2015年08月31日

オペレーション戦略 DAY6


ケース / テキストversionページ数
タンピンカンリ:セブン-イレブン・ジャパンの小売り経営Ver.317ページ


<<テーマ:サプライチェーン・マネジメントによる競争力の強化>>
商品や事業特性に応じたサプライチェーンの構築方法と、その際に必要となるITや人材の要素について考える。

2015.06.27 (SAT)
4月期最後の科目はオペレーション戦略のDAY6。
前回に引続き振替えになります。

冒頭に生徒から「どうすれば最良のソリューションを提案できるのか」といった質問がありました。
それに対し、A.T. Kearneyのコンサル経験も持つ井出先生はこのように回答していました。


グロービスの2年間で150のケースをこなすことで、悩みのグルーピングを持つこと。
悩みの仮説を立てる、悩みのストックを沢山持ち、自分の中で体系立てること。


経営における課題はある程度グルーピングができ、
目の前にある課題がどのグループに属するのかを見定めると、類似課題で行った打ち手が有効な場合がある。
この話を聞いて私が感じたのは、インプットの重要性です。

MBAなんて意味がない、現場での経験が大事だと仰る御方もいらっしゃいますが、
半分正解だけど半分は不正解だと思います。

現場での経験も貴重であることは間違いありませんが、一社会人が現場で経験できることは限られています。
しかしながらグロービスのようにMBAであれば様々な課題を幅広く経験することができ、
2年間で150もの経営判断を行う経験は たとえケースという卓上の話であっても貴重な経験だと私は思います。

井出先生の話を聞きながら、改めて今まで習ってきたことを総復習し、
知識の体系化とともに課題のグルーピングをして、得た学びを自分の血肉にしていきたいと感じました。


先ずはDAY5の振返り。
前回どんな学びがあったかをクラス内で挙げていくのですが・・・

私はいつも、これを発言しようというストックを3つぐらいこしらえておくのですが、
全部 先生に先に言われてしまうという事案が発生。

ちょっと戸惑っちゃいました。笑


そして本題がセブンイレブン・ジャパンです。

先ずはお決まりの環境分析から始まり、リテール市場がどのように変化したのか、
GMSとCVSの特徴・戦略を整理しながら市場から求められているニーズがどういったものかを整理していきます。


リテール(retail)

リテールとは、一般消費者向けの「小売」のことを指す。 対義語はホールセール(wholesale)であり、いわゆる「卸売」を指す。
引用:Wikipedia リテール

GMS(General Merchandise Store)

総合スーパー。日常生活で必要な物を総合的に扱う、大衆向けの大規模な小売業態である。
引用:Wikipedia 総合スーパー

CVS(ConVenience Store)

コンビニエンスストアの略。コンビニエンスストア関連商品の表記などにも使用される。
引用:Wikipedia CVS


ただ ここで感じたのが、セブンイレブンはその知名度ゆえにクラスのメンバーも関連図書を読んでいる場合が多く、
ケースにはない前提や知識が飛び交ったり、
またあまりに身近な例ゆえに自身の体験談や感覚での発言がちょっと多かったように感じました。
なのでメモを取るのが少々難しかったですね。

さて、リテール業において重要なことは機会ロスを減らし在庫ロスを抑制すること。
ユーザが欲しいと思った時に在庫がちゃんとあることで機会損失をなくしつつも、
かといって過剰な在庫があれば場所を取る、廃棄リスクが高まるなどコスト高となってしまいます。

それを上手くやるのが「タンピンカンリ」というセブンイレブンの仕組みです。
※一般的にも単品管理は存在


単品管理

主に小売業における商品管理手法のひとつ。小売業において、多品目の商品を個別に管理するのは非常に煩雑な作業であったため、コンピュータが普及する以前は、商品の部門ごとの管理が多く行われていたが、それを単品(個々の商品。"SKU"ともいう)ごとにコンピュータで管理するようにしたもの。
引用:Wikipedia 単品管理

SKU(Stock Keeping Unit)

SKUは最小管理単位 (Stock Keeping Unit) の略。例えば、「ある店舗で扱っているシャツはデザイン・色はすべて共通だが、サイズがS、M、L、XLの4種類ある」場合には「1アイテム4SKUある」と数える。
引用:Wikipedia 単品管理(SKU)


余談ですが、上記の「単品管理」に関するWikipediaの関連項目に
鈴木 敏文さんのリンクがあることがちょっと面白いですね^^

ただセブンイレブンの場合、単品管理を行いながらも最終的な判断は人に任せている点が非常に興味深い。
それについては鈴木敏文会長は以下のように述べています。


データから得られた売れ筋を発注するというのは大きな誤解。データはあくまで仮説を検証するためのものにすぎない。


この発想・哲学が他のCVS競合との大きな差なのかもしれません。

ここまではよくある話。
さらに講義ではこの仕組みをさらに支える、整合性の取れた打ち手についても触れていきます。
本当に一つ一つの打ち手がよく出来ているなと感心します。
TOYOTAやセブンイレブンのように身近過ぎて普段意識していない企業のバックには、
世界においても一流のビジネスモデルとそれを支えるオペレーションが日夜稼働しているんだと痛感しました。

最後に井出先生からのアドバイス。


最初に受けたクラスの学びを忘れてはいないだろうか。
過去のクラスを踏まえた上で今のクラスの深堀ができているのだろうか。
咀嚼し反芻し、そして血肉化のPDCAをしっかりと回すこと。
※よく噛み、何度も繰り返し、自分のスキルに落とし込む

とにかく基本をしっかりやること。とにかく深堀をすること。
とにかく復習が大事。すると各科目の繋がりが見えてくる。とことん身につけろ!
MBAが指南する概念を全て学び尽くす事!


大きな学びと叱咤激励、ありがとうございました!


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【オペレーション戦略 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オペレーション戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。