2014年11月09日

創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか

2014.11.6(木)
下記のセミナーに参加してきました。

項目詳細
セミナー名創業300年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか
登壇者田久保 善彦
日程2014/11/6(木)
時間19:30 - 21:00
場所グロービス東京校
参加人数200名ほど(目視確認)


感想を一言で言うとすれば、本セミナーも学びが多く目から鱗がこぼれ落ちすぎて、人はそれを涙と呼ぶ状態でした。

私が本セミナーに参加した理由としては、弊社社長が300年会社を続かせることに強い関心を持っているため。
300年続かせるために何をすべきかといったことを過去から事例から紐解くようなプロジェクトに参加し、
企業を存続させることに私自身も大変興味を持つようになったのが参加の動機です。

本セミナーはグロービスの講師としても著名な田久保さんとグロービス生7名が、
グロービスの研究プロジェクトという半年間の研究科目を通して調査した成果をまとめた内容になっています。
詳しい内容は下記の図書に記載されておりますので、オススメ致します。

創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか
グロービス経営大学院 田久保 善彦

東洋経済新報社 2014-09-19
売り上げランキング : 8849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

300年以上の長寿企業は605社!

日本は、世界の長寿企業の4割を占めているという。
創業300年企業は605社あり、室町・戦国時代に創業された500年以上の企業は39社。
創業1000年を超える超長寿企業は7社あり、世界最古の企業も日本に存在する。
まさに「長寿企業大国ニッポン」と言えるのである。

本書では概ね10代以上の経営トップが受け継ぎ300年以上の歴史があり、
50億円以上の売り上げがある企業を「日本型サスティナブル企業」と定義し、様々な角度から検討を加えた。
月桂冠、岡谷鋼機、ヤマトインテック等々、多くの長寿企業を取材し、変化が速く大きいこの時代に、これらの企業から学ぶべきことを提示するものである。



本セミナーおよび上記の本の面白いところは長寿企業の今を説明するのではなく、
いかにして過去の様々な出来事を乗り越え長寿企業になったかを教えてくれます。

歴史的側面、文化的側面、そして経営的側面といった形で多角的に調査を行い、
なぜ300年企業になれたのかのエッセンスがここに整理されているのです。
もちろん そのエッセンスを実行すれば企業が永続するかは別の話ですが、間違いなく参考にはなります。

田久保さんも仰られていましたが、
聖徳太子の命を受けた企業が未だに存続しているなんて まさにロマンです。
私の中では聖徳太子は歴史上の人物で存在していたかどうかさえ あやふやにイメージでしたが、
1000年以上も続く企業が聖徳太子から依頼を受けていたと聞くと、歴史に血が通る感覚を覚えます。

そして何百年と続く企業は、空白の20年と言われる平成の不況が小さなものに思えるくらい、
鎖国、文明開化、日清日露戦争および世界大戦、東京大震災などなど、
マクロ経済の最たる歴史を乗り越えて現存している訳です。

30年間 存在し続ける企業がわずか0.02%しかないにも関わらず、300年続く企業は600社近くあるのです。
そして200年以上続く企業のうち、なんと43%が日本企業だというから驚きます。

関心がある人はぜひとも本書を手に取ってみて下さい^^
この記事ではセミナーの内容の5%も書けていませんが、上記 本にある程度のことは記載されています。
企業を永続するために何が必要なのかを考える一つのキッカケになると思います。





良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

SoftBank 新卒LIVE 2015 孫正義から未来を担う皆さんへのメッセージ 備忘録メモ

2014.03.06(木)
先日ソフトバンクの孫社長の登壇を観に行ける機会があったので参加してきました^^
その時にメモした内容を備忘録として記載します。

■ 基本情報
日程:2014.03.06(木)
時間:15:00 - 17:00
場所:両国国技館
登壇者:ソフトバンク 孫正義
参加者:就活生(5000名程度)
目的:孫正義自身の生い立ちから事業にかける思いまでを伝える
URL : http://recruit.softbank.jp/graduate/jobs/live2015/

