2016年04月29日

ネットビジネス戦略 DAY6


ケース / テキストversionページ数
ハフィントンポストVer.127ページ


<<テーマ:ネットによるメディアの変化と社会に与える影響(前半)>>
インターネットの登場により情報が爆発的に増大し流通する中、次々に新しいネットメディアが立ち上げられてきた。これらのネットメディアと既存メディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌)の提供している情報価値の違いを理解し、ネット時代におけるメディアについて考察する。

<<テーマ:ネットによるメディアの変化と社会に与える影響(後半)>>
拡大し存在感を増すネットメディアがリアル社会にもたらす影響を考察する。あわせて企業側の立場から考えるネットメディアの活用方法を学習する。

2015.09.15(火)
9/5(土)にMr.ChildrenのLIVEに参戦し、9/6(日)は嫁の誕生日を祝い、
翌週は9/12(土)に嫁の実家のOAサポート、9/13(日)は家事と少々の予習。
土日が上記の通り埋まると平日の夜(+朝)に頑張る必要があります。

それでもなんとか予習に加え振返りアサインメントもこなして講義に臨みました。
DAY6ではハフィントンポストです。
http://www.huffingtonpost.jp/

そもそもなぜハフィントン・ポストが成功したのか。
これまでのネットメディア(ニュースサイトやブログ)との違いは何か。
そうした点をクラス内でディスカッション。

これはWebメディアの在り方が変化し、その流れにフィットしたのが要因であると。
Webメディアの在り方とは、世間一般でもよく言われている、Web1.0、Web2.0、そしてWeb3.0。
この違いは以下のサイトが理解の助けになるかもしれません。
http://yamanjo.net/knowledge/internet/internet_38.html

特に他ネットメディアとのトラフィックの違いから見てみると明らかな違いが存在していました。
SNSによる拡散でトラフィックを集めるメディアを一般的にはバイラルメディアと呼ばれます。


バイラルメディア(Viral Media)

FacebookやTwitterなどのSNSの情報拡散力を利用して、インパクト・話題性のある動画や画像を中心とした記事に、短期間で爆発的なトラフィックを集めることを目的としたブログメディア。
引用:マイナビニュース バイラルメディア


まさにこれがハフィントン・ポストの戦略です。
とはいえ、私の中ではWeb2.0や3.0の世界は身近なものなので、
講義の内容としても そりゃそうだよな といった印象で、目から鱗な感覚は少々薄かったです。

ただSimilarWebというツールは面白いなと思うので いつか使ってみたい。
参考:https://www.similar-web.jp/

これは競合のWEBサイトを解析できてしまうツール。
競合がどういった状況なのかがわかれば打ち手も検討できます。
もちろん自社のサイトも解析されてしまうので、
こうしたツールを知っているか知らないかで優位性がだいぶ変わってくると感じます。
本当、ビジネスは情報戦だと思います。

講義としてはハフィントン・ポストの成功と他社との違いを見つつ、
現状の課題は何かをみていきました。
今後どう展開していくのか、非常に楽しみでありつつ、
検討している新規事業でもSNS活用は必須なので参考にさせていただきたいと思います。

DAY6を終え、全体を通して受講して良かったなと感じています。
これからの時代、新しいビジネスを興すにしてもネットを活用しないことは少なくなってくると思います。
だからこそ ネットビジネス戦略を受講し、ネットの世界を体験してみてはいかがでしょうか。

私も大学生の頃、ネットの世界に衝撃を受けました。
もともとPCさえほぼ触ったことがない中で大学では情報工学系に進み勉強していたので、
学ぶこと全てが目から鱗。

特に衝撃を受けたのがやはり梅田望夫さんの「Web進化論」

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫

筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング : 27813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今読んでもITの進歩の速度から色褪せてしまっている部分もあるかもしれませんが、
10年前に読んだときの衝撃は凄まじいものがありました。
一つの歴史書の如く、読んでおくことをお奨め致します。
確かネットビジネス戦略の参考図書にもなっていたような・・・

もっと勉強して、ネットの世界でビジネスを立付けたいと思います^^


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ネットビジネス戦略 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

謝恩会幹事参加

2016.4.25(月)
2016年1月期に受講した「顧客インサイトとブランディング」で同じチームメンバーだった御方から
お誘いいただけまして、話を聞く限りお力添えできそうだなと想い、参加することにしました^^

グロービスの卒業式が5/15(日)で謝恩会も同日。
なので期間としては20日間ぐらいの短い期間ではありますが、
最後ぐらい役に立とうかなという気持ちです。

コンテンツチームへの参画でして、
どんなコンテンツかは来てみてのお楽しみです♪
ちなみに過去 似た様なタスクを行ってきましたが、
だいたいお褒めいただけるので 楽しんでもらえるのではないかと思っております!!

