2014年04月06日

ファイナンス基礎 DAY5

2014.03.08(土)
とにかくイベントてんこ盛りだった3月第2週の最終イベント、それがファイナンス基礎DAY5。
朝 洗濯をしてから麹町へ。
正直 朝からヘトヘトではありましたが、これが終われば一段落するという思いで頑張れた次第です。

さてファイナンス基礎DAY5のトピックとしては、
資本構成による企業価値の変化、合わせてMM理論、そしてAPV法が主立ったところでした。

「資本構成による企業価値の変化」については法人税の有無での違いもみていきました。
これが結構面白く、MM命題というのが出てきました。


モジリアニ・ミラーの命題(MM命題)

モジリアニ・ミラーの命題(MM命題)とは、税金や取引に関わる諸経費が存在しない「完全市場」においては、資本構成(負債と株主資本の組み合わせ)は企業価値に影響を与えないとする第一命題と、投資政策に変更がなければ、企業の市場価値は配当政策によって影響を受けないとする第二命題から構成される。
第一命題は、たとえ話として「1枚のピザを2つに切っても4つに切っても、ピザ全体の価値は変わらない」といえる。
第二命題は、あなたが会社の唯一の株主としたとき、会社の利益を内部留保しようが、配当として個人に還元しようが、価値は変わらないと考えればよい。

なお、法人税などが存在する「不完全市場」においては、負債を持つ企業の方が、企業価値が高いと言われる。というのも、支払い利息が節税効果をもたらすからである。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00956.php


上の説明で説明は簡潔していますが、
完全市場(法人税がない世界)においては、企業価値はB/Sの右側によらないというのが第一命題。
誰からお金を借りようとも企業価値に違いはないんですね。

第二命題は、財務レバレッジを上げると株主資本コスト(株主期待リターン)が上がる、ということ。
借金をすると株主価値(時価総額)が減るため(株主価値=企業価値-負債価値)、
【株主資本コスト=株主へのキャッシュフロー / 株主価値】 の数式から分母の株主価値が減ると資本コストが上がる。
財務レバレッジというのは総資産÷株主資本で、負債が増えれば高くなるものです。

とはいえ、完全市場では資本構成によって企業価値が変わらない、というのはわかりましたが、
これを一体 どのタイミングで どう業務に活かせるのかはわかりませんね^^;


では今度 法人税を加味すると、節税効果の現在価値分だけ企業価値が高まる

これについてはあまり良いサイトが見つからないですね。。
グロービスのハンドアウトが個人的には一番わかりやすいと感じるのですが、これは載せられないので割愛。
グロービスでファイナンス基礎を受講していただくか、自分で計算して試してみるのがいいと思います。

あとは企業価値を計算するためのAPV法などを学びました。


調整現在価値(Adjusted Present Value)

事業やプロジェクトの経済的価値をフリーキャッシュフロー(FCF)の価値と節税効果の価値に分解して評価するバリュエーションの方法。企業の資本構成が大きく変化し、NPV法(Net Present Value:正味現在価値法)を適用しにくい場合に用いられる。
引用:http://www.globis.jp/1105


他にも財務破綻リスクによる企業価値の変化や自社株買いやなど諸々学習。
濃密な3時間を過ごしました。
私はファイナンスを業務で使っていたり 普段から慣れ親しんでいる人間ではないので、脳みそがだいぶ疲弊しました。苦笑

という訳で激動の3月第2週を終了!
四ッ谷で有名な味噌ラーメンを食べ 清々しく乗り切った感を感じながら家路につきました。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファイナンス基礎 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイナンス基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。