2013年08月21日

レポート課題対応 vol,0014

グロービスでは1科目6回の授業があり、
毎回 アサインメントといって課題が出ます。

中でも4回目の授業に提出する課題はレポートといい、成績に大きく反映するもの。

なのでこれは手を抜く訳にはいかない。
(もちろん 今までも抜いてきたつもりはありません)

課題のお題目としては今までの総集編なので、
あるケーススタディに沿って、ざっくりと以下の手順とピラミッドストラクチャーを作成することになります。

1. イシューを押さえる/押さえ続ける
2. 枠組みを考える
3. 主張を根拠で支える
4. 反論に備える

もちろん この4つそれぞれに考えなければならないことがありますが、
それは参考図書をご参照いただければと思います。

自分が作成していて思うのは、
イシューを押さえることは比較的簡単な気がします。
ケーススタディという、すでに課題が文章として見えていて、さらに誰に提案するかを考えれば、
自ずと見えてくるのかなと。

一番の壁となるのはやはり「枠組み」
これが難しい。。。

イシューにダイレクトに答えている枠組みを考えなければいけないと同時に、
MECEを満たすことを意識していると、「これで本当にいいのか?」とぐるぐると考えが巡ってしまう。

とはいえ、納期がある以上、どこかで区切って自分の解答を作成しなければならない。
それまでに納得のいく形に整えたいな。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【クリティカルシンキング 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルシンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。