2015年07月29日

オペレーション戦略 DAY4


ケース / テキストversionページ数
ベネトンVer.623ページ


<<テーマ:生産、マーケティング、物流>>
戦略とオペレーションの連携や統合について考察する。

2015.05.28 (木)
今期は3科目受講していますが、DAY4でのレポート対応は このオペレーション戦略のみ。
なので非常に助かります。にも関わらず前日も前々日も 朝まで対応。。。

オペ戦のDAY3が終わった後、平日が9日間ありましたが(1日は有休を取得)、
全日 22:00以降の帰宅。(調べてみると 25:00, 23:00, 22:00, 23:30, 23:30, 25:30, 24:00, 23:30)
こうなってくると平日対応は私の体力ではかなり難しく・・・

では休日はというと、同窓会役員会の総会準備と打合せ(移動時間含め7時間)、
母の日のお祝いに嫁の実家訪問、管理している母の店のWEBサイトの環境移管対応と更新作業。
もちろん通常通り、家事一般もこなしています。

有休を1日奇跡的に入れておいて本当に良かったのですが、
同時期にある企業家リーダーシップDAY4の課題対応もあったのでオペ戦ばかりやれる訳でもなく。

結果として前日、前々日と眠気と格闘しながらの課題対応。
それ故にオペレーション戦略の講義も それはもう披露と眠気との闘いでした。汗


それでもなんとかレポートを作成し臨んだオペレーション戦略DAY4。
今回のケースは衣料業界のベネトン社。

冒頭に席替えを実施しました。
アメリカに進出するのは是か非か、そして進出するのならば戦略・打ち手はどうするのか、
そうした軸で 各人が結論付けた戦略を基に席を変更。
席を替えてから早速 相澤流の進め方で講義は進んでいきました。


グロービス 相澤流 講義の進め方

グロービスの一般的な進め方は、ケーススタディに対し3題程度の設問があるため、設問にそったグループワーク→講師による解説・全体ディスカッションを30~50分タームで3回繰り返して進みます。しかし相澤流では冒頭に1時間か1時間強、3題全てをグループワークで結論まで導き、その後 解説と全体ディスカッションという進め方となっています。


さて、先ずはなんといっても環境分析。
これはオペレーション戦略の講義に関わらず、
どの科目であってもケース企業の成功要因、課題抽出等行うためには状況をしっかりと把握する必要があります。
マクロ的に見るPEST分析や業界構造を観る5F分析、市場を分析するための3C分析、
他にも競合との優位性を確認するポジショニング分析や、バリューチェーン分析、
自社の経営資源を把握するためのVRIO分析などなど、様々なフレームワークがあるので、
各々が必要と思われるフレームワークを適切に用いて分析を行い、
なぜベネトンが欧州で結果を残し続けているのかを見ていきました。


PEST分析(マクロ環境分析)

マクロ環境分析とは、自社ではコントロールできない、企業活動に影響を与える外部環境要因の分析。
マクロ環境分析ではPEST(Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術))のフレームワークを使って自社の事業に関係の深い重要な要因や環境変化を分析する。
引用:グロービス経営大学院 マクロ環境分析

5F分析

5Fとは、M.ポーターが提唱した競争戦略において、業界環境を分析するためのフレームワーク。競合、売り手、買い手、新規参入、代替製品の5つの力(Forces)を分析することで、業界の収益構造や競争のカギを発見する。
引用:グロービス経営大学院 5F分析

3C分析

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析からKSFを見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。
引用:globis MBA用語集 3C分析

VC分析(Value Chain)

バリューチェーンとは、事業活動を機能ごとに分類し、どの部分(機能)で付加価値が生み出されているか、競合と比較してどの部分に強み・弱みがあるかを分析し、事業戦略の有効性や改善の方向を探ること。
引用:グロービス経営大学院 バリューチェーン

ポジショニング分析(Positioning-Analytics)

戦略ポジショニングとは、その業界におけるそれぞれの企業の立ち位置のこと。通常、各プレーヤーは何らかの領域の軸足を置いていて、その強弱を相対的に示すのが戦略ポジショニングになる。
引用:N's spirit投資学研究室 戦略ポジショニング分析

VRIO分析(VRIO-Analytics)

1.Value(経済価値)、2.Rarity[Rareness](希少性)、3.Imitability(模倣可能性)、4.Organization(組織)の4つに区分されており、その区分ごとに分析をすることで企業の経営資源が競争優位をどれだけ持っているのかを把握できる。
引用:Accia VRIO分析


衣料業界の話なので、経営戦略で受講したZARAなんかも参考になりそうです。
SKUの話や商材特性としてのボラティリティについて、その業界にいないと見えにくかったりすると思いますので。

オペレーション戦略のDAY4は今までよりも経営戦略論に近いお話でした。
もちろん経営戦略を実現するためにオペレーションの観点をどうするのかも見てはいきますが。

今までターゲットとしていなかった市場に参入するときに、
自社の強みをどう捉え、新市場で構築するのか、KSFを定義の仕方などなど、
今回も非常に勉強になる講義だったと個人的には思います。

私がもし自分でビジネスを行う時には本日習った観点から分析を行い、
成功確率をしっかりと上げて取組んでいきたいですね。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【オペレーション戦略 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オペレーション戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。