2014年02月02日

ビジネス定量分析 DAY2

2014.01.23(木)
ビジネス定量分析のDAY2です。
今回は予習がケースだったのでちょっとヘビーでしたね^^;

会社を18:00に切り上げ、コンビニで買ったトルティーヤを食した後に19:00より講義。

今回は3時間ある中で、
イントロダクション:40分
ケース課題について:100分(10分の休憩含む)
データ分析のツール:40分

といった内容で、ケース課題についての講義が終わった後はわりと座学な感じでした。

さて、イントロから講義は興味深い内容でした。
2つの事例として、データ分析の見方について議論。
それは「相撲における八百長問題」と「スペースシャトル打上げの不具合データ」について。

もちろん講義の中で「相撲に八百長がある」と言っている訳ではありません。笑
これは下記書籍でも取り上げられているデータを観て”考えること”を目的としています。

ヤバい経済学 [増補改訂版]ヤバい経済学 [増補改訂版]
スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー 望月衛

東洋経済新報社 2007-04-27
売り上げランキング : 2009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私もAmazonで注文したので、読み終えたら本ブログでも紹介致します。
またスペースシャトルの事例にしても、私には抜け落ちていた観点がありました。
それは「データがないこともメッセージ」であるということ。

グラフなどを観て、単純に意味合いを抽出しようとしていまいますが、
グラフにはないデータ、抜け落ちているデータもしっかりと念頭において観ないと有意義なアウトプットが出せない場合もあります。
ここはしっかりと意識していきたいと思います。

またケースについても本当に学びが大きかった。
ケースの詳細はお話できませんが、コンサルタント会社の諸々データから課題を読み解くもの。

これもクリティカルシンキングの授業で習ったことをしっかりと活用できていれば良かったのですが、
残念ながらできず。。。(猛省です)

毎回毎回、できないことや習得できてないと感じることが多くて凹む事もありますが、
それでもビジネスマンとして必要なスキルを学んでいる感覚は十二分に感じているので、
引き続き頑張っていきたいと思います。

クリティカルシンキングでも同じクラスだったメンバーとラーメンを食して帰りました。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス定量分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。