意しどのような行動をとってリーダーシップを伸ばしていくか、具体的に言語化する。

2014.9.27(土)
会社で朝5:30から1時間45分かけて本日提出するレポートを仕上げ、
10:00からリーダーシップ開発と倫理・価値観の最終日DAY6を受講してきました。
会社で作業してから一度帰宅し、それからグロービスに向かったためにちょっと時間の感覚をミスり、
グロービス入学以来初の遅刻(2分)をしてしました。。

今回はリーダーとして これからどういったことを行っていくかという宣言することが目的で、
レポートも【自己開発コミットメントシート】という、今後どうするかを示すものの作成。

講義冒頭にDAY5の振返り、それから今までのダイジェストをおさらいした後、
グループワークとして【自己開発コミットメントシート】を各グループで発表、対話を実施。
1人25分というかなり長い時間を設け、それぞれのコミットメントに耳を傾けました。

各自のコミットメントに対し、それぞれがフィードバックを貰い よりコミットメントを深めていく。
創造と変革の志士になるべく。

最後に講師の方から いくつか言葉をいただいた中の一つを紹介。


【志】という漢字は分解すると士と心。つまり「士(サムライ)の心」である。
誰のために、何のためになら死ねるのかを彼らはずっと考えていた。
だから【志】というのは、生きる理由もしくは生まれてきた訳と言えるのではないだろうか。

何かのために生まれてきた。
何かのために人生を生きていく。
志をどこかで見つけることができたならそれは素晴らしい。

しかし志を見つけたとして、志を抱いた姿は醜いかもしれない。
大事なものを守るために進むにはきれい事では済まないこともある。
手かせ足かせされても目隠しされても、地を這ってでも鼻で地面の匂いを嗅いででも進む必要がある。
泥にまみれて綺麗とは言えないけれども、
周りから見れば命のオーラが虹のように立ち上っているのではないか。

志を抱き愚直に進む事はとても醜く、それでいて最高に素晴らしい生き方である。


意図としては志を持つことの素晴らしさかと思いますが、
私はどちらかというと「地を這ってでも鼻で地面の匂いを嗅いででも進む」ことが刺さります。

「志す」とは断固たる決意です。
正直 他からどう見られているとか、最高の生き方とかは二の次。
自分が思い描く未来を創り上げる、そのために生じる数多の試練にどんなことがあっても挫けてはならない、
それこそ手足をもがれても、視力が落ちて全てが見えなくなっても、
ぶれない精神、描く未来を実現する断固たる決意こそが「志す」ということなんだと思います。

その覚悟が今の自分にあるかというとまだまだです。
実現したい未来はあれど、愚直に徹することは全然できていません。

だからダメなんですよね・・。

でも 自分の描く未来はどうしても実現したいしチャレンジしたいと思っています。
今はグロービスで自己研鑽に徹し、近い将来 その決意と最初の一歩を踏み出したいと強く思う次第です。



参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【リーダーシップ開発と倫理・価値観 時間順 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。