2014年07月05日

アカウンティング1 DAY6

2014.6.21(土)

ケース / テキストversionページ数
ボストン・ビアver.1229ページ
ボストン・ビア:1995年の財務諸表ver.15ページ

これまでの総まとめとして、アカウンティングを企業の経営戦略の分析と評価に活かす方法について学ぶ。
これまで学習した財務諸表の読み方、指標分析、会計方針などの知識を応用して、ボストンビアを総合的に分析していく。
後半は、分析を踏まえて、ボストン・ビアの今後の戦略を検討した上で、その戦略を予想財務諸表という形で定量化し、評価を行う。

アカウンティング1 最後です。
最後のケースはボストン・ビア。
本ケースは今までレポート回用の課題だったそうです。
これは結構ヘビーなケースなので志低い話であれですが、DAY6のケースになってくれて良かったなと^^;
アカウンティング1は3ヶ月間を通して正直難しかったですが、ボストン・ビアも例外なく難しかった。。

さらに今回は振返りアサインメントという別枠の予習タスクもあったので
時間がなかなか取れずに予習自体浅くなってしまった反省点もあり。。
私が思うのは会計が得意でなければアカウンティング1は3科目

財務諸表を見ながらボストンビアを分析していくのですが、今日はPERとPBRの話が多かったです。


PER(price earnings ratio)

PERとは、株価がEPS(1株当たり利益)の何倍あるかを示す指標。株価収益率。PERは、現在の株価が利益の何倍か(何年分に相当するか)という尺度による評価であり、PERが高ければ株価は割高、低ければ割安ということになる。
引用:グロービス MBA用語集 PER

PBR(price book-value ratio)

PBRとは、株価がひと株当たりの純資産の何倍あるかを示す指標。株価純資産倍率。株式市場が企業を評価する指標の1つ。一般にPBR=1が株価の下限と考えられる。PBRが1を割っている場合は、その会社の清算価値より株価総額が下回っていることになる。
引用:グロービス MBA用語集 PBR


PERは何年分の利益で元が取れるのかということなので、PERが15倍=15年で回収できるということを意味しています。
ベンチャーだとPER100倍とかもあるそうです。
今と同じ利益だったら100年立って元がとれることなので、100年分の利益で株を買うことを意味します。
PERが高くても買うというのは、それだけ将来の成長性を見込んでいることなんですね。

PBRは何にお金をつかってパフォーマンスを得ているのかを示すものだそうです。
100の投資をして120を生み出すと考えている、これはPBR=1.2ということ。
ソフトバンクはPBRが4.73なので100投資したら473になると思われているということです。

四季報にもよく載っている指標なので この指標も使いこなしていきたいところですね。
将来的に株もやってみたいと考えているので。

ボストンビアについては今までどうように定性分析から始まり、そして財務諸表を定量分析していきました。
この流れは鉄板でこれからのケースや新規事業提案にもどんどん使っていきたい流れですね。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アカウンティング1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。