2014年04月30日

ウォール・ストリート

ウォール・ストリート [Blu-ray]ウォール・ストリート [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-11-23
売り上げランキング : 44280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー。カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていた。そして2008年、ウォール街の若き金融マン、ジェイクの会社が突然破綻した。心の師である経営者は自殺し、ジェイク自身も資産を失ってしまう。それが金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイクは、復讐を誓い、ゲッコーに助言を求める。しかし、ゲッコーはジェイクの最愛の恋人ウィニーの父親でもあった。ゲッコーは絶縁状態のウィニーとの仲を取り持つことを引替条件に、ジェイクと手を組むことに同意するが……。


こちらはファイナンス基礎の講師の方から勧めていただいた映画。
本映画の中で使われているネタを講義でも引用していたのがキッカケです。
そのネタというのが「オランダでのチューリップバブル」

17世紀のオランダでチューリップの球根が人気を博し、とてつもない投機熱によって価格は上昇、
結果10個 2ドルの球根なのに、アムステルダムの運河沿いの豪邸を球根一個で買えるようになったとのこと。
その後バブルは弾け見るも無惨な結果をもたらしたそうです。
参考:Wikipedia【チューリップ・バブル】

この映画を勧めてもらったのがファイナンス基礎のDAY2で2014年1月25日。
3ヶ月も前の話のため、なぜチューリップバブルの話になったのかを失念してしまいました。。

習っていたこととしてはDCF法についてなので、
バブルのタイミングだと将来の収入を見誤るため DCF法も意味をなさない、といったことかもしれません。
確かにDCF法は将来の金銭的価値を現在に置き換えるものですので、
将来の価値が飛躍的に跳ね上がる状況だと、DCF法によってさらに投機熱を加速させてしまいます。
そこは自分でしっかりと判断できるようになってないといけませんね。


DCF法(discounted cash flow method)

DCF法とは、ある資産やプロジェクトの金銭的価値を、それらが将来生み出すキャッシュ・フローの現在価値として求める方法。収益還元法とも訳される。
「今日の100円は明日の100円よりも価値がある」という言葉で表現されるように、貨幣の価値は時間の経過とともに変化する。その理由は、インフレーション、時間、リスク(明日の100円が本当に手に入るかわからない)などさまざまである。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00321.php


映画についてですが正直 難しかったです^^;
ヒロインは結構 感情の起伏が激しく、そこまで怒らなくてもと思うシーンや、
逆にそこは許すんだっていうシーンが多くて ファイナンスよりも女性心理の方が難しいと感じました。笑

ただウォールストリートという環境にはすごく興味を持ちました。
扱っている金額も桁が違いますが、マネーゲームと言えども世界を変える力がそこにあるように思います。
特に自分の仕事と比較してしまうと、今のままでいいのか考えさせられます。
リスクなきところにリターンなしという講師の言葉が胸に刺さります。

もう一度観てウォールストリートという映画が持つエッセンスを再度 読み取りと思います。




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

マネーボール

マネーボール [Blu-ray]マネーボール [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-10-03
売り上げランキング : 3307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画紹介 from Amazon

あきらめるな、挑戦を。
【ストーリー】ブラッド・ピット主演×『ソーシャル・ネットワーク』のタッグで贈る。メジャーリーグの常識を覆した、これは、真実の物語。
選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは、自分のチームの試合も観なければ、腹が立てば人やモノに当たり散らす短気で風変わりな男。
ある時、ビリーは、イエール大学経済学部卒のピーターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出し、周囲の反対を押し切って、後に“マネーボール理論"と呼ばれる戦略を実践していく。当初は理論が活きずに周囲から馬鹿にされるが、ビリーの熱い信念と、挑戦することへの勇気が、誰も予想することの出来なかった奇跡を起こす!!


ビジネス定量分析の講師からオススメしていただいた映画。
一ヶ月以上前に薦められていましたが、ようやく見れたのでここで紹介。

なぜ勧めているかというと、野球というものを数字で判断し分析し結果を残した実在の話であるため。
これはビジネス定量分析と非常に関連しています。

野球で勝つためには選手にはどういったスキルが求められるのでしょうか。
ホームランバッター、守備が上手い、オールラウンダー。きっと様々なスキルがあってスキルはあればある分だけいいでしょう。

しかしながら勝つためには出塁率が一番効きます。
ホームランだろうがヒットだろうが、フォアボールだろうが、デッドボールだろうが、
塁に出る事はには変わりはなく、出塁が多ければ多いほど点が取れる。

ここに主人公ビリー・ビーンとイェール大学経済学部出身のピーターは目をつけた。

ビリーはメジャーリーグ球団・アスレティックスのゼネラルマネージャーであり、
選手のポートフォリオを考えるのが仕事で選手を入れたり出したりしながらチームを勝利へと導く仕事をしている。

ところがアスレティックスは貧乏球団であり、良い選手を入れ育てても、
やがてニューヨークヤンキースなど、潤沢な資金を持つ球団に選手を引っこ抜かれてしまう。
貧乏球団は”お金”という点で圧倒的に不利な状況にあった。

いい選手を入れたくてもお金がない。
オーナーに掛け合っても今ある資金リソースで勝てと言われる。
藻掻きながら苛立ちながら解を模索していた時に出逢ったのが、ピーターだった。

そこで統計学を活用し、出塁率が高いが評価が低く 安い選手を集めた。

利用しているのは重回帰分析ですかね。
出塁率や長打率、守備率などの他 選手の見た目や人気なんかも数値化し、勝つ事に効く説明変数を求めた。
それが出塁率であると。

この時のピーターの台詞が非常に印象的でした。
”チームは選手を買うんじゃない、勝利を買うべきなんだ”と。

評価が低い選手は怪我が多いだとか、年齢が高いとか、素行が悪いなどとにかく問題が多い。
そうしたメンバーを集めつつ、アスレティックスにいる、野球界の中で評価が高い選手を放出していくため、
チームのビリーへの戸惑いや怒りは相当なもので、世論も「ご乱心」と揶揄してました。

もちろん最初は全然上手くいかなかった。
それは選手が自分の役割を理解できなかったこと、チームとして戦略を一貫してやれなかったことが挙げられます。
ビリーがどんなに指示を出しても、監督にはそれが理解できずに戦略を無視し続けていた。

しかしチームが機能し始めると 劇的に勝利を収めるようになり、圧倒的な低予算で常勝チームとなった。



理系である私としてはお金ではなく数字で勝利を勝ち取る様は非常にぐっときました。
ただ映画を最後まで見ていただきたいのですが、統計だけでは限界もあり、
そしてビリーの人生はなんとも言いがたい波乱と選択に満ちあふれており、なんとも言いがたい思いにもなりましたね。。

必ずしも人は正しい選択をできる訳ではない。
でも後悔しないことが大切なんだと私は受け止めました。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。