2015年08月29日

オペレーション戦略 DAY5


ケース / テキストversionページ数
米国トヨタ自動車Ver.225ページ


<<テーマ:自動車の生産におけるオペレーション>>
ジャスト・イン・タイムや「自動化」などのトヨタ生産方式の仕組みと思想について考える。また、オペレーション・マネジメントにおける重要な概念である、生産計画、品質改善、プロセス改善、人材の活用などについても議論する。

2015.06.13 (SAT)
前日の夜から課題に対応して、7時間15分の予習時間で挑んだオペレーション戦略DAY5。
今回はTOYOTAのケースでしたが、個人的にはすごく好きな回でした。
その発想はなかった、という目から鱗の学びがありました。

TOYOTAのケースに入る前に、先ずはDAY4のベネトンの復習。
それから井出先生からレポートに取組む際のアドバイス。

レポートでのアドバイスはざっくり言うと以下の4点。

  1. 業界分析 業界KSFが甘い
  2. 規模の経済というビッグワードの乱用
  3. メッセージの重要性
  4. 文章を構造化せよ

業界KSFは誰もが対応すべき必須条件ではないということ。
飲食業界で例えるなら、「美味しくて安い料理を提供」は当たり前すぎてKSFとしては弱い、という話です。

規模の経済については、効果がある場合とそうでない場合があるため、
どの費用にどれほど効果が出るのか定量的に表現する必要がある。

メッセージとは、ケース内の情報を羅列するだけではなく自分なりの示唆を出すこと。
そしてPREPの形式で記載することを指摘していただきました。


PREP法(Point-Reason-Example-Point)

PREP法(プレップ法)とは、@結論・ポイント A理由 B具体例 C再度、結論 を言うということ
引用:フォスターワン PREP法


最後の構造化については、クリシンで学んだピラミッドストラクチャーを意識して
論点を整理していくことを指摘いただきました。
優れたレポートは論点構造と要約されたメッセージを読むだけで言いたいことがわかる、
そうなるようしっかりと構造を整えて分かりやすくレポートを仕上げる必要がある。

という訳で本題のTOYOTA。

80年代のTOYOTAは低コストで質の高い車を提供できていました。
この競争優位性を実現できていたのは円安の影響が大きかったのですが、円高が急速に進行してしまい、
ここで打ち手を検討しなければなりません。

さらにTOYOTAの特徴としては車種の多様性。
アメリカの競合は車種を限定しオペレーションを単純化することで生産効率を高めコスト削減を実現しています。
一方でTOYOTAのウリである車種の多様性も実現するためには一筋縄にはいきません。

そこで打った手が私としては大変感動した打ち手でした。
これは是非オペレーション戦略DAY5を楽しみにしていただきたい。

そして その打ち手をさらに支えるための打ち手こそがTOYOTAをTOYOTAらしめる打ち手であり、
世の中でも多く話題に出ている、「JIT」や「かんばん方式」「改善」「あんどん」といった仕組みだったりします。

私も過去に少ないながらも何冊かTOYOTA関連の本を読んだことがありましたが、
ようやく一つ一つの打ち手の意図が見えた気がします。

オペ戦のDAY5を終えた今、改めてTOYOTA関連図書を読むと今までとは違った見方ができそう。

非常にタメになりました!
グロービスの中でも個人的にはかなりぐっときた講義でした^^


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【オペレーション戦略 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オペレーション戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムスケジュール 2015年8月第4週 (8/17 - 8/23)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2015年8月4週
  項目 時間(割合) 平均(1日)
仕事 57.00時間(33.93%) 8時間07分
プライベート 53.25時間(31.70%) 7時間36分
MBA 19.25時間(11.46%) 2時間45分
睡眠 38.50時間(22.92%) 5時間30分


今週はレポート週。
火曜日にネットビジネス戦略、水曜日にサービスマネジメントのレポートがありました。
なかなかヘビーではありましたがなんとか乗り切れました。。。

先週の日曜にネットビジネス戦略のレポートを完成させてはいたものの、
サービスマネジメントのレポートが全く手をつけられていない状況。
そうした中で月曜に私の歓迎会を部署の方々が催していただきまして^^;

なので歓迎会が終わったあと、仮眠を取ってからの朝までレポート対応。
火曜はネットビジネス戦略の講義を受け、さらに仮眠からの朝までサーマネ対応。。
水曜はサービスマネジメントの講義を受け、山場終了。
ここ5日間ぐらい全然寝れてないなぁと想っていたのですが、
計測結果を見ると平均で4時間51分と、結構寝ていたという。笑

水曜の講義を終え、一段落かと想えば夜は嫁と揉めて。。。
ファミリーマネジメントもちょっと上手くいかずに だいぶ疲労困憊状態でした。

20日、21日と友人の結婚式二次会の余興サポートのため8:00出社。
20日の夜は大阪の業務委託でお世話になっていた御方の送別会。
ここでちょっと気分が良くないことを言われました。

「温室育ち」というフレーズ。

業務委託と生え抜きの違いを述べていたのですが、
生え抜きだから温室で業務委託だから茨の道であるだなんて言い切れないと私は想います。
周りが凄いため週に一回は泣いている、という話があり 温室の私にはその感覚がわからないと言う。

はっきり言って泣くことはわかりません。
なぜなら泣いてる暇なんて今までの人生になかったから。

東大にしろ、アカデミアにしろ、グロービスにしろ、
私より優秀な人なんて世の中に巨万といて どれだけ ちっぽけな自分を味わってきているか。
そこで泣いて彼らに並べるなら好きなだけ泣きますが、そんな甘い世界ではありません。
だからこそ私は自分を研ぎ澄ますために日々私なりに努力しているのです。

私は決してスペックが高い人間ではありません。
本当にスペックの高い人達をずっと見てきたから そう感じています。
スペックが低いなりに努力するしかなかったから努力し続ける。

それを学歴や生え抜きというだけで「温室育ち」と定義づけられるのは正直納得いきませんね。。

ちょっと話が逸れてしまいました^^;
金曜の夜は会社の人とお気に入りのラーメン屋で一杯を楽しみ、
さらに高校時代の友人からお誘いがあって夜の新宿のカフェでまったりとだべりました。
友人の一人が結婚するということで、余興をどうするかのディスカッション。

土曜は姉のiPhoneのバックアップ対応と買物をし、
日曜から夏期休暇として北海道旅行!
その初日はMr.ChildrenのLIVEツアー「未完」からスタートでした^^



参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。