2016年07月10日

仮説思考 / 内田和成

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
内田 和成

東洋経済新報社 2006-03-31
売り上げランキング : 2449

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

「仮説思考」とは、情報が不十分だったり、分析が進んでいない段階でも、先に自分なりの「仮の答え」を持つという考え方だ。よく言われることだが実践するのは難しい。ボストン コンサルティング グループで長く活躍する筆者が自らの実践方法を説く。結論から先に考えることで、問題の全体像を素早くつかみ、正しい解決策を効率よく導き出せるという。

ビジネス書で「仮説」の重要性を説くものは少なくないが、中でも本書の特徴は、とにかく早く仮説を立てるなど「スピード」を重視すること。決断を早くするよう心掛けることで先見性が養われ、限られた時間を重要な問題の検証にあてられる。その結果、仕事の質も高まる。本書では「どうすれば早く良い仮説を立てられるか」、「仮説が正しいかどうかを、どう検証すればいいのか」などを、「化粧品の売上打開策」といったビジネスの現場でよく出会うような事例を基に解説する。

日本人はあらかじめ問題がはっきりしている場合には対処できるが、自ら問題を発見する能力が弱いと筆者は危惧する。ビジネスパーソンのみならず、IT関係者にとっても自らの行動を見直すきっかけになる指摘が多く含まれている。


オペレーション戦略でお馴染みの井手講師もお奨めの一冊。
確か伊藤羊一講師も読むべき3つの本の一つにカウントしていたような気がします。

前々から読もうと思いつつもグロービスに通学時代は日々のケースを読むのに時間を割いていたこともあり、
あまり読書ができていなかったので卒業してようやく読むことができました。笑

各方面の講師の方々がオススメして下さる理由は本書を読めばすぐにわかります。
経営判断にしろ、現場での決断にしろ、思考方法は基本同じで、
本書には数ある思考方法の中でも妥当な方法を丁寧に説明している、と私個人としては感じています。

どのような場面でも、検討するために必要な情報が全て揃っていることはありません。
また烏滸がましくも全て揃えるためには相当な時間が必要となり現実的ではありません。

そうした中で、いかに最適な決断ができるよう重要な情報のみをピックアップして用意できるのか、
また情報量が欠けている中でどのようにして決断をしていくのか、
そこで必要になってくるのが本書で説明されている「仮説を立てる」ということ。

仮説を立てることで 仮説に沿った情報を集めれば時間短縮になりますし、
仮説を掘り下げることで間違っていることも早期に見つけることができるので軌道修正しやすい。
網羅的に情報を集めるのは非効率だし、全て集まってから判断をしていては何事も遅過ぎます。

内容的に難しいものでもなくさくっと読めるので、
もしお時間がありましたら手にとってみても良いかと思います^^


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。