2015年12月18日

新・オタク経済 / 原田曜平

新・オタク経済 3兆円市場の地殻大変動 (朝日新書)新・オタク経済 3兆円市場の地殻大変動 (朝日新書)
原田曜平

朝日新聞出版 2015-09-11
売り上げランキング : 80002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

リア充オタクってどんな人のこと??話題沸騰のキーワード「リア充オタク」はこの本から! 日本テレビ「ZIP! 」で大反響! ! !

リアル(現実)生活が充実して、なおかつ「オタク」な若者が激増している。本書は、彼らを「リア充オタク」とネーミング。半年間にわたる徹底リサーチで、リア充オタクの行動と生態を解析。その結果見えてきた「オタク勢力地図」の大激変とは……。
――――――――――――――
3兆円規模ともいわれ、右肩上がりで成長する「オタク市場」がいま、日に日にその姿を変えている。かつては秋葉原やどこのコミケ会場にもいた「ネルシャツにメガネ、大きなリュック」の絵に描いたようなオタクが減った。ネットとスマホの普及で、コンテンツは簡単に見られるようになり、部屋いっぱいにDVDやコミックを積み上げている人も減った。

そのように濃い$lが減ったのに、アニメやゲーム、ラノベなどオタク市場は右肩上がり。背景には、一般人のオタク分野への大量流入がある。オタクが隠すものからアピールするものになったという価値逆転がある。そして、かつてのオタクのイメージから遠い、おしゃれで社交的な「リア充オタク」の登場がある。

岡田斗司夫さん、大絶賛。
本書は、オタキング・岡田斗司夫さんの「ニコ生岡田斗司夫ゼミ」にてご紹介いただき、 「本当に面白かった、久しぶりに線を引いて読みました」とのお言葉いただきました。


Amazonの内容紹介がだいぶ長いですね。汗
はしょって尚 上の文量ぐらいになっています。

さて、本書はリア充オタクという新たな経済圏について分析した書。
一昔前のオタクというと頭にバンダナを巻き、チェックのシャツを纏ってメガネにカメラ、
少し趣向がユニークでコミュニケーションにやや難があるようなイメージがあったかもしれません。

しかしながら本書の通り、そうしたオタクは減少し、
今ではサブカルチャーがより社会に浸透したことでオタクとは言えない方々もオタク文化に触れ始めました。

私も大学・大学院では情報工学に属しており、他の学科よりもオタク率が高いはずではりましたが、
一昔前のオタクは極めて少なかったと思います。


著者はリア充オタクという言葉でグルーピングしていますが、ここは意識した方が良いように感じています。
近年では様々な若者の○○離れが話題に上がりますが、オタク市場は着実に拡大しつつあるからです。
若者の消費する対象が変化してきている。


オタクとは今や一生ついて回る様な「タイプ」でもなければ、パーソナリティの根幹を成す「アイデンティティ」でもなくなってきており、手軽で着脱可能な消費の対象ともなる「キャラ」になっています(P144)


まさに本書の上記フレーズが今の変化だと私は考えています。
これからもこの傾向はどんどんと進むのではないでしょうか。
それはオタクが好む作品が多くの人にとって理解できないものではなく、
文化としてクオリティが高い作品に昇華していることも一因だと思います。

私は基本的に人から薦められたものはなるべく体験するようにしているため、
オタク友人から薦めてもらったアニメなども観たりしますが、
滑らかなキャラの動きやカメラアングル、背景含め色使いのクオリティの高さに感動さえ覚えます。

今様々なところで評価を得ているラブライブというアニメも、
女子高生が部活動を通じて様々な葛藤や想いを描く作品ですが かなり共感しちゃいましたね。
自分の青春がフラッシュバックしました。笑


恐らく将来はオタク市場は一般化しすぎて「オタク市場」という名称さえなくなるかもしれませんね。
それだけの市民権を得る可能性は十分にありえると思います。

そんな今の若い世代の変化を捉えた本書は一読の価値があると思います!
若者向けに新規事業を考えるのであれば、ぜひ手に取ってみてください。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。