2015年12月29日

サービスマネジメント DAY3


ケース / テキストversionページ数
サンセット・グリル・アット・ブルーVer.114ページ
オペレーション管理:用語解説補足資料5ページ


<<テーマ:サービスのオペレーション>>
いかにしてサービスの生産性や品質を向上させるか。サービスマネジメントをオペレーションの観点から考える。

2015.08.05(WED)
当然ですが、グロービスで平日講義2連チャンは選択すべきではないですね。。。
私の場合 講師先行で科目を選んでいる都合、そうならざるを得ない場合もありますが、
平日2連チャンでやる場合 それなりの覚悟を持って取組むことをお勧めします。
今回に関しては 私の場合当日の朝まで対応し、なんとかこなせた感じですmm

さて、今回はサービスマネジメントの3つの機能のうちの一つ、「オペレーションマネジメント」について。
ケース題材としてはサンセット・グリル・アット・ブルーなのですが、
2つのケース外の取組みがあり、一つはQBハウスのビジネス分析、もう一つがビジネスゲーム。
QBハウスについてはSPCに沿って 競合と比べて何が優れているのかを確認。


サービス・プロフィット・チェーン(Service profit chain)

サービス企業における、売上や利益の成長の成果を達成する上で関係する主要な要因をの関連性を示したフレームワークのこと、サービスには、生産と消費が同時に行われるという物にはない特徴があるため、顧客接点の最前線となる従業員の満足度向上が不可欠。
引用:N's spirit サービス・プロフィット・チェーン


優れたビジネスモデルというのは、コア要素が何で 削ぎ落すべき点を明確にし、
ターゲットやコンセプトに沿って立地やサービスも決められていくものと確認することができました。


ビジネスゲームは各グループに分かれて、指示されたモノを大量生産するゲーム。
各グループメンバーで役割を決めて取組むのですが、ここでボトルネックを特定してどう対応するのか。
シンプルなゲームながらに実践的にとても楽しく且つ考えさせられるゲームでした!

これは岡島講師独特のコンテンツらしいので、
岡島講師を選択された御方は楽しみにしていて下さい^^


というような前段を置き、ケーススタディである サンセット・グリル・アット・ブルー。
レストランのケースなのですが オペレーションの改善点を見ていくもの。
このケースを通して需給管理の重要性を痛感しました。
需要と供給のバランスが最適でなければサービス品質が落ちたり経営資源の効率が悪くなりコスト高になる。

丁寧にケースを読み解き、ボトルネックの洗い出し、
そしてそのボトルネックにダイレクトに効く打ち手を考える。
打ち手を生産性の観点から評価軸を用意し評価し実行に移していく。
これは本当に実践向きなケースだと私は感じています。

数字が出てきますが是非 丁寧に取組んだ方が良いと思います。
(基本 全てのケースを丁寧に取組むべきなのですが。笑。中でも本ケースは特に!)

私は打ち手の評価がかなり甘かったので、
しっかりと復習して 根拠を元に打ち手を決断できるようになりたいと思います。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【サービスマネジメント 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | サービスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。