2015年07月13日

オペレーション戦略 DAY3


ケース / テキストversionページ数
バーガーキング社Ver.719ページ
マクドナルド社(圧縮版)Ver.518ページ


<<テーマ:オペレーティング・システム>>
オペレーティング・システムについて学ぶ。

2015.05.14 (木)
本日は有休をいただき、課題の対応をさせていただきました。
週末に兄のお見舞い等々 行くとどうしても課題対応の時間が減ってしまうので、
有休を差し込んでおいて本当良かったなぁと胸を撫で下ろしております。

今日のケーススタディはバーガーキングとマクドナルドというファーストフード店。
非常に身近な題材でありますが、オペレーション戦略の観点から見てみると、
両社の戦略的な違いや競争優位性も見えてきて 今までとは少し見る目が変わりました。

今回の講義は通常通り 相澤先生で、いつもの相澤スタイルで講義が進行。
冒頭にざくっと話をした上でおよそ1時間かけて全ての課題をグループごとに議論。
その後に2時間かけて解説およびクラスディスカッション。

多くの講師の場合、課題ごとにグループワークの時間を分割して進めていますが、
相澤スタイルは それらとは一線を画しております。

さて、先ずは両社の戦略をしっかりと抑えるところから。
ちょっと この戦略について触れたい想いはあれど、解答に影響がありそうなので自粛します。
その戦略の違いがオペレーションに極めて大きな違いを生んでいます。
戦略を支えるのはオペレーションである、というDAY1の学びの通り、
バーガーキングおよびマクドナルドにおいても、確かにその通りであると実感できる良いケースに感じました。

戦略の違いを理解した上で今までと同様、プロセス・フロー・ダイアグラムで両社を比較しました。


プロセス・フロー・ダイアグラム(Process Flow Diagram)

インフロー/アウトフローという考え方に基づく「システム思考」と、ゴールから現在地に向かってプロセスを描く「逆算思考」の二つを活用してプロセスを設計するための手法の一つ。
引用:ITPro プロセスフローダイアグラム


ここで感じるのは、私のPFDはスマートじゃないこと。
というのも、ケースにはかなり詳細にオペレーションの流れが書いてあるのですが、
それをそのまま抜け漏れがないように書いてしまいます。
でも講師の方々のサンプルを見ると、しっかりと要点だけを掴んで より流れがわかりやすい図になっています。
一度 詳細まで理解した上で、改めてキーになるフローだけを書くように心掛けたいですね。


本日は両社の戦略を比較しながら、受注生産と計画生産(見込み生産)について学びました。


受注生産(Built To Order)

受注してから生産する事。メーカー側にとっては在庫リスクなどが減り、オーダーする顧客にとってはオプション設定など要不要の機能を選択するなどのメリットがある。
引用:globis MBA用語集 BTO


受注生産と計画生産の違いや特徴については以下のサイトが参考になるかと思います。
参考:生産管理システムのメリット【受注生産と見込み生産について】

生産管理と言われる、こうした生産の違いも戦略による違いに起因しており大変面白い!
戦略の違いは実現したい結果に大きな違いが出てきます。
バーガーキングとマクドナルドでは戦略の違いから強みとするものが異なるのですが、
これがトレードオフの関係だったりする。


トレードオフ(Trade-Off)

レードオフとは、複数の要素が互いに相反する利害を伴い、どれかのメリットを選択するとそれによって別のデメリットやリスクが発生するような事柄のこと。経営戦略の意思決定は、トレードオフの克服を伴う場合が多い。
引用:globis MBA用語集 トレードオフ


それぞれが戦略にそって打ち手を研ぎ澄ませて確固とした強みにしていきますが、
例えば技術革新によって競合が自社の強みさえも取込める打ち手をうってくる、
時代の変化に合わせてユーザニーズも変わり、自社の強みが次の戦略の足枷になってしまう、
などなど 様々な困難が起きる可能性もある。

なので強みを伸ばすために自社の打ち手を研ぎ澄ませつつ、
それでいながら常に先を見越して、強みが足枷にならないよう意識し続けなければなりません。
経営の難しさとやりがいを強く感じました。

このトレードオフの関係について、バリューラインという考え方があります。
バリューラインについてはグロービスで講師も行っている金森努さんのブログに、
ユニクロとH&Mの戦いと題して説明が触れてあるので参考になるかと思います。
参考:Kanamori Marketing Office【「バリューライン」で考える、ユニクロとH&Mの戦い】

本講義の後半では、コンビニチェーンのam/pmジャパン代表取締役社長も就任した相澤さんらしく(?)、
レベニューを増やす戦略の検討と廃棄マネジメントについて学びをいただきました。

レベニューを増やすというのは、コンビニのように店舗という固定費を持つ場合、
店をとにかく稼働させて固定費を薄める話のこと。
店を閉めること自体にコストがかかるため、固定費を薄めてコストダウンを狙う戦略も打ち手であると。

そして廃棄マネジメントは読んで字の如くです。笑
廃棄を最小化することが外食産業・小売のポイントであることに触れながら、
廃棄を減らすための手法として
1. 需要予測の精度を高めて無駄な生産を行わない
2. 廃棄になりそうなものからお勧めする(需要喚起)
3. 完全受注生産にする
といった打ち手について話を聞かせていただきました。

講師の方々にもそれぞれのバッググランドがあるので、
それに伴った現場のリアルな話が聞けるのは本当に貴重だと感じます。

今日も良い学びに出会えました。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【オペレーション戦略 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オペレーション戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。