2014年06月14日

GMAP 受験(2014年4月期)

2014.06.13(金)
13日の金曜日、GMAPを受験してきました。


GMAP (Globis Management Assessment Program)

グロービス経営大学院が経営学修士(専門職)の学位を授与するにあたり、当該学生が経営学全般の基礎的な知識を身につけていることを確認する目的で、2011年度以降に課程の修了要件の1つとして導入。


修了要件の一つですから、つまりこの試験をクリアしなければいくら単位が揃っていても卒業できません。
そこでGMAPってそもそもどんなもんなんだろうと、試験の感覚を見るために受験することにしました。

先ずはGMAPの情報を以下に転記します。


試験科目(問題数)
  1. マーケティング(30問)
  2. 経営戦略(30問)
  3. 人的資源管理 [人材マネジメント](30問)
  4. 組織行動学 [組織行動とリーダーシップ](30問)
  5. 企業会計 [アカウンティング](20問)
  6. ファイナンス(20問)
※ 基本的なビジネス・フレームワーク(基礎理論)の理解度を測定
※ 1問1答形式と文章問題を2~4回繰返しての出題。企業会計とファイナンスには文章問題なし
※ 企業会計=財務会計+管理会計

形式
マークシート形式

合格要件
すべての科目において一定の正答率(約60%)を超えている場合に 「合格」

試験時間
120分(各科目20分)
※ 注意事項説明、休憩、回答回収などの時間が別途かかるため、
19:10 - 21:50 (160分)ほど

実施期
4月期、10月期 (各2日間開催)
※ 各期受講可能だが同一期内での受講は不可

実施場所
各校舎(東京、大阪、名古屋、福岡、仙台)

持ち物
  1. 学制証
  2. HBかBの鉛筆(シャープペンシル)
  3. 消しゴム
  4. 電卓
※ 電卓は任意となっていますが、絶対に持っていくべきです


受験してみて感じたのは、そこまで難易度は高くないということ。
もちろん私はまだ受講していない科目もあったので全部手応えがあった訳ではありませんが、
マーケや経営戦略、アカウンティングを見る限りは基礎単語の確認ぐらいのレベルでした。

時間はやはりきつきつですね。急ぎめで解いても残り1分余ればいい方。
会計とファイナンス以外は1問1答形式と文章問題を繰り返すので、先に1問1答形式を解いてしまうのも手。

アカウンティングは計算問題が2問程度で他はだいたい用語の確認。
ファイナンスは計算問題が少々多かったように思います。

これでGMAPの難易度と時間の感覚がわかったので、
次回はちゃんと受かるように対策を取りたいと思います。
(今回もあわよくば勉強して合格してやろうと思っていたのですが、課題や仕事で手一杯でした。。)

ちなみに勉強にはやはり以下の青本が有効だと思います。
この本は試験科目を網羅しており、一冊で事足ります。
出てくる用語をしっかりと抑えることができれば合格できると思いますね。

グロービスMBAマネジメント・ブック【改訂3版】グロービスMBAマネジメント・ブック【改訂3版】
グロービス経営大学院

ダイヤモンド社 2008-08-29
売り上げランキング : 2444

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



結果は7月上旬に発表されるようなので、期待せずに待ちたいと思います。




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | GMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。