あのチキリンさんも2010年の新卒LIVE(当時は孫LIVE)を見て大絶賛していたイベントの2014年度版です。
参考:Chikirinの日記【宝のスピーチ】

■ メモ

第一章:企業の価値 〜企業を見抜く真の目〜
およそ20年前(1990)の時価総額ランキングTOP10があるが、そのうちの7社が吸収合併されている。
さらに2社は赤字・経営破綻をしており、30年間で生存できる企業は0.02%しかないという事実を話していた。


恐らく今の就活生は70歳まで働くことになると想像すると、
仕事をする期間は50年近くあり、そうなると一社に居続けることは非常に難しいことがわかります。
大企業に就職できたからといって安心できる時代でもないんですね。


時価総額=未来への期待値。ソフトバンクが上場した1994年当時 2000億円程度だったが、2013年では10兆円近くなり日本で2位、世界で69位となっている。これは成長率で見ると国内No.1。

企業の価値が決まるのは「挑戦」と「進化」にある。
世の中は常に進化しているので、現状維持だけでは相対的に退化、地盤沈下していく。


企業は現状維持ではダメだという認識、素晴らしいですね。
特にIT業界にいると、その時代の変化を常に追い続けないとすぐに時代遅れになってしまいます。
進化し続ける事をコミットできる企業でなければ30年続く事もままならない世の中ですからね。


第二章:進化の極意
進化の極意は5つある。
1. 登る山を決める
2. 脳がちぎれるほど考える
3. 時代は追ってはならない、読んで仕掛けて待たねばならない
4. 志を共にするものを集める
5. 義と利なら義を選べ


この5つについて一つ一つ、社長の生い立ちやソフトバンクの歴史を例にして話が進んで行きます。


1. 登る山を決める

今学生は企業選択という大きな岐路に立っているが、どの業界か、どの業種か、そしてどの会社かで人生の半分が決まる。
孫正義社長の過去からどういった選択をしてきたのかをトーク。
孫正義社長は小学生の頃、「貧乏な画家」「事業家」「政治家」「小学校の先生」になりたかった。
商売人と事業家は明確に異なっており、商売人は「安く買って高く売る人」、事業家は「人のためになるモノを生み出す人」。この中で事業家になることを選択した。
坂本龍馬に影響を受け、渡米の後 高校を中退。10年も文化が進んでいるアメリカに進学。
Intelのi8080(マイクロプロセッサ)に涙を流して感動し、常にクリアファイルに入れて持ち歩いていた。
(AKBファンがAKBの写真を見てニヤニヤするように、i8080を見てニヤニヤしていたとのこと。笑)
当時、Appleのスティーブ・ジョブズ、Microsoftのビル・ゲイツ、アスキーの西 和彦、そしてソフトバンクの孫正義も全員大学一年だった(孫正義社長は2歳年下だったが飛び級で大学に入学していたため)

飛び級を実現したストーリーについて。
大学に行きたいから推薦書を書くよう校長にお願いをしたところ、テストを受けてないからダメと断られる。
テストを受けていないという理屈はわかったから、「なぜできないのか」ではなく「どうやったらできるか」を教えてくれ、と食い下がり、アメリカでのテストを受ければいいことがわかった。

それからアメリカのテストは英語なので、辞書の利用を認めさせた事、また訳すのに時間がかかってしまうので、試験時間を免除することも認めさせた交渉した。
それから大学で鬼の様に勉強をし、親からの仕送りを断るため1日5分間発明を考え、そのうちのアイデアを何人かのプロジェクトメンバーを雇い実現、1億7000万円稼ぐ。これが他言語翻訳機で、SHARPが買い取った。つまり電子書籍を最初に世に出したのは孫正義社長である。


