2014年12月31日

人材マネジメント DAY4


ケース / テキストversionページ数
ノードストロム:従業員は反対か?(A)ver.523ページ

<<テーマ:個人のモチベーションを促す仕組みとは(報酬とインセンティブ)>>
評価/報酬システムを題材に、個人のモチベーションとそれを引き出すためのインセンティブシステムの関係、業務評価や報酬のあり方について考えていく。

2014.11.15(土)
2:30に起床して4:00から12:30まで課題対応、13:00から17:00まで講義。
レポートだというのに・・・むしろよくまとめることができたなぁと自分でもびっくりしております。
さらに3日後にはアカウンティング2のレポート提出だというのに。汗
とにかく目先のやりくりで精一杯ではありますが、なんとかやってこれている次第です。

さぁレポート週。
今回はアパレル業界に位置するノードストローム社を通して、
個人のモチベーションの引き出し方や報酬といった観点を学んでいきます。

人事システムの循環で言うと、
【採用】→{【配置】→【評価】→【報酬】→【育成】}→【退職】
この青地の部分が今回の学ぶポイント。

評価と報酬については、私自身 結構文句を言っている箇所です。笑
例えば弊社だとB+とA-という評価がありますが、私のグレードだと手取りベースで3万円程度の差です。
じゃぁA-を取るにはどうすればいいかというと、社内の提案制度に応募し事業化検討されるとか。
ちなみにそれは全社から1,300件応募があり、毎年10件程度しか事業化検討とならないためハードルが高い。
もしくは新規企画を出して100万ユーザ獲得するとか。

正直に言ってしまえば あまりにハードルが高く 私にとってモチベーションになりません。
しかも残業10時間程度で報酬的にもA-を取る分だけの金額を得てしまう。
あんまり 良く出来たシステムとは思えていません。
そうした社内の人事システムに対しても 何か有意義な情報を提供できるようになるか、
もしくは自分がマネジャー層になった時に、部下の納得性を高めた評価と報酬ができるように、
今日のエッセンスをしっかりと受け止めておきたいと思います。

さて、ノードストローム社ですが、SPH(Sales Per Hours)というKPIが特徴にあります。

販売時間あたりの売上が高い方が評価が良くなる。
SPHを高めるには売上を増やすか販売時間を短くするか。
つまり全社戦略として効率を重視しており、求める人物像としても効率の良い人材であることがわかります。

ただ問題点としては、販売時間を短くする=労働時間の過少申告といったことに繋がる。
ここが今回の大きなポイントになってきます。

とはいえ、SPHはノードストローム社にとっては よくできた基準だと感じました。
全社戦略との整合性の他、従業員の努力が成果に結びつき、成果が報酬に直結している。
加えて相応の報酬が用意されているとなれば、
従業員としても努力し会社としても経営戦略を遂行および欲しい人物像を育成することができる。

また弊社を引き合いに出すのはちょっと気が引けますが、
求めている人物像として求めているスキルの一つとして「統計学」を近年押し出しているが、
統計学の研修は増えたものの これが評価・報酬に結びついてはいないのが現状です。
(少なくともうちの組織は)

そういった意味で良く出来ているなと。
ただ冒頭の通り SPHと言えども問題が発生しており、そこは是非とも講義の中で議論して欲しいです。
こちらも企業規模を拡大する際にぶつかる壁だと私は受講して感じたので、
自分で独立をするのであれば意識しておきたいエッセンスだと思いました。

講義を終え、復習しつつ講義資料を眺めているとドラッガーの言葉が引用されており、はっとしたので掲載。


知的労働者の動機づけは、ボランティアの動機づけと同じである。報酬ではなく仕事そのものから満足を得なければならない (P.F.ドラッガー)


最近 学費を払っていることもあって金欠気味で、だいぶ報酬に対し執着していることに気付きました。
上でも書いた通り、一つ上の評価を目指すことを諦めていたり。
仕事そのものからの満足、今の私には残念ながらないものです。。
・・・なんだか悲しいですね。

自分の気持ちに余裕がないのか、はたまた今の仕事が合っていないのか。
どちらにせよ、どんな動機で働いているのか、何のために働いているのかを改めて見つめ直したい。

理論を学び 自分や自社に当てはめて悩み考える。
リーダーシップ開発と倫理・価値観という講義で自分を見つめ直すということをしましたが、
理論を学ぶ講義の中でも自分を俯瞰して見ることができるので、
卒業までには 諸々ぶれない自分に成長しているよう、日々精進していきたいと思います!


講義資料は講義で見る以上に参考情報が載っているのでタメになります^^
引用されていた以下の書籍も興味を持ったので 今度読んでみます。

藤田晋の仕事学 (日経ビジネス人文庫)藤田晋の仕事学 (日経ビジネス人文庫)
藤田 晋

日本経済新聞出版社 2014-11-05
売り上げランキング : 51165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【人材マネジメント 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人材マネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。