2015年05月05日

マーケティング1 DAY6

ケース / テキストversionページ数
ペディグリーの成長戦略(A)Ver.315ページ

<<テーマ1:成熟商品の成長戦略:新しいプロモーション戦略(前半)>>
成熟市場で勝ち抜くための新しいマーケティング戦略の可能性について議論する。

<<テーマ2:成熟商品の成長戦略:新しいプロモーション戦略(後半)>>
事業価値と社会価値をつなげることの重要性を学ぶ。

2015.03.24(TUE)
またしても最低レベルの予習度・・・・
やはり仕事が忙しい時に月火と講義があるとちょっと辛いですね。。。
しかもDAY6は振返りアサインメントもあるので ただでさえ予習時間が逼迫している。
改善しなければなぁ。。

今回はPedgreeのケース。
犬を飼っていた私としても少し親近感のあるケースで読みやすかったです。
さて、ペディグリーは世界最大のドッグフードブランド。
ところがケースの時代(2004頃)で業績が不安定となり、少しずつ競合にシェアを奪われつつありました。

そこで今まで通り 外部環境と内部環境のファクトを洗い出し、何が問題かを焙り出します。
競合の打ち手は何か、顧客は何を求めているのか、そして自社の強みは何か。
そういったことを整理し整合性を確かめていくと見えてくる課題があります。

では課題に対して何を実行していくのかを考えていきます。

ケース内にも記載がある戦略オプションをPros and Consで見ていき評価を行う。


Pros and Cons

pros cons listとは、pro(賛成の)とcon(反対の)という意味から転じて、意思決定に際して、その決定による起こることが想定されるメリット、デメリットを列挙して意思決定の参考にするフレームワークのこと
引用:BIZTIPS Pros Consリスト


ただPros and Consだと結論がエイヤになる可能性があるので講師はオススメしていませんでした。笑
とはいえ整理するには利用価値があるかと個人的には思います。

こうして打ち手を比較をして実際に実行に移す。
でも 将来のことがわからない以上は どうしたって感覚的で定性的な判断を行わなければなりません。
実際に掲示される戦略オプションの中でマース社が打った手も含まれており、結果的には上手くいきました。
結果が良かったので良いのですが、実際に自分が経営者で戦略オプションを選ぶ立場だったら、
本当に結果が良くなる戦略を選べているのか疑問を感じてしまいます。

選んだ打ち手を正解にしていくのが経営。
それが真かもしれませんが、最も正解にしやすい選択を選べる感覚が必要だと思います。

そういった意味でマーケティング1のDAY1でも話があった、
経営者は30%の情報で100%の経営判断しなければならない、というメッセージが重く響きます。
より良い経営判断ができるようになるためには経験が大事であり、
グロービスという環境下でケーススタディを繰り返し行うことで疑似経験を積んでいる。
この一つ一つの疑似経験を噛み締めながら自己研鑽していきたいと思います。

最後に知らなかったマーケティング手法「コーズマーケティング」に触れておきます。


コーズマーケティング(Cause marketing)

特定の商品を購入することが環境保護などの社会貢献に結びつくと訴える販促キャンペーン。単なる慈善活動と違い最終的には企業のイメージアップ・収益拡大が目的。別名はコーズリレーティッドマーケティング(Cause-related marketing)
引用:Wikipedia コーズマーケティング


普段 たまに見かける宣伝でもある手法で、ボルヴィックの「1L for 10L」などが有名だと思います。
ボルヴィックの水を買えば その10倍の水をアフリカに提供するという施策。
これによって2008年では11億リットルの水がアフリカに提供され、ボルヴィック社としても、
売上アップに繋がったそうです。

個人的にも「同じモノを買うなら社会貢献できる方を選ぶ」気持ちはわかります。
水を買うという目的に社会貢献まで付与されるのであればいいですよね。
マーケティングとしてとても上手いなと今改めて感じています。

が、コーズマーケティングに関する課題も以下の記事にあったので共有します。
参考:DIAMOND ONLINE【それでもボルヴィックを買いますか?見えてきた「コーズマーケティング」の限界】

詳細は上記サイトを確認いただきたいのですが、課題となるのが「価格差の限界」と「鮮度の限界」。
仮に社会貢献ができるとしても、値段が圧倒的に差があると安価な方を選択してしまう、
それと社会貢献であっても消費者は「飽きる」というのが課題。

どんなマーケティング手法であっても、良い面と悪い面があり、
常に考えていかなければならないのだと改めて感じました。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【マーケティング1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。