2014年01月19日

ビジネス定量分析 DAY1

2014.01.09(木)
2014年1月期、最初の講義となります。
ビジネス定量分析のDAY1。
仕事を18:00に切り上げ、麹町へと向かいます。
空腹では3時間の講義に集中できないので、途中ささっと御飯を食べようと思い、赤坂見附で店を探しました。
選択肢としてマクドナルドとてんやがありましたが、てんやはあまり食べる機会がないのでと思いてんやへ。

これが失敗でした。

吉野家や松屋と同じ感覚で てんやもさっと提供してくれると思っていたら、
まさかの15分待ち。

急いで食べてすぐにグロービスへと向かうも3分の遅刻。。。
そのせいで席も中途半端な位置となってしまい、少々肩身が狭い思いをしました。
大失敗です。

さて、気を取り直してビジネス定量分析の講義について。
講師はスピーディに淡々と話す人で、これまたノートをとりずらい。汗
個人的にはあまり好みのスタイルではないのですが、
周りの同志からオススメされたこともあるので引き続きやっていきたいと思います。
(この講師がいいとかの情報も載せようか検討中です)

そもそもビジネス定量分析ってどんな科目かといいますと、
ビジネス定量分析 概要

この科目は、以下のことを目的としています。

・ 専門家ではない、一般のマネジメントとして、最低限必要とされる基本的な定量分析の概念、および手法を理解する
・ 事業計画・企画立案など、実務における意思決定に定量分析を活用する力を養う

Day1は、定量分析の意義や、定量分析の一連のプロセスについて学びます。Day2以降は、プロセスを意識した上で、さらに分析に必要な視点やアプローチをビジネスに即した演習を通じて習得していきます。尚、Day4では、それまでに学んだ手法を活用した総合演習を行い、総まとめとします。
引用:グロービス経営大学院【ビジネス定量分析 講座詳細】



業務でデータを扱う仕事に従事しているのであれば、活用できることが多そう。
そして私はデータ分析業務も行っているので、学びも多く且つ活用の幅が多そうということで選択しました。

DAY1の大きな学びとしては、「分析は目的と仮説が大切」ということ。

情報(データ)ありきではなく、目的を明確にし、仮説をもとにデータを揃える。
そうでなければ不必要にデータを集めてしまったり、データが足りなかったりと効率的ではない。
当たり前の真理ではありますが、非常に大事なことだと思います。

そしてこれはクリティカルシンキングにも通じるものがあると感じました。
クリシンで習ったピラミッドストラクチャーも同様の考え方であると思います。
先ずはイシューを明確にし、イシューに答えるために何が言えればいいのかの枠組みをしっかりと考える。


様々な学びや気付きが講義の中で得たのち、
アサインメント課題であったサプリメントのケースをグループで考えていく流れへ。

ここで感じたこと・反省点を少し共有。

先ずケース内容を少し共有すると、某会社の某サプリメントを市場で売っていくために、
ユーザアンケートデータがあり、あるチャネルを広げるためのチャネル担当者とのMTGが設定されているというもの。

そして今回のケースの課題文はこうです。
「ケースを読み、ケースの分析をしてください」

この課題文を読んで私が認識したのは、
「そもそも そのチャネルの選択が本当にいいかどうか」も含めて分析せよ、と思い、
このことから私はゼロベースで分析を進めてしまいました。

でも私以外のグループメンバーは全員、
「そのチャネルを利用することを前提として、どのようにサプリメントを売り出していくか」
を分析していました。

ちょっとこれは反省です。
ゼロベースでの分析自体は個人的に問題はないと思っています。
課題の書き方から、「指定されているチャネルを前提にせよ」ということは明記されてないので、
私のような分析を行う人もいるとは思います。

ただ反省点とするのは、「ケースのチャネルを前提にした場合」も考えるべきだった点です。
両方の解き方が存在していることに気付くべきでした。
片方だけでは私の直感とフィルターで解くだけなので良くないなと。
様々な視点から俯瞰してみれるスキルが必要だと痛感しました。

これは今後 意識していきたいと思います。

参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス定量分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。