様々な決断をしながら社長の学生時代を振返りました。
10年も技術が進んでいるアメリカに進学すること、そのための難題はどうやってでも解決していくこと。


2. 脳がちぎれるほど考えよ

大学を卒業後、日本で事業を興すべく、どんな事業にするかを1年かけて考え抜いた。
「50年間続けられるのか」「No.1になれるのか」「世界に展開できるのか」などの社長が定めた25の項目をクリアした、40の事業アイデアを用意。その中で情報革命に身を委ねることを決断し、IT流通を創業。
1981年9月3日 日本ソフトバンクを設立。


他の39の事業アイデアが気になりますね。笑
ソフトバンクは流通事業はB2Bビジネスだったので一般的には知られておらず、携帯事業を始めてから認知する人もおり、ケータイキャリアと思われていますが、元々はソフトウェアの卸業だったんですよね。
だからソフトウェアの銀行=ソフトバンクという名前になった。

ここでも考えに考えて登る山を決めた訳です。それが情報革命。
さらに孫さんは仰っていましたが、「迷いがなくなるまで考え抜く」ことを推奨してました。
学生さん向けのイベントなのに、随所に私自身にも刺さる名言が散らばっていました。


3.時代は追ってはならない、読んで仕掛けて待たねばならない

少しの改善を行って利益を出す企業もあるが、ソフトバンクは違う。
インターネットの黎明期にアメリカからYahoo!を持ってきたり、日本の通信速度が世界一遅くまた値段が高ければ、ブロードバンドを導入して世界最速最安とした。
他企業の問題や法律の問題などもあったが、当時の首相に猛抗議。「NTTを守りたいのか、日本を守りたいのか」と迫ったとのこと。
この時も4年連続で1000億の赤字を垂れ流した。
さらに当時はソフトバンクにブロードバンドの技術者もスキルもいない状態の中で取り組んでいた。

「何を持っているかではない。何をしたいのか、何に覚悟を決めるかだ」

iPhoneの話。
ボーダフォンジャパンを買収する2年前にはスティーブジョブズのところに行き交渉。
iPodにOSを入れた製品を作って欲しいと実際に絵を描いて持って行ったが、「そんな醜い絵を俺に見せるな」とジョブズに言われたらしい。笑。言われなくてもシークレットで動いていると話し、携帯事業を興すなら、初めてその話を俺のところに持ってきたお前に独占権を渡してもいいと約束してくれた。

ボーダフォンジャパンを買収するのに2兆円かかる。
ここで後押しをしたのがファーストリテイリングの柳井正社外取締役。

「攻めるのに武器を買うか買わないかなんて話をしてたら闘いにならない。買えなかった時のリスクを考えるべきだ」
という言葉が大きな後押しとなった。


私はソフトバンクの書籍も多く読み漁っているので、上記の話はどれも聞いたことあることばかりなのですが、
それでも何度聞いてもすごいと感嘆してしまいます。
当時は週刊誌に「孫正義は1兆円をドブに捨てた」と書かれ、ボーダフォン買収を揶揄され、
競合キャリアも「影響力ははかりかねる」「端末が重いし売れないだろう」とiPhoneも避難された中で、
結果的には皆さんもご存知の通りの実績を残した訳です。
本当に尊敬に値する経営者だと思います。


4. 志を共にするものを集める

一人では何もできない。
国内外には現在10万人のグループ社員がいる。
さらにリーマンショックの頃、亡くなられてしまった取締役・笠井和彦さんとのやり取りを紹介。


孫さんの周りの方々が気になるのであれば以下の書籍がオススメです。
この本は孫正義社長よりもその周りの方々に焦点を当てた本で、普通のソフトバンク関連の本とは視点が異なり面白い。

孫正義が語らない ソフトバンクの深層孫正義が語らない ソフトバンクの深層
菊池 雅志

光文社 2010-12-16
売り上げランキング : 153866

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



5. 義と利なら義を選べ(険しき道でも義の道は利の道より尊し)

2011年3月11日の東日本大震災。この出来事で価値観が大きく変わった。
ソフトバンクの電波が一人でも多くの人に繋がっていることができていたなら、救えた命もあったのではないかと胸が痛んだ。
通信を守るだけでいいのだろうか?原発問題もどうにかしなければならないのではと悩みに悩み、
実際に現地に赴き現地の人たちと触れることでTwitterでも様々なことにコミットして動いた。


