2015年07月20日

エビングハウスの忘却曲線

勉強をしていると重要になってくるのが知識の定着率。
グロービスで学んだことをしっかりと自分の中に落とし込む必要があります。
講義を受けた時、講義の内容をどれほど覚えていられるのか。

そこで一つの指標として、エビングハウスの忘却曲線というものがあります。
参考:Wikipedia【忘却曲線】

エビングハウスが行った実験は、無意味な音節を被験者に覚えさせ、いつまで記憶が残るのかというもの。

結果としては以下だったようです。
(Wikipedia引用)

20分後には、節約率が58%であった。
1時間後には、節約率が44%であった。
1日後には、節約率が26%であった。
1週間後には、節約率が23%であった。
1ヶ月後には、節約率が21%であった。
※節約率とは一度記憶した内容を再び完全に記憶し直すまでに必要な時間(または回数)を
どれくらい節約できたかを表す割合

つまりは覚えた事をもう一度覚えようとすると時間がかかるということです。
なので一度学んだ講義を早いうちに復習をしなければ、復習の時間がかかるということです。

もちろんエビングハウスの実験は”無意味な音節を覚えさせる"という実験なので、
講義で学ぶケーススタディのように 学びに流れがあれば上記の減少率よりも緩やかではあるでしょう。


ただ忙しい社会人としてはすぐに復習をすることができないことも多々あると思います。
また逆にすぐに復習を一回して そのままでも定着はしないと私は思います。

忘れかけた頃に再度 負荷をかける。
そうすることで脳の皺を増やして定着させる必要がある。
そこで重要なのは 講義を受けてから何ヶ月、何年たったとしても その講義を思い出せるのかです。

ここで紹介したい方法。
それがこの投稿の主題。
大学で学年3位の成績になれたのも、東京大学大学院に受かったことも、社長後継者候補になれたのも、
全てはこの方法によるところがとにかく大きい。

それが、「ノートによる講義の再現」法です。

高校時代の先輩が私に教えてくれた勉強方法。
もちろんその先輩も東京大学理科三類に現役で合格する程 優秀な人。

詳細は読んで字の如く。笑

ノートでメモを取る時は、講義が再現できるように書き記すこと。
講師が黒板やホワイトボードに書く図やチョロチョロっとしたことをメモするだけではダメです。
なぜ その図を書いたのか、その時の付加情報は何だったのか。講師のコメントは何か。
リアルで生じた講義の流れが全てわかるようにノートに書き込んでいくのです。

講師が話すこともメモをする。
よって私の場合 講義中はひたすらにメモをとり続けます。
時には自分の感情もメモしておきます。

こうしておくとノートを読み返すだけで講義をほぼ再現することができます。
断片的なノートでは思い出すことも難しいけど、
ノートとグロービスから貰えるハンドアウトがあれば1回2万円の講義を何度でも受講できます。笑

先日 ネットビジネス戦略の復習を一緒に受講しているメンバと行いまして、
その時に自分のメモをお渡ししましたが「こんなに書き込んでいるのですか」とコメントをいただきました。
他の受講生と比べても恐らく書いている自負はあります。


ただ問題点もあります。
主にグロービスでの問題点になりますが。

グロービスの場合、成績が講義内での発言が大きなウエイトを占めてします。
そうなってくると生徒の発言さえもメモをしたい私の勉強法としては、トレードオフの関係になります。
特に他の受講生もガンガンに発言してクラスを盛り上げているので、
ノートに集中しながら発言するのは結構ヘビーです。
よってグロービスでは良い成績が取れません!笑

でもそこはもう諦めています。
短期的な成績を失っても、長期的に学びを最大化することを私は選択しました。
かといって発言をしない訳ではないのですが、優先するのはノートをとること。講義の再現性を高めること。

一ヶ月後の節約率が21%だとエビングハウスが仰っても、講義の8,9割を再現出来れば
例え一年後に復習をしたとしてもしっかりと身に付けられると私は信じています。

ということを、オペレーション戦略の参考知識として出ていたエビングハウスの忘却曲線と、
ネットビジネス戦略の復習時の感想が相まって最近考えていたので記事にしました。

さーネットビジネス戦略とサービスマネジメントの予習をやろう!!




