2015年07月30日

経営道場 DAY3

真説「陽明学」入門―黄金の国の人間学真説「陽明学」入門―黄金の国の人間学
林田 明大

三五館 2003-10
売り上げランキング : 142862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

書籍名著者ページ数
真説「陽明学」入門-黄金の国の人間学林田 明大428ページ


<<テーマ:陽明学>>
創造と変革の志士としての信念や考え方、行動について考える。

2015.06.06 (土)
元々は6月7日(日)が講義の日でしたが、参加している役員会が主催している定期総会があったため振替。
普段は日曜の10:00 - 13:00でしたが 今回は土曜の18:00 - 21:00で外も暗いのでクラスの雰囲気も全然違いました。

さて、今回は題材が今まで触れたこともない話で、非常にとっつきにくかったです。
恐らくグロービスで指定されない限り 読むこともなかったかもしれない一冊だったと思います。

しかしながら心即理や知行合一、至良知など陽明学の考え方を学べて良い刺激を得ることができました。

特に 本書に記載があった以下の文章が非常に突き刺さりました。


ただぼんやりとして、だらけた日々を送っていると、人間は一塊の死肉と同じことで、いくら打っても痛いともかゆいとも感じず、結局は(学問も)ものにならないでしょう。業を終えて家に帰っても、ただ昔のやり方を繰り返すだけで、ここで学んだことはなんにもならないことでしょう。それでは、せっかく勉強にきた甲斐がなく、なんとも残念なことではありませんか(「伝習録」下)(P70)


本書からの引用で陽明学とはまた違うものかと思いますが、
だらけた日々を送っていることへの戒めにはとても効果のあるフレーズだなと。笑

もう一段階深読みをして、私は「だらけた日々」だけではなく「単調で思考が止まっている日々」でも
自分にとっては同義ではないかと捉えています。

ありがたいことに働きながら数々の学びの場を得ている自分ではありますが、
ふと客観的に立ち返ってみると こなしているだけで思考が止まってしまっているのではないかと思う瞬間があります。
そうなると「だらけてはなくとも、結局は考えていないので知識が身に付かない」のではないか。
なので「こなしながら」、日々 何を得ているのかをもっと意識していきたいと読んでいて感じました。

特にグロービスで学ぶということは かなり時間的に厳しいものがあり、
高い視座を持って、「この目的・目標のために今 目の前の講義を受講している」という感覚が薄れやすい。
どこかで視野が狭くなり とにかく「こなしていく」ということにもなりがちです。(私だけ?)

それでも、150〜200近いケースを取組む経験は本当に有意義なので、
一生懸命にこなすだけでもナレッジにはなると思いますが、より知識を脳に定着させるためにも、
「こなしながら何を得ているか」を意識していきたいな。


最後に1点。

1つは、経営道場という講義は講師の力量にだいぶ左右されると感じたこと。
通常の科目と違い、経営道場は読書を通じて感じたことを話し合うスタイルのため、
通常の科目以上に解がない科目です。

さらに個々人の感想である以上、講師としても想定していない感想であったり、突拍子もない意見であったり
それらをファシリテートし話を膨らませるのはかなりの難儀であると思います。
そこで必要になってくるのは柔軟な思考・発想と、話を膨らませるための引き出しの多さなのかと思います。

今回は講師からの決めつけに近い意見が散見され、
時折挟んでいただく話も 私には議論との関連性が薄く理解することが難しかった場面が多くて少々残念でした。
もちろん私の知識レベルが追いついてなくて理解できていないだけの可能性もあるのですが。

例えば、「心の中に聖人がいる」という話。

神も仏も信仰していない私は、心の中に自分以外の聖人がいる感覚がはっきり言ってありません。
それよりも自分が理想とする自分を描き、そこに自分を近づける方がしっくりきます。
なので「解釈が間違っているかもしれませんが、聖人というより”理想像”の方が理解できる」とコメントしたところ、
「間違っててもいいから解釈は自分でしろ」と指摘をいただきました。

そこで上記のような説明をさせていただいたところ、「聖人と理想像は違う」と否定、
「君の中に聖人はいないのか」と問われたので
「私の価値観では いないと考えています」と言わせていただくと、
「そんな訳がない」と心に聖人はいるもの前提で話がされていました。。

心に聖人がいるいないは 価値観の問題で これ以上の議論は生産的ではないと判断し、
それ以後は特に何も言いませんでしたが やはり今 振返ってみても私にはよくわからない話でしたね。。

少なくとも意見を決めつけないで議論できた方が個人的には好きですね。
そんな日もあるさと気持ちを新たに経営道場も取組んでいければと思います。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【経営道場 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営道場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。