当時の社長の呟きであったのは
「人生とは何か。本業とは。使命とは。震災以来悩んでいます」というもの。

日本のライフラインに責任を負う立場として、非常に悩む姿が想像できます。
そして私は孫さんの人情もここには感じます。
とやかく言う人もいらっしゃいますが、それでも寄付をしたり原発に変わるエネルギーを生み出すため電力事業を始めたり、悩んだ末に確かに動いている。
こんな経営者はそんなに多くはないのではないでしょうか。


Sprintやシリコンバレーに拠点を置いた話。
今まで最先端のサービスやツールは海の向こうのものだったが、これからはシリコンバレーで一緒に取り組んでいく。
遠くない未来では技術はさらに進化し、2018年にCPUのトランジスタ数は人間の脳細胞数を超える。
300年後には2018年のトランジスタ数の10の10乗倍となり、医療や教育、コミュニケーションの方法などが劇的に変化すると考えられる。


今度はソフトバンクの今の話と将来の技術革新の話。
技術の今後の予想については2010年に発表したソフトバンクの新30年ビジョンに詳しく話しています。
内容は下記書籍を目を通すといいかと思います。
トランジスタ数だけではなく、ロボットの話など、これからの未来をソフトバンクがどう考えているのかがわかります。
ソフトバンク 新30年ビジョン (単行本)ソフトバンク 新30年ビジョン (単行本)
ソフトバンク 新30年ビジョン制作委員会

ソフトバンククリエイティブ 2010-10-02
売り上げランキング : 81807

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



志の原点

名前は孫で日本生まれの日本育ち。なので韓国に帰れと揶揄されることもあるけど、韓国語は全くしゃべれない。
日本が好きだけども、韓国籍であることがものすごいコンプレックスだった。
国籍については友人にも隠し安本と名乗っていたけど、人は隠し事に対し大きな後ろめたさを感じるので、自殺さえ考えるほどに悩んでいた。そして韓国が正直に言って好きにはなれなかった。

そんな中で毎日 家に帰ると祖母がいるのだが、よくキムチを作っており、その匂いが韓国という国籍を連想させるため、好きになれず、結果的に祖母に対しても好意を抱けなくなった。
小さい頃は大好きだったおばあちゃんのことが嫌いになってしまった。。

17歳でアメリカに行く前に、祖母と韓国に2週間 自らお願いして行くことにする。
そこで見たのは言葉のわからない韓国の人々だけど、生活を営んでいる姿で、人は皆平等なんだと実感した。
そこで事業を興すときは安本ではなく孫という本名でやる。
本名で成功することで、自分と同じ様な悩みを抱えている人にとってのちょっとした勇気になれたらと考えている。

ソフトバンクを起業して1年で肝臓の病に倒れ、余命5年を言い渡された。
死を目前にして考えたのはお金ではなく「家族の笑顔」そして「社員の笑顔」、「関係者の笑顔」
もし長く生きれるのであれば、皆を笑顔にしたい。
関係している人だけではなく、全世界の人々を幸せにしたい。
どこか遠くの国の、ソフトバンクのことを知らない小さな子さえも笑顔にしてあげたい。

結果的に肝臓の病を克服し、長く生きることができた。
だから、我々の情報革命は銭金(ぜにかね)のためにやるのではない、人々を幸せにするためにやる。
それが志の原点。


