2014年09月25日

ファイナンス1 DAY4


ケース / テキストversionページ数
アメリカン・ケミカル・コーポレーションver.1014ページ

<<テーマ>>
これまでに学んだ知識や視点を活かして、ケースの課題について考える

2014.08.19(火)
レポート回。
久しぶりに土曜ではなく火曜に受講。
DAY3を9日(土)に受講しているので課題対応期間が10日間と若干短めでした。
それでも20時間と勉強会4時間15分の合計25時間弱対応しました。

が、冒頭にレポートについて話が合った際に、
私の考察に一点抜け落ちていた視点があったため正直点が伸び悩みました。。

さて、レポート課題であろうとケーススタディを分析する流れはどの科目もほとんど同じであり、
DAY3での流れを踏襲すればある程度の形になります。
それが以下のプロセスです。

MBA グロービス経営大学院 ファイナンス1 計画策定プロセス
この流れに沿って定性分析から入り戦略を練り、そして経営数値を算出して評価を行い、
最終的にその戦略は妥当なのか、はたまた資金が必要であれば資金調達方法は何がベストかを検討する。

よってDAY3と同じく、3C分析を利用してKSFを求め、
ケースの数値を使ってFCFやNPV, IRRといった経営指標を算出し、評価するのみ。


3C分析

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析からKSFを見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00039.php

KSF

KSFとは、当該事業で成功するための要件。
KSFは環境変化に伴い変化するため、その見極めが重要になる。例えばパソコン市場の初期段階では、技術力やR&Dの裏づけが重要なKSFだった。しかし80年代後半に、ウィンテルが業界標準となると、技術力はもとより、顧客サポートやスピーディーな市場導入、コスト低減が重要なKSFとなる。
さらに、競争のルールを受動的に捉えるだけでなく、自ら新しいKSFを創出するべきである。KSFを理解することは、競争のルールを理解することとも言える。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00191.php

フリー・キャッシュフロー(Free Cash Flow)

フリー・キャッシュフローとは、資金提供者(債権者と株主)に理論的に帰属するキャッシュフローのことで次の式で定義される。FCF=営業利益×(1−税率)+減価償却費−投資−ワーキング・キャピタルの変化。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00250.php

Net Present Value

NPVとは、投資する対象の事業、プロジェクトが生み出すキャッシュフローの現在価値(DCF)の総和。投資を決定するための評価指標の1つ。正味現在価値。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00231.php

IRR(内部収益率): internal rate of return

IRR(内部収益率)とは、NPV(正味現在価値)がゼロとなるような割引率。内部収益率。
IRRでは、事業計画から得られる現金収支の現在価値から初期投資額を差引いた金額、つまり正味の価値(儲け)がゼロとなる割引率を求める。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00789.php


ただし経営指標を算出する際に仮定を置いたります。
売上高の成長率をどう仮定するか、などなど。
その場合に用いるのがビジネス定量分析でも学んだ「感度分析」です。


感度分析(sensitivity analysis)

感度分析とは、分析したいアウトプットをいくつかの変数(パラメータ)に分解し、その変数が変動したとき、アウトプットにどの程度の影響を与えるかを調べる手法。将来が不確実な時代には、計画が予定からずれた場合にどのくらいの影響があるのかをあらかじめ見込んでおくことが重要となる。そのためのツールが感度分析である。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00558.php


要は変数を変化させて経営指標がどう変化するかを見るためのもの。
感度分析を行うとどういった条件の時にNPVがマイナスになるかなどを見極めることができるため、
経営者として譲れないポイントのようなものが数字として明確になったりします。


本ケースは非常に奥が深く、
3C分析を利用してKSFを求めケースの数値を使ってFCFやNPV, IRRといった経営指標を算出し、評価するのみ。
留まりません

でもこれがリアルな買収の話だと思います。
当然考えなければならないポイントだと自分の中でも肚落ちしています。
ホントにビジネスをやるためには多くの知識が必要だとつくづく感じました。

グロービスにいる間、とにかくひたすらに知識を身に付けていきたいと思います。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファイナンス1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイナンス1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

