2015年12月31日

ランチェスター戦略 / 福永雅文

ランチェスター戦略 (ビジネスCOMIC)ランチェスター戦略 (ビジネスCOMIC)
福永 雅文 神崎 真理子

PHP研究所 2009-03-11
売り上げランキング : 95973

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

あらゆる業界で大手寡占が進み、弱者が淘汰されています。今、多くの弱小企業は未曾有の危機に瀕しています。しかし、やり方次第で小であっても大に勝てます。弱者が強者に逆転できるのです。その「弱者逆転」の戦略を「わかる」から「できる」のレベルに到達することを目的として著したのが本書です。

競争戦略のバイブル「ランチェスター戦略」はビジネスにおける共通言語です。本書では、局地戦、一点集中主義、差別化、接近戦、No.1主義、という大切な共通言語を5つのストーリーマンガにしました。「ランチェスター戦略」の真髄と実践がよりわかりやすく理解でき、使える内容となっています。
マンガの舞台は都会のビルの谷間にひっそりとたたずむバー「ランチェスター」。カウンターバーの向こうにいるのは、枯れた感じのマスターと、なぜかメイド服の女子大生ラン。さあ、今夜も悩めるビジネスパーソンがバーの扉を開ける時間がやって来ました。


ランチェスターの名前はよく聞いており、孫正義もランチェスター戦略に関する本をよく読んでいたそうで、
戦略論として重要な概念なんだろうとは思っていました。
でも何故かあまり読みたい衝動に駆られず、結局読まずにいたのです。

ところが最近になって新規事業をことさら強く意識するようになりました。
会社の業務もそうですが、自分が起業したとして果たして大手企業相手にどう勝つべきなのか。
そんなことを考えていると、ランチェスターがまさにその解になりえると知り、
読みたい衝動についに駆られて手に取ったのが本書です。

読みたいとは思いつつも、グロービスの読書課題もあるし 本を読む時間がなかなか取れない。
さらに戦略論ともなれば難易度も高く理解するのに時間がかかりそう。
そんな状況と先入観から、先ずはサクッと触りだけでも理解できる本がいいなと思って探して出会いました。

本書は5つの章に分けられ、章は2部構成、章の前半が漫画という内容。

結論から言えば私の目論みはドンピシャで、
ランチェスター戦略の触りは理解できたし、もっと詳細を読みたいと思えました。
導入の書としては最適だと思います。

No.1でなければ弱者であり、弱者の戦略としては「局地戦」「一点集中」「差別化」「接近戦」があります。
元々この戦略は第一次世界大戦の頃 戦闘機を開発していた英国人のランチェスターが、
自分が開発した戦闘機が戦争でどんな成果をあげるのかに興味を持ち研究したことが始まりで、
言うなれば戦争での戦略論となります。

戦争をビジネスに置き換えてみるとなかなか奇麗にマッピングされ、
大手企業がいる市場で弱者としてのベンチャー企業がどう闘うべきなのかが示されています。

新規事業を興すにしろ、起業するにしろ、
何か新しいことをする際は一度 ランチェスター戦略に目を通しておくと良いかと思います。
私もかなり興味が沸いたので これから読み漁っていこうと思います!


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。