2013年12月29日

ビジネスマンのための「人物力」養成講座 / 小宮 一慶

ビジネスマンのための「人物力」養成講座 (ディスカヴァー携書)ビジネスマンのための「人物力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
小宮一慶

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-01-01
売り上げランキング : 20403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

「長期間にわたって尊敬される人」を著者は<人物>と呼びます。
本当の生き方を知り、人物力を身につけることによって、ビジネスの成功もあると。
特に、経営者をめざす人は、
人とは何か? 正しい生き方とは?
自分はどういう人物になりたいのか? ならないといけないのか?
そうしたことを、ビジネス戦略、お金儲けの戦略より大切に考えることが、結局は成功の近道なのです。
そして、それは、行動を変えることによって身につきます。
意識を変えることは難しくても、日常の行動を変えることによって、意識は自然に変わっていく。1か月から半年でそれは可能です。
経営コンサルタントとして多くの経営者、経営幹部と接してきた著者ならではの実践の書です。


小宮一慶さんの◯◯力シリーズの一冊。
前回は「時間力」で今回は「人物力」の本を読了致しました。
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 / 小宮 一慶】

本紹介でも引用させていただいた通り、
本書は「長期間にわたって尊敬される人」のことを”人物”と定義し、どうすれば”人物”になれるのかを説明してくれます。
もしかしたら読まれている中で、「それは小宮さんの主観的な意見ではないか」と思われるかもしれませんが、
個人的には非常に納得のいく内容ばかりで、自分が思い描く尊敬できる人間と人物はニアリーイコールでした。

第一章は人物力の12の要件が記載されています。
第二章は人物力の見分け方。これは日常の些細な行動から人物力の有無を問われるシーンを具体的に述べています。
第三章は心理学の側面から人物力を語り、
第四章は人物力を高めるための具体的な8つのステップを示しています。

どの章も納得感をもって読み進められるのですが、
経営者を目指す、もしくは階級の上を目指す人には特に第二章は是非読んでいただきたいですね。
細かい事例ですが、確かに多くの人が見ています。

例えば、
自動改札でICカードを叩き付けるようにして通ってませんか?
エスカレーターのステップで、足を後ろに大きくはみ出してませんか?
子供の目の前で信号無視で横断歩道を渡っていませんか?
履物を揃えていますか?

など、27つのシーンを小宮さんが分析し紹介しています。
誰が見ているかはわからないけど、誰かが見ている。
一つ一つに気を使った方が間違いなくいい。
最初は窮屈でも次第に慣れ、人物力の高い行動が自分の行動となるので これは意識していきたい。


行動を見れば、人が分かる。
行動を変えれば、人は変わる。


これは名言だと思います。

長期間に渡って人から愛され尊敬される経営者、上司、人になりたい人にオススメ致します。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。