2015年04月29日

マーケティング1 DAY4

ケース / テキストversionページ数
アクアリサ社:革新的シャワー「クオーツ」の販売不振Ver.419ページ

<<テーマ1:新製品導入のマーケティング戦略立案と実行(前半)>>
新製品の導入における意思決定のプロセスとマーケティング・マネジメントの重要性を学ぶ。特に、競争力のある商品が売れない理由を考察する。

<<テーマ2:新製品導入のマーケティング戦略立案と実行(後半)>>
新製品の導入における意思決定のプロセスとマーケティング・マネジメントの重要性を学ぶ。特に、問題点を踏まえた上で、どの戦略オプションが有効かを、組織的側面も勘案しながら考察する。

2015.02.24(TUE)
レポート対応。組織行動とリーダーシップも前日にレポート提出だったため、
時間のやりくりがなかなか大変でした。。
22日には高校同窓会の役員会もあり、仕事も絶賛鬼対応中。
本日 上長との面談があり 涙ながらに本案件がしんどいという話をしたところ、
「ニーシェには悪いと思っている」という同情コメントをいただきました。

結構な満身創痍の中、なんとか仕事を切り上げて麹町へ。

さて、ケース課題となっているのは「アクアリサ」という英国のシャワー会社。
3年を費やして開発した画期的な商材が売れていない状況をどう分析し打破するのか。

今回はあまり記事にできないのですが、非常に目から鱗です。
CEOは現状を打破しようとコンプロマイズをクリアするために技術革新を実現し、
他社とも強く差別化でき且つシャワーの設置工数を4分の1にまで短縮できることによるコストメリットも
消費者に与えられるにも関わらず 売れない!
その理由は講義で確認していただきたいのですが、
「いい製品ならきっと売れるだろう」というのは考えの甘い幻想で、
マーケティングミックスの整合性とリアルなビジネスをイメージし把握することが大事ですね。

社会学者のエヴェリット・ロジャース氏が1962年に提唱したイノベーションの普及要件も面白いです。


イノベーションの普及要件(elements in diffusion)

1. 相対優位性(従来のアイデアや技術と比較した優位性。まったく新しい技術の場合でも、同じ役目を担っていた代替案との比較)
2. 適合性(その個人の生活に対しての近さ。新規性が高くても、大きな生活の変化を強要するものだと、採用されにくい)
3. わかりやすさ(使い手にとってわかりやすく、易しいものが採用されやすい)
4. 試用可能性(実験的な使用が可能だと、採用されやすい)
5. 可視性(採用したことが他者に見える度合い。新しいアイデアや技術が採用されていることが、周囲の人から観察されやすい場合に、そのイノベーションに関するコミュニケーションを促し、普及を促進)
引用:Wikipedia 普及学


特に今回はチャネルに関しての議論が多く、
普段 新規事業について構想を練っていても普及に関する点は「良い製品なら売れる」理論で
考えが非常に浅はかになりがちなので 今回のケーススタディは大変ためになりました。
ビジネスをよりリアルに考えることができました^^

(参考文献)
イノベーションの普及イノベーションの普及
エベレット・ロジャーズ Everett M.Rogers 三藤 利雄

翔泳社 2007-10-17
売り上げランキング : 119055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【マーケティング1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 16:18 | Comment(0) | マーケティング1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。