2013年12月11日

アカウンティング基礎DAY5 vol.0051

2013.12.7(土)
午後からアサインメントの課題を行い、そのまま麹町へ。
時間ギリギリまでかかって、いざプリンタで出力!って時にプリンタのインクが切れて、
ちょっとあたふたするというトラブルが起きるものの、遅刻せずに行けました。

さて、DAY4までは財務会計の話でしたが、DAY5からは管理会計となります。


管理会計(manegerial accounting)

管理会計とは、会計情報を用いた、企業内部の経営管理手法。
管理会計の目的は、財務会計のように外部ステークホルダーへの公開ではなく、経営状況を内部的に把握することにある。具体的には、損益分岐点分析や標準原価の把握、差異分析などの手法がよく用いられる。
また、移転価格制度や社内金利制度など、従業員の動機づけや、戦略とのアラインメントなども、管理会計の領域となる。
(引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00560.php

財務会計(financial accounting)

財務会計とは、株式会社における所有と経営の分離の理念に基づき、会計原則に従った財務諸表によって、企業が外部ステークホルダーに対して客観的かつ公正な企業の姿を開示することを目的とした会計制度。
(引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00654.php



なので今までは財務諸表をどのように読み解くか、経営課題は何かを見てきましたが、
管理会計なので変動費・固定費、直接費・間接費といった割り振り方から原価計算、限界利益率といった内容を学びます。

事業を動かすというのは、売上だけを追求してもダメで、
利益というのは「利益=売上ーコスト」、つまりは利益を出すにはコストの管理も重要な訳です。

そして売上というのはユーザ(購入者)という相手がいて成立するものなので、先行き不透明ではありますが、
コストは自社の問題、自分でコントロールできる範囲になります。
逆に言えば自分でコントロールしないとコストが膨れ上げられる訳ですね。

そこでDAY5ではこのあたりの話をしていきます。

一つの商品には変動費と固定費がかかっているけど、
いくらまでなら値を下げて売ってもいいのか(限界利益はいくらか)といったことを学びます。

加えて直接費および間接費の各部門への割り振り方もみていく。


今回は座学的要素が多かったですが、
来週のDAY6はDAY5の内容を踏まえたケースで実際に見ていくことになります。
それでおしまい。

もう三ヶ月もやってきたんですね・・・時の流れが早過ぎて戸惑うけど、
出来る限り復習をしながら自分のスキルへと、血肉へとしていきたいと思います。

参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング基礎 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アカウンティング基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

アカウンティング基礎 勉強会 2nd vol.0047

2013.11.30(土)
通称 裏グロービスにて、二回目のアカウンティング基礎 勉強会を実施しました。


裏グロービス

グロービスは隔週で授業があるため、授業がない週のことを”裏グロービス”と呼ぶ。よく この裏グロービスのタイミングで勉強会が催されている



メンバーは前回と一緒。
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング基礎勉強会 vol.0042】

勉強会の内容は前回のアカウンティング基礎DAY4の復習でした。
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング基礎DAY4 vol.0046】

さて、勉強会を通して一番学びが大きかったもの、それは【分析の流れ】です。
実際に運送業のケースをもとに授業を受け、そして勉強会を通して学びを整理できたので、
一つの分析の手順を自分なりに見いだせたかなと。
以下が私の今後のセオリーとなる分析手法です。
今後ブラッシュアップしたりと変化する可能性はありますが、骨組みは以下の流れでFIXして考えていきたい。

<<分析の流れ>>
1. 業界のコスト構造を把握する
一般論の話。業界でどういったところで儲け、コストがかかっているのかを把握する
分析対象となる企業のコスト構造ではなく、例えば鉄鋼業なら固定費が高いおよび何故高いかの分析。

2. PEST, 5Fで業界を分析する
分析対象となる時期において、どういった状況かを把握する
コスト構造にどんな影響があるかを予想する
→ 例えば同時多発テロやオリンピックなど、経済に影響を与えた事象も加味する

3. 財務諸表を確認し、指標を見て下記二つを確認する
A. 1 におけるコスト構造とその企業の数字に整合性があるか
 (本来 固定費が高い事業なのに低いなど、一般的な構造と異なる点があれば戦略的な意図がある可能性あり)
B. 2 の影響を受けているか
 (数値が一過性のものなのかどうかを判断する)

3+α.
指標は「ROE」「ROA」から始め、「収益性」「効率性」「安全性」とブレイクダウンしていく

4. 細かい数字もしくは有価証券報告書の定性的な記述を確認して分析を行う


この4 STEPがいいかなと感じています。
実際マーケティング経営戦略基礎においても、業界構造・コスト構造の分析からブレイクダウンしていく流れで活用できた。
先ず先ずは上記の手順をしっかりと出来るようにし、
それから他の手順、もしくは上記手順のブラッシュアップをしていければと思います。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング基礎 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | アカウンティング基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

アカウンティング基礎DAY4 vol.0046

2013.11.23(土)
今回も今回で当日の課題対応。。。
せめてもの救いは授業が夜からなので午前中・午後と時間が使えること。
しかしながらDAY4の課題は有価証券報告書を読むことなので、ケースの文量も多く大変でした。汗
できるなら早め早めにやるべきだと思います・・

DAY4の内容は「有価証券報告書を読む」ことと、「意思決定プロセス」を見ていくこと。
ケースは運送業。
リーディングカンパニー2社の有価証券報告書を比較しながら、
どんな戦略で進めているのか、どういったことが課題なのかを分析していきました。


そもそも有価証券報告書ってなんじゃらほいって話から始まり、
定量的な情報の他、定性的な情報も載っていて 読み物として実は面白い代物。
例えば林業とかですと、樹を植えて出荷できる製品になるまで長い期間が必要になってくるので、
仕掛品が40年とか記載されてるみたいですね。
(これを面白いと捉えるかどうかは個人次第です。笑。個人的には面白い!)

生産・受注・販売の状況に加え、在庫や仕入先・販売先といった取引関係までわかる。
研究開発費を見れば将来の成長性もみていくことができます。

これは様々な業界のリーディングカンパニーをピックアップして見ていきたいですね!
業界分析やコスト構造の把握にも役立ちそう。
将来 株もやりたいと思っているため その事前勉強の一環としてちょいちょい有価証券報告書は覗いてこう。

できればこのブログにも業界別で記載していけたらいいですね。
アウトプットを出すことで自分の勉強にもなりますので。


さてさて、財務諸表の分析を行うには いきなり数字を見てはいけない、ということを今回学びました。
先ずは業界がどういった構造なのか、分析する時期の外部環境はどうなのかをまず見ること。

そのためにPESTや5Fを活用し、業界全体の流れを押さえることが大事です。


PEST(マクロ環境分析)

マクロ環境分析とは、自社ではコントロールできない、企業活動に影響を与える外部環境要因の分析。
マクロ環境分析ではPEST(Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術))のフレームワークを使って自社の事業に関係の深い重要な要因や環境変化を分析する。
(引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00941.php

5F

5Fとは、M.ポーターが提唱した競争戦略において、業界環境を分析するためのフレームワーク。競合、売り手、買い手、新規参入、代替製品の5つの力(Forces)を分析することで、業界の収益構造や競争のカギを発見する。
(引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00043.php



先ずは業界の構造・状況を押さえる。
それから前回までにやった財務指標を比較して、
業界構造や状況によって影響を受けている箇所があれば その点を加味した上で分析を行います。

今回も非常に楽しめました^^
アカウンティングは本当に自分のスキルにしたいなぁ。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング基礎 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アカウンティング基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。