ファイナンス1 DAY3


ケース / テキストversionページ数
インダストリアル・アクセサリーズ社ver.111ページ

<<テーマ>>
「インダストリアル・アクセサリーズ社」のケースでは、事業をオーナーから継承するためのオファー価格をDiscounted Cash Flow法(DCF法)に基づいて評価する。また、買収に必要となる資金をいかに調達するのか、その調達方法の違いがその後の事業展開にどの様な影響を与えるのか、にまで考察を深める

2014.8.9(土)
18:00 - 21:00の夜に振替えとしてファイナンス1のDAY3を受講しました。
DAY1,2は2つのケースをやりながら数字に慣れる事が主目的でしたが、DAY3からはいよいよケースも一本になり、
本格的にファイナンスを学んでいきます。

DAY4にレポート課題があるため、レポートの進め方を意識してDAY3を取組んでいきます。
ファイナンスでも経営戦略でも基本的には全て以下の手順で進めていくと私は認識しています。

MBA グロービス経営大学院 ファイナンス1 計画策定プロセス

先ずは外部環境分析で、例えば3C分析を用いてKSFを求める。
KSFを踏まえて戦略を立て、戦略への最適な投資を考える。
投資によって得られる経済的価値(FCF, NPV, IRR)で評価し投資を行うべきかを判断する。
この辺の流れはもう何度もケーススタディで繰り返しているので身に付いていることを実感します。
グロービスに通っている一つ効果だと思うとちょっと嬉しくなりますね。


3C分析

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析からKSFを見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00039.php

KSF

KSFとは、当該事業で成功するための要件。
KSFは環境変化に伴い変化するため、その見極めが重要になる。例えばパソコン市場の初期段階では、技術力やR&Dの裏づけが重要なKSFだった。しかし80年代後半に、ウィンテルが業界標準となると、技術力はもとより、顧客サポートやスピーディーな市場導入、コスト低減が重要なKSFとなる。
さらに、競争のルールを受動的に捉えるだけでなく、自ら新しいKSFを創出するべきである。KSFを理解することは、競争のルールを理解することとも言える。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00191.php

フリー・キャッシュフロー(Free Cash Flow)

フリー・キャッシュフローとは、資金提供者(債権者と株主)に理論的に帰属するキャッシュフローのことで次の式で定義される。FCF=営業利益×(1−税率)+減価償却費−投資−ワーキング・キャピタルの変化。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00250.php

Net Present Value

NPVとは、投資する対象の事業、プロジェクトが生み出すキャッシュフローの現在価値(DCF)の総和。投資を決定するための評価指標の1つ。正味現在価値。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00231.php

IRR(内部収益率): internal rate of return

IRR(内部収益率)とは、NPV(正味現在価値)がゼロとなるような割引率。内部収益率。
IRRでは、事業計画から得られる現金収支の現在価値から初期投資額を差引いた金額、つまり正味の価値(儲け)がゼロとなる割引率を求める。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00789.php


これでおおまかな流れを抑えて、
あとはオーナーから提示された金額が妥当かどうかを企業価値を算出して評価し、
次に妥当と判断した場合には調達方法として借入を行うのか・株主資本で増資するのかという点を見ます。


企業価値

企業価値とは、会社全体の経済的価値。具体的には、企業が将来にわたって生み出すキャッシュフローの現在価値(将来発生するキャッシュが現時点でどのくらいの価値があるかを判断する指標)を指す。会社とは、様々な投資プロジェクト(事業計画)の集合体だ。貸借対照表(B/S)における資産は、これらの投資プロジェクトを集めたものである。従って、会社全体を1つのプロジェクトと見なして、そのNPVを計算することができるはずである。これが、企業価値の考え方である。
引用:globis MBA用語集 企業価値


調達方法については、デット(借入)かエクイティ(株)かは一長一短ですね。
この辺りは経営者としての優先順位や哲学によって答えは変わってきます。
だからこそクラスで議論することが面白い!
一人では考え漏れていた視点に気付くこともあるので、講義に参加するというのは大事だなと痛感します。

