2014年04月30日

ウォール・ストリート

ウォール・ストリート [Blu-ray]ウォール・ストリート [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2011-11-23
売り上げランキング : 44280

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー。カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていた。そして2008年、ウォール街の若き金融マン、ジェイクの会社が突然破綻した。心の師である経営者は自殺し、ジェイク自身も資産を失ってしまう。それが金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイクは、復讐を誓い、ゲッコーに助言を求める。しかし、ゲッコーはジェイクの最愛の恋人ウィニーの父親でもあった。ゲッコーは絶縁状態のウィニーとの仲を取り持つことを引替条件に、ジェイクと手を組むことに同意するが……。


こちらはファイナンス基礎の講師の方から勧めていただいた映画。
本映画の中で使われているネタを講義でも引用していたのがキッカケです。
そのネタというのが「オランダでのチューリップバブル」

17世紀のオランダでチューリップの球根が人気を博し、とてつもない投機熱によって価格は上昇、
結果10個 2ドルの球根なのに、アムステルダムの運河沿いの豪邸を球根一個で買えるようになったとのこと。
その後バブルは弾け見るも無惨な結果をもたらしたそうです。
参考:Wikipedia【チューリップ・バブル】

この映画を勧めてもらったのがファイナンス基礎のDAY2で2014年1月25日。
3ヶ月も前の話のため、なぜチューリップバブルの話になったのかを失念してしまいました。。

習っていたこととしてはDCF法についてなので、
バブルのタイミングだと将来の収入を見誤るため DCF法も意味をなさない、といったことかもしれません。
確かにDCF法は将来の金銭的価値を現在に置き換えるものですので、
将来の価値が飛躍的に跳ね上がる状況だと、DCF法によってさらに投機熱を加速させてしまいます。
そこは自分でしっかりと判断できるようになってないといけませんね。


DCF法(discounted cash flow method)

DCF法とは、ある資産やプロジェクトの金銭的価値を、それらが将来生み出すキャッシュ・フローの現在価値として求める方法。収益還元法とも訳される。
「今日の100円は明日の100円よりも価値がある」という言葉で表現されるように、貨幣の価値は時間の経過とともに変化する。その理由は、インフレーション、時間、リスク(明日の100円が本当に手に入るかわからない)などさまざまである。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00321.php


映画についてですが正直 難しかったです^^;
ヒロインは結構 感情の起伏が激しく、そこまで怒らなくてもと思うシーンや、
逆にそこは許すんだっていうシーンが多くて ファイナンスよりも女性心理の方が難しいと感じました。笑

ただウォールストリートという環境にはすごく興味を持ちました。
扱っている金額も桁が違いますが、マネーゲームと言えども世界を変える力がそこにあるように思います。
特に自分の仕事と比較してしまうと、今のままでいいのか考えさせられます。
リスクなきところにリターンなしという講師の言葉が胸に刺さります。

もう一度観てウォールストリートという映画が持つエッセンスを再度 読み取りと思います。




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

【映画の最新記事】
posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。