2014年06月28日

アカウンティング1 DAY4

2014.05.24(土)

ケース / テキストversionページ数
シエラ・オンライン社ver.834ページ

会計方針が貸借対照表や損益計算書に与える影響を学ぶ。年次報告書を分析の資料として活用し、
豊富な情報の中から必要な情報を抽出し、関連づけ、「意味合い」を引き出す。
財務諸表上の数値の計算だけではなく、定性的な情報も読み込み、企業のおける環境、戦略、競合状況などの
事業分析を踏まえて企業分析を行うことが目的となります。

今回はシエラ社というソフトウェア会社のお話。
大きなポイントとしては会計原則の違いによって 財務諸表にどう反映されるのか。
そこで費用収益対応の原則と、保守主義の原則二つの会計原則にそってシエラ社の年次報告書を見ていきます。


費用収益対応の原則(principle of cost matching costs with revenues)

費用収益対応の原則とは、期間利益額を算出する際に期間収益と期間費用の金額的な対応関係が成立するように、当期の発生費用額を当期の収益額に対応する部分と次期以降の収益額に対応する部分とに区分することを要請する原則。
引用:グロービス MBA用語集 費用収益対応の原則

保守主義の原則(consistency principle)

保守主義の原則とは、保守的に実態・リスクを反映させるべしという、企業会計原則の1つ。安全性の原則。
引用:グロービス MBA用語集 保守主義の原則


本ケースを通して思うのは、本当に選択する会計原則の違いで財務諸表に大きな違いが出るなぁと。
そういった意味で経営者が何故 その会計原則を選択したかも大きなメッセージだと思います。

また自分がM&Aなり、もっと身近な例として株をやる場合などで財務諸表をチェックする際は、
どういった会計基準なのかも把握しておかないと判断を見誤りそうだなとも感じました。

講義の進め方としてあるグループはシエラ社、あるグループはアナリストとして
株主総会を想定してのロールプレイングで進んだため 結構面白かったのですが、
個人的には今日の内容(課題)は難易度はすごい高かったように思います。

しかし講師曰く、課題の数字をいじくる場所がほとんどないから簡単だの発言に、
今回は点数が低いだろうことを覚悟しましたorz
どこかで時間とってカネ系はちゃんと復習しないとと本気で思います。。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | アカウンティング1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。