2015年03月21日

タイムスケジュール 2015年3月第3週 (3/9 - 3/15)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2015/03/3週
  項目 時間(割合) 平均(1日)
仕事 65.00時間(38.69%) 9時間17分
プライベート 51.75時間(30.80%) 7時間24分
MBA 11.50時間(6.85%) 1時間38分
睡眠 39.75時間(23.66%) 5時間41分


最近は仕事に時間を取られすぎててグロービスもブログも全然できていません。。
今週は割合的にはボチボチに見えますが 月曜を休んでいるため故。
終電・タクシー帰りが2週間ぐらい続いている状況です。

そうなってくるともう正直 平日に帰宅してから勉強する体力も気力もないため、何もできず。
年初の目標に掲げていた、年間1,000時間も1日平均で2時間45分はやらなければならないのに、
今週は講義があった上で1時間38分しかできていない。

そもそも講義自体もマーケティング1を欠席せざるを得ずで、
今の状況下ではグロービスの継続さえも危ぶまれているかと思います。。。

4月1日リリース予定ではありますが、さらに重いのが5月1日。
そして7月と10月も対応が待っていることを考えると本当にやっていけるのか悩んでしまいます。

なんとかしなければと想うのですが、仕事故 コントロールがきかない。

該当の業務もシステムもわからない状態から理解しながら中国のベンダーとやりとりを行い、
既存システムを管理している2つのベンダーの相手をしながら ほぼ一人で体制上2人分をやらなければならない。
ドキュメントも整合性が取れておらず、掘り下げると間違いや そもそも記載のない仕様もある。
何を信じていいのかさえわからないこの案件は私のスペックと経験では厳しい。。。

上司にアラートを上げても 「申し訳ないと想っている」と言われつつ、
詰まるところ「若いうちは苦労せよ」に行き着き、終電が厳しかったらタクシーを使っても良いという
優しさを示されながらも 個人的には せめて終電で帰れるタスクボリュームにして欲しいと嘆く。

主幹のはずの担当部署も「今のままでいいのでは」という空気が流れ、
スケジュール・コスト的に一部既存を踏襲という形に落ち着くが、
そうなると開発しているシステムのウリがほぼなくなる訳で この案件の意味が薄れる日々。

7月にERPも刷新、10月にDWHも導入と社内システム全体も大きく変わる状況下。
ERPとDWHが整ってからやれば暫定対応も必要なく、今よりも相当楽に行えること間違いなしなのに。
主幹部門のトップが来年度稼働と宣言さえしてくれれば・・・

嘆いても変わらないのでやるしかないのですが、いつ落ち着くのか先が見えないため
なんだか気分が滅入ってしまいます。

合い言葉は「止まない雨はない」「明けない夜はない」


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】





良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。