業務上 企業価値を算出して評価・買収といったことはないのですが、
方法論はざっくりとではありますが理解できたように思います。

あとは算出する数値の精度をもっと高めていきたい。
予習段階での自分の回答は見積が甘かったり、考えに抜け漏れがあったりするので、
そうした部分をできるだけ極小化していけるよう ちゃんと復習をしていきたいと思います。

次回はいよいよレポートですね。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファイナンス1 時間順 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイナンス1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

ファイナンス1 DAY2


ケース / テキストversionページ数
ワールプール・ヨーロッパver.37ページ
ストライカー・コーポレーション:プリント基板の内製化ver.16ページ

テーマ:
検討の俎上で上がっている案件や選択肢が生み出すキャッシュフローに着目し、その事業採算性を検証する(増分キャッシュフロー分析)。ファイナンス分野の中心的存在であるDCF法、その帰着としているNet Present Value(NPV)・Internal Rate of Return(IRR)値の評価の仕方を習得する。

2014.07.26(土)
ファイナンス1 DAY2は振替。
もともとは7.22(火)でしたが、7.19 - 7.21で岡山に旅行に行っていた都合、
予習が中途半端になってしまいそうだったので振替えを行いました。

DAY2に入り、前回よりもFCFやNPV、IRRなどファイナンスらしい項目が出てきたので、
最初にざっくりと復習(私の場合ファイナンス基礎を受講しているので復習と捉えています)


フリー・キャッシュフロー(Free Cash Flow)

フリー・キャッシュフローとは、資金提供者(債権者と株主)に理論的に帰属するキャッシュフローのことで次の式で定義される。FCF=営業利益×(1−税率)+減価償却費−投資−ワーキング・キャピタルの変化。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00250.php

Net Present Value

NPVとは、投資する対象の事業、プロジェクトが生み出すキャッシュフローの現在価値(DCF)の総和。投資を決定するための評価指標の1つ。正味現在価値。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00231.php

IRR(内部収益率): internal rate of return

IRR(内部収益率)とは、NPV(正味現在価値)がゼロとなるような割引率。内部収益率。
IRRでは、事業計画から得られる現金収支の現在価値から初期投資額を差引いた金額、つまり正味の価値(儲け)がゼロとなる割引率を求める。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00789.php



今回は2つのケースをもとに学びました。
ワールプール・ヨーロッパではERPを導入することによるキャッシュフローの増分を算出し、
NPVを見てERP導入を検討するというもの。
リアルな仕事としてありえる話で、現業務でも使えそうな話でした。

本ケースで重要だと思った学びは「重要なのは自分で前提を定義して その定義にそって計算すること」

予習でFCFの計算をするのですが、
どういった前提を置くのかで、他の受講生と数値に微妙なずれが生じたりします。
しかしそうしたズレは問題なのではなく、しっかりと自分で置いた前提にロジックが通っていれば良いということ。

とはいえ今回は数値の穴埋めという形式だったので そこまで数値がずれることはないのですが、
今後カネ系科目での課題を行う時は、”前提のロジック”をしっかりと定義しながら進めたいと思います。


今回は講師の教え方も自分に合っていたこと、
そして意外とファイナンス基礎の知識が自分の中でしっかりと残っていたため、
そこまで悲観するほど自分はできていない訳ではなさそうだ、というちょっとした自信回復があり、
バーンアウトから少し抜け出せるキッカケになりました。

やはり「できない」「できなそう」という感覚は気を参らせるけど、
「できる」もしくは「できそうだ」という感覚があると人を前向きにさせてくれます。
MBAを取得するということは知らないことやわからないことが大量にあるため、
「できないかも」と気落ちしてしまいがちですが、一つ一つ知識を身に付け、
気持ちを落とさないように日々取組む必要があると思います。

そのためには「できなかった」ことを悲観していないで、とにかく一つでもわからないことを潰していく。
そうして気持ちを保ちながら2年ないし3年を過ごすことできっとビジネスマンとして一皮むけた存在になれる。
そんな風に気持ちを整理しながら、目先のバーンアウトから抜け出せることを目指します。笑


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファイナンス1 時間順 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイナンス1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。