私も幼い頃に祖父を亡くしており、さらに片親だったこともあり祖母ちゃん子でした。
なので祖母の話になると自分自身と重なる事も多くて 胸が痛みます。。。
ただ孫さんの偉いところは、好意を抱けなくなった祖母や韓国に対し、わからないながらも何かを変えようとして、
韓国に行ったことだと思います。
僕自身、高校時代に高校生なりに忙しかったこともあって祖母に少し面倒臭さを感じたり、
少々がさつなところがある対応に嫌になったりしたけど何かをしようとはしませんでした。
そして高校三年の時に祖母が急死してしまい、もう自責の念で涙が止まりませんでした。
小さい頃、あれだけ側にいてくれた優しいお祖母ちゃんに対し、恩返しどころか煙たがり、そして悲しい思いをさせたまま会えなくなってしまった。
どれだけ後悔しても後悔しきれない・・・今でもふと思い出しては謝りたい気持ちでいっぱいです。。



そして孫さんは命に関わる病気になりました。
当時25歳。とてつもなく大きな衝撃と絶望だったと思います。。
会社を設立して1年、娘は当時2歳。

会社の存在理由は利益を出すこと。
だからどうしても「金儲け」などの悪いイメージももたれてしまいますが、
この新卒LIVEでも話すような孫さんの歴史を紐解くと、人を幸せにしたいという気持ちが嘘とは思えません。
素敵な経営者だと私個人は思います^^

ちなみに社長の生い立ちをもっと詳しく知りたい方は以下の本がオススメです。
生い立ちに関する書籍ではダントツに詳しいと思います。

あんぽん 孫正義伝あんぽん 孫正義伝
佐野 眞一

小学館 2012-01-10
売り上げランキング : 8877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以上が「SoftBank 新卒LIVE 2015 孫正義から未来を担う皆さんへのメッセージ」にて私がメモした内容です。
何かご参考になれば幸いです。

私も孫正義社長のような経営者になるのか。
高き山だとは重々承知していますが、一歩一歩 山を登っていきたいと思います。

そうそう、ソフトバンクの書籍で一番有名なのはこちら、「志高く」

志高く 孫正義正伝 完全版 (実業之日本社文庫)志高く 孫正義正伝 完全版 (実業之日本社文庫)
井上 篤夫

実業之日本社 2010-12-04
売り上げランキング : 14371

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こちらの本はソフトバンクの歴史を追えるものですが、非常に読みやすかったですね。
もしソフトバンクに興味がある方は手に取ってみてください!


良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

志を育てる vol.0056

2013.12.10(火)
グロービス経営大学院東京校にて「志を育てる」というセミナーがありました。
私自身は仕事の都合 セミナーに参加できなかったのですが、
クリティカルシンキングでともに学んだ仲間が参加し、内容を共有していただけるとのことで、21:00に麹町へと向かいました。

クリティカルシンキングのメンバー3人と近くの居酒屋でセミナー内容の共有。
加えて自分の志のようなものやグロービスに進んだ理由について改めてまったりとしゃべる。

一人は仕事がシステムのPMから企画系に異動したことで、
今までのスキルではなくクリシンやマーケのスキルが欲しいと思ったこと。

一人は社内である程度の地位を得たものの、そのままでいいのか疑問に感じ退社。
そして所属する業界にインパクトを与えるべく転職し、さらなるスキルアップのためにグロービスを選んだとのこと。

皆さん様々な思いを抱えてます。
それぞれがやりたいことや志を持って取り組んでいる。
そう感じれたことが 自分にとって大きな刺激になりました。

私自身もやりたいビジネスがある話と今のスキルのベースアップをしたいという旨をお伝えし
2時間くらい3人でだべってました。
こうしてクラスを終えた後も繋がりがあることがとても嬉しいですね!


さて、セミナーの内容ですが、基本的な内容は以下の書籍にあります。

志を育てる―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために志を育てる―リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために
グロービス経営大学院 田久保 善彦

東洋経済新報社 2011-12-02
売り上げランキング : 39152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セミナーとしては上記書籍をもとに、グループワークでそれぞれの志を共有し合うようなものだったそうです。

書籍の中身については現在 読み進めておりますので、
読み終わったら改めて本ブログで触れさせていただきます。

実はこのセミナーに参加するともれなく進呈されたみたいです。
で、セミナーに参加した仲間はすでに所有していたこともあって、私に一冊譲ってくれました!!1
ありがとうございました^^



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。