なので2013期,2014期で卒業する方々、良ければ謝恩会にもご参加くださいませ〜




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

サービスマネジメント DAY5


ケース / テキストversionページ数
サウスウエスト航空(A)Ver.127ページ
サウスウエスト航空(B)Ver.18ページ
サウスウエスト航空(D)Ver.116ページ
2002年のサウスウエスト航空 - 逆境にさらされた業界Ver.127ページ
サービス・プロフィット・チェーンの実践法補足資料12ページ


<<テーマ:サービス・マーケティング>>
サービスの特性に基づくマーケティング上のチャレンジと、それらを乗り越えるための定石について学ぶ。

<<テーマ:サービスビジョンの再構想>>
既存の戦略的サービスビジョンを、いつどうやって手直しするか。環境変化に伴うサービス企業の経営の舵取りについて考える。


2015.09.02(WED)
体調を崩してしまいました。。鼻水が止まらなず、寒気がひどい。
薬を飲んでマスクして、少々朦朧としながらの出席で正直 クラス貢献はあまりできなかったように感じます。。

そんなサービスマネジメントDAY5ですが、今回のケースはサウスウェスト航空。
非常に有名な航空会社が主題となっています。

冒頭もいつもの通り、該当業界の成功要因を確認。
売上を因数分解、コストには何があるか当 収益構造を整理。

この時岡島講師から指摘がありました。
「MBAにいる限りは他社がどんな状況かすぐ答えられるようにせよ」

ケースがサウスウェスト航空であるなら、JALやANAについても理解する。
競合他社を意識して状況を把握し、そこと自社(今回ならサウスウェスト航空)との差分を把握する。
自社ばかり見ていても全体が見えないのはその通りなので、このご指摘はガツンときました。
これは今後も意識していきたいですね。

その後、サウスウェスト航空の雰囲気がわかる動画を見せていただきました。
やはり聞くと見るは印象が段違いに違いますね。
サウスウェスト空港と言えばハブ&スポーク式に乗っ取らず且つコストを抑えての戦略で競争している、
どちらかというと知能的な印象を私は勝手に持っていたのですが、もっとイケイケな会社でした。笑

さて、そんなサウスウェスト航空のSSV(戦略的サービスビジョン)をグループワークで整理。


SSV(Strategic Service Vision)

SPCの一部で、ターゲットマーケット、サービス・コンセプト、オペレーション戦略、サービス提供システムの関連性を見るフレームワーク。(自己解釈)

サービス・プロフィット・チェーン(Service profit chain)

サービス企業における、売上や利益の成長の成果を達成する上で関係する主要な要因をの関連性を示したフレームワークのこと、サービスには、生産と消費が同時に行われるという物にはない特徴があるため、顧客接点の最前線となる従業員の満足度向上が不可欠。
引用:N's spirit サービス・プロフィット・チェーン


整理してみると、ビジネスって面白いなって改めて思います。
顧客視点に立って、顧客が望むベネフィットを設定したら、それを実現するために
どんなオペレーション上もしくはシステム上の工夫をこらすかを考える。
それは一つ一つちゃんと整合性が取れている。
むしろ整合性が取れないとビジネスとして難しいとさえ感じます。

そしてその工夫も、他社ができてしまうとそれは工夫にはならない。
他社が何かの制約でできないけど、自社だったら実現できるという工夫こそが競争優位性になる。
サウスウェストが実現する工夫の数々は本当に勉強になります。
このサービスマネジメントの講義を通して、
何が必要でどう実現し持続させるべきかをビジネスとして考えることが強く実感できますね。

良い気付きを今日もいただきました^^

記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【サービスマネジメント 時間順 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | サービスマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。