2013年09月01日

ラーメン二郎にまなぶ経営学 / 真北 幸裕

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣
牧田 幸裕

東洋経済新報社 2010-12-03
売り上げランキング : 106281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

二郎と武蔵、一風堂では、どれが1番のラーメンなのか?
宣伝なしで、なぜオープン初日から大行列なのか?
なぜジロリアンは、身も心も二郎に魅了されるのか?
セグメンテーションとターゲティング、ポジショニング、コア・バリュー、消費者行動の進化・・・・・・
ラーメン二郎から経営学の基本がわかる!



8月を終え、今年 食したラーメンの杯は123杯となりました。
男性の年間のラーメンを食べる頻度が20杯強というアンケート結果からも、6倍は食べているくらい好きです。

そんなラーメン好きでMBAを目指している僕に取っては、
経営学×ラーメン店という切り口で非常に興味深かったために購入したのが本書です。

ラーメン二郎という、一つの系列をターゲットにし、
大行列ができる26(ジロー)の秘訣を記載。

章立てになっており、
1. 業界分析
2. セグメンテーション&ターゲティング
3. ポジショニング
4. コアバリュー
5. チャネルとオペレーション
6. プロモーション
7. 組織設計と組織文化
8. 消費者行動の進化
9. 時代の変化を読み取るフレームワーク

と店を繁盛させるための経営知識をしっかりと見ていっています。
二郎が繁盛する理由をジロリアンである著者が、二郎への愛を込めて解説。
随所に二郎愛が滲み出ていて、そういった観点も個人的には面白かったですね。笑

本書の中では特に「コミュニティマーケティング」の観点は参考になりました。
WEB2.0以降、顧客が情報発信をどんどんできるようになり、口コミがマーケティングで強い影響力を持つ様になりました。
では口コミを広めるべく、どうやったら顧客にSNS/ブログで記事にしてもらうのか。

ビジネスをする場合、ここはしっかりと考えていかないといけない。

本書は体系的な経営知識が学べるものではないかもしれませんが、
経営学を学ぶ一歩目としては とても入り易い気がします。
特にラーメン否、二郎が好きであれば尚更読み易いはずです^^


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。