2014年01月29日

ビジネス定量分析 DAY3 課題対応

2014.01.28(火)
21:00 - 22:30で課題を実施。
ビジ定のDAY3の課題アサインメントは正直結構楽かも。
テキストを読む量も少ないし、提出課題自体もテキストの演習問題1個のみ。
(もちろん提出しない課題もあるのでそちらもやりますけど、心持ち1題だと気が楽)

今回はデータを数式化することがお題目。
よって主にやることは回帰分析。
ある統計データをy=ax+bに落とし込むのが単回帰分析。
ここでxを説明変数と呼び、yを目的変数と呼び、説明変数と目的変数には因果関係がある。
説明変数が複数ある場合は重回帰分析となる。

回帰分析

原因となる数値と結果となる数値の関連性を、統計的手法を用いて調べる方法。
原因となる数値を説明変数、結果となる数値を被説明変数と言う。説明変数が1つの場合を単回帰分析、2つ以上の場合を重回帰分析と言う。単回帰分析を2次元のグラフに示す場合には、説明変数をX軸、被説明変数をY軸にとる。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00526.php


散布図から直線式を求めるって面白いですね^^
EXCELでも回帰分析が可能なので どんどん使っていきたいな。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス定量分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

ビジネス定量分析 DAY2 課題2

2014.01.21(火)
23日(木)がビジネス定量分析のDAY2なので、それに向けて課題を着々と進めてます。
今回はテキストに記載されている演習課題とケース。

先ず演習課題を終わらせたのですが、
演習3-3がいまいちこれでいいのかわからない。。

東京でコンサルをやっている某会社が大阪に新規で参入し、3年後の大阪の売上予測を立てよ、といった問題。
東京での4つの事業所の受注データ等の数値データがある。

悩ましいのは、
問題文に「東京と同程度の収益性を上げたいと考えている」と記載されている点。

予測だけであれば回帰分析等を使えば 目的変数と説明変数を自分で考えてセットすれば、
ある程度の数値は出てくると思います。
しかしそれに加え、「大阪と東京の市場規模」の情報があった上で、「同程度の収益性」である。
市場規模の比を数値に反映させるのはいいとしても、同程度の収益性ってどう表現すればいいんだろう。

同程度にするには、従業員を増やす、従業員あたりの見積件数を増やす、受注金額を増やす、
とかを盛り込めばいいのか。
取り敢えずの解は用意したので、授業での解説を楽しみに待ちたいと思います。


それからケースにも着手しました。(遅いですよね。汗)
ケースも、私の理解力不足もしくは猛烈な睡魔故に、正直 何を言っているのかわかりずらかった。
まだ全部は解き切れてないのですが、もう一度問題文とケースを読みこんで、
何を聞かれているのか、イシューはなんなのかをしっかりと見極めて取り組みたいと思います。

明日終わるかな・・

怖いのはその次に来る1/25(土)10:00のファイナンス基礎。
こっちのアサインメント課題がまだ未着手であること。
やはり1週間に3コマはきつい^^;


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス定量分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

ビジネス定量分析 DAY2 課題

2014.01.19(日)
今週は3コマも授業があるので、日曜日のうちにできる限り終わらせようと、
ファイナンス基礎DAY1の課題とともにビジネス定量分析のDAY2にも着手。

19日の20:30 - 21:30と25:30 - 27:30 で3時間ほど予習しました。
が、テキストの読了と演習3題のうち2題を終えたところで、まだケースを読めていません。
結構ボリューミーですね・・・

テキストの文量が多いのと、
演習はEXCELでの演習なのですが、私は現在プライベートではMacをメインで使っており、
Mac版のEXCELは少々Windows版と使い勝手が異なるために手間取っています。
(例えばWindowsでセル内選択はF2ですが、MacではCtrl+u)

分析ツールもMac版Excel 2011では入ってないので、別のツールで代用するなど、
EXCELの使い方の部分でちょっと時間を使っています。
もしWindowsを普段使っているけど課題はMacで行っているという人は
上記点も加味した方が良さそうです(そんなレアな人は私だけですかね。笑)

一先ずMac版EXCELでもヒストグラムや線形近似式の算出はできるようになりました。
続きは明日以降にやりたいと思います。

参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】


良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 03:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス定量分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。