2015年11月01日

タイムスケジュール 2015年10月

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2015年10月


  項目 時間 一日平均 過去比較
仕事 277.00時間(37.23%) 8時間56分 14位/28
プライベート 190.75時間(25.64%) 9時間09分 23位/28
MBA 89.75時間(12.06%) 2時間54分 3位/28
睡眠 186.50時間(25.07%) 6時間01分 15位/28


早いもので10月も終わりました。
卒業を1年早めることを決意し10月期、2016年1月期は3科目ずつにし、
この半年はかなり忙しくなるだろうと覚悟して臨んだものの意外とすんなり1ヶ月が終了。

これも一つは異動して仕事の時間が減ったことが一因ですね。
やはり28ヶ月中14位の時間配分は別段少なくはないものの、
MBAの予習復習にこなれてきているため、時間に余裕がでていると分析しています。

仕事についてコメントをすると・・・・窮屈感が否めません。汗
異動して3ヶ月経ちますが、受け入れてもらえないメンバーもいたり やりにくさがあります。
仕事の内容についても、新規事業の立上げがミッションではありますが、
やればやるほど大企業を実感せざるを得ず、事業立上げの難しさを痛感しております。

ただわかったこともあって、
アンゾフのマトリクスで言うと基本は既存x既存の位置から大きく離れてはいけないということ。
新製品開拓にしろ、新市場開拓にしろ、本当にわずかばかり足を踏み入れる程度が良い。


アンゾフの事業拡大マトリックス(Ansoff matrix)

アンゾフの事業拡大マトリックスとは、多角化の方向性を、「市場浸透」「新製品開発」「新市場開拓」「狭義の多角化」の4つに分類する考え方。横軸に製品、縦軸に市場をとるマトリクスで、経営学者のH.I.アンゾフが提唱 引用:globis MBA用語集 アンゾフの事業拡大マトリックス



メーカーだからといって新製品として何でも作れると考えてはいけない。
あくまで作ったことのある範囲から逸脱してはいけない。
それを踏まえた上で提案をしない限り、下期以内で事業立上げは難しい。
なぜなら全員から良い反応を得ないといけないので。
求められるアウトプットの時間軸を考えると、上記結論が最もしっくりきています。

プライベートは、友人の結婚式に参列したり、嫁の誕生日を祝うための焼肉を食べにいったり、
充実していたように感じます。
また役員会としても母校の現役校長と打合せすることもでき、前進はしているように思う。

何より大きいのは、私が長年描いている事業の構想の一部を資料化したこと。
そしてそれを大学院研究室の仲間に共有させていただき、協力を得たこと!
グロービスでの学びとアカデミアでの経験を活かした資料で 納得感が出たようです。

そんな訳で少しずつ こちらの事業も形にしていきたいと思います。
グロービスを卒業したら もっと時間を割振って取組んでいきたいですね。
この件はぶっちゃけ死ぬ程楽しみで 毎日20時間使いたくなるくらい情熱が高まってます。笑。


あとプライベートの話で言うと、時間管理表のバージョン2を作成したこと。
これによって12項目しか見れていなかったのが、最小粒度で46項目まで掘り下げることができ、
且つ多くの部分で自動化を進めたため今までよりも楽に計測できるようになりました^^
平日と休日で分けて平均時間が見れるようになったのもすごく便利。
自画自賛ではありますが、すごく良いツールだと個人的には思っています。笑


睡眠時間も平均6時間は寝れているので良かったかなと思います。
さて、11月は10月期のレポート週があるので、引続き気を引き締めて取組んで参ります!


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】





良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。