2013年08月26日

クリティカルシンキング DAY4 を終えて vol.0016

昨日 DAY4を終え、残す授業もあと2回となりました。
いやぁ・・時の流れは速過ぎますね。。

さて、DAY4は3時間の時間のうち、およそ2時間近く使って、
レポート課題について相互添削や、講師からの添削、重要な点の共有をしました。

レポート

DAY3時に課される、もっとも成績に反映される課題。クリティカルシンキングでは、某ケーススタディをもとに、ピラミッドストラクチャーを作成するという課題でした。A4紙で3~4枚ほどでまとめます。グロービスの評価は普段の授業における発言の量と質に加え、普段提出する課題(アサインメント)、そしてDAY4に提出する このレポートがあります。



とにかく論理的に思考する手順は以下の流れです。
1. イシューを押さえる / 押さえ続ける
2. 枠組みを考える
3. 主張を根拠で支える
4. 反論に備える / 隠れた前提を意識する

1はクリアしていたのですが、
2で視点が抜けている点があって、授業で確認し「なるほどなー」と学びました。

こういう風に自分にどんな思考の癖があるのかに気付けたり、
どういう風に考えて行けばいいのかのケーススタディを体験できることは とてもタメになります。

ただ、すごい悔しい!!
出来なかったことへの反省と同時に次こそは奮い立つ想いとで すごくモヤモヤっとする。
負けず嫌いなんですよね、根っこが^^;

なんとしてでもできるようになりたいな。




レポート課題を終え、クリティカルシンキングで学ぶべき二つのことのうち1つが終わりました。
ちなみに二つは以下です。

1. しっかりと伝える(思考の構造化)
2. 正しく考える(分析)

考え方の流れとして

1. イシューを押さえる / 押さえ続ける
2. 枠組みを考える
3. 主張を根拠で支える
4. 反論に備える / 隠れた前提を意識する

を繰り返し繰り返し学んできました。
次に行うのは「正しく考える(分析)」ということ。


何か考えなければならない課題に対して、どんな切り口で考えて行けばいいのか、
といったことを学ぶフェーズです。

例えばコンビニの売上が落ちた。どうしますか?といった課題が出た際に、
どんな切り口で課題を考えるのか。
商品?市場トレンド?競合の進出?スタッフ教育?顧客層?などなど、切り口は沢山でてくると思います。

その中でどこに問題点がはっきりと見えてくるか、
見えるような切り口にすること。

そういったことを学んでいきます。

あと一ヶ月しかありませんが、頑張って自分を磨いていきたいと思います。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【クリティカルシンキング 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルシンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。