2013年12月10日

マーケティング経営戦略基礎DAY5 vol.0049

2013.12.3(火)
今回DAY5に向けたアサインメント課題は鉄鋼業界。
正直なところあまり興味ない分野な上に、ケースを読んでいて業界用語についていけない部分もありめげそうになりながら課題をやっていました。。

でも講義を終えた今はこう感じています。



めちゃめちゃエッセンスが詰まった素晴らしいケースだ、と。

講師も仰られていましたが、鉄鋼業の話でやや堅苦しいこともあり、
ケースをやりたくない故に授業自体も休む人がいるそうです。

はっきり言います。
それはもったいなさ過ぎます。
マーケティング経営戦略基礎を受けたならば、DAY5は必ず参加した方がいいです。

PESTでマクロ的に分析し、5Fで業界構造を把握する。
その上で該当の企業の問題点をしっかりと特定し、問題点を変数分解してそれぞれの変数の打ち手を考える。

例えば問題が「赤字」と特定したならば、
利益=売上ーコストなので、
1. 売上に問題はないか
2. コストに問題ないか
を考えることで、考えるべき点に漏れが少なくなります。

さらに売上=単価×数量、コスト=変動費+固定費、などなど、さらに変数分解、層別分解を繰り返し、
問題を深堀することで本質的にどこに問題があるかを特定する

さらに今回のお題の一つにM&Aがあります。


M&A(Merger and Acquisition)

企業の買収・合併を指す。買収は他の企業を丸ごと買い取ること、合併は複数の企業が法的に1つの企業に合同することである。ゼロから独自に事業を作り上げる時間を買い、自社のビジネスとの相乗効果を発揮させ、競合に対する優位性を早期に確立することが、M&Aの主な目的である。
(引用:http://www.globis.jp/mw35



M&Aと一言でいっても、様々な課題が出てきます。
そもそもどこの企業とM&Aするのがいいのか、そういったことを経営的な考えで決めなければなりません。
また合併した後の課題もしっかりと考える必要があり、単純に1+1=2,もしくはシナジーで2以上になる、と安易に考えてはいけないと痛感しました。

講義では参考程度でしたが、7Sモデルというのがあります。
この7Sにおいて融合できるかどうかを合併の一つの基準にするのもありかと思います。


7Sモデル(Seven S Model)

7Sとは、企業戦略における、幾つかの要素の相互関係をあらわしたもの。優れた企業では、各要素がお互いを補い、強め合いながら戦略の実行に向かっているとされる。

7Sは、ソフトの4Sとハードの3Sに分かれる。

ソフトの4S
@Shared value (共通の価値観・理念)
AStyle(経営スタイル・社風)
BStaff(人材)
CSkill(スキル・能力)

ハードの3S
DStrategy(戦略)
EStructure(組織構造)
FSystem(システム・制度)
(引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00349.php



ホント、今回のケースは学びが大きかったと思います。
非常にタメになりました。

マーケティング経営戦略基礎は、DAY1&2で経営戦略、DAY3&4でマーケティングを学び、
そしてDAY5&6で総合的なケースを学んでいきます。(もちろんDAY1~4までもケースはあります)
総合演習なので今まで学んだことも復習できた部分がありました。

さて、いよいよ次回でラスト。
今度はロングケースと言われる、長文のケースが課題になります。
本文だけで15ページ分ほど。(普段は2,3ページ)

グループで予習を行っていいとのことなので、クラスのメンバーとで取り組んでいきたいと思います。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【マーケティング・経営戦略基礎 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・経営戦略基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。