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

企業家リーダーシップ DAY4

代表的日本人 (岩波文庫)代表的日本人 (岩波文庫)
内村 鑑三 鈴木 範久

岩波書店 1995-07-17
売り上げランキング : 1793

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)
新渡戸 稲造 須知 徳平

講談社インターナショナル 1998-06-10
売り上げランキング : 27494

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ケース / テキスト著者ページ数
代表的日本人内村 鑑三208ページ


<<テーマ:日本人の精神>>
日本人の精神について学ぶ。

2015.05.27 (水)
DAY4ですが、企業家リーダーシップはレポート課題がDAY6なので今日は通常講義。
とはいえスタイルがちょっと異なっておりました。

今日は指定課題図書でも代表的日本人の5人の偉人たちごとにグループ分けを行い、
それぞれの偉人についての生い立ちや哲学、生き様を40分間グループ単位でディスカッション。
それを10分間のプレゼン+10分間の質疑応答というスタイルでした。

なので
グループワーク40分+(プレゼン10分+QA10分)×5チームという、
最初から時間オーバーを覚悟の上での講義となりました。

代表的日本人で描写される偉人は以下の5人です。
・西郷隆盛
・上杉鷹山
・二宮尊徳
・中江藤樹
・日蓮

ここで私は上杉鷹山を選択しました。
彼はものすごく特徴があるとかカリスマ性があるとか、そういった人物ではないように私は感じましたが、
それでも一歩一歩堅実に歩む様が自分に近いものを感じ 親近感を抱いたのが選択理由。

ちなみに田久保先生曰く、起業家が最も選ぶのは日蓮で、逆が上杉鷹山らしいです。笑
鷹山は激しさはなくとも地道に努力を継続出来る優れた人物であると私は感じています。

なので今回は短いですが、ほとんど書くことはありません。
5人についてツラツラと書いていってもいいのですが、
それは今後企業家リーダーシップの受講生が楽しめれば良いと思っています。

ちなみにですが、プレゼンがあるということで 投影スライドも欲しいということで
私がスライド作成に買って出たものの、グループワークでのディスカッションをスライドに落としていく難しさを
痛感しました。笑


さて、最後に学びというか、自分の中でやろうと思ったのは、
先ず歴史・宗教をしっかりと改めて勉強をするということ。

そして代表的日本人の著者。新渡戸 稲造で刺さったお言葉は以下。


何人にも残せる最大遺物は高尚なる生涯、生き様。


オリジナルとは違うかもしれませんが、意図としては上記のようなこと。
後世に残るのはお金ではなく生き様。素晴らしい意識ですね。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【企業家リーダーシップ 時間順 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業家リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

タイムスケジュール 2015年7月第2週 (7/6 - 7/12)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2015/07/2週
  項目 時間(割合) 平均(1日)
仕事 40.00時間(23.81%) 5時間43分
プライベート 53.75時間(31.99%) 7時間41分
MBA 28.50時間(16.96%) 4時間4分
睡眠 45.75時間(27.23%) 6時間32分


あすか会議が終わってからの7月の第2週。
本当は1日だけ仕事を休む予定だったのですが、自分の勘違いで2連チャンでお休みをいただきました;
というのも2014年度のあすか会議の日程を見て、
「何これ、開催が日・月じゃん!そしたら月も休んで、それから休みように火曜日も・・・」
という思考の流れから月火と有休を取得。

その後 上記勘違いに気付くも、有休申請が承認されていたこともあり そのまま休むことに。

ちょうど7月期で選択しているネットビジネス戦略とサービスマネジメントが火水だったので、
予習の時間にあてるのと、4月期の3科目の復習もしっかりやろうと思った次第です。

結果的に週末含め7コマ分復習ができた上に、2コマ分の予習を行えたので個人的には満足。
しかもよく寝た!平均6時間半なこともそうですが、
仕事の時間を睡眠時間が上回ることは今週で5回目という貴重さ。笑
やはり良く寝るとすっきりしていいですね^^

仕事はというと、先ず商材の最適な価格を算出するロジックを実装しました。
ありもののデータでは難しいと言われた課題ですが、少しの工夫で算出したりました!
来週の木曜に「one more thing」という形で報告したいと思います。
・・はい、本流の分析ミッションとは別に、完全に趣味の世界で組み立ててました。

もう一つ大きなことは異動のための面談を実施したこと。
人事から呼び出しがあってから早5ヶ月。
何の音沙汰もなかったので 人事ルートからの異動はないと思い込んでいましたが、
突然の呼び出しで一つ部署の紹介をいただけた。
よく考えた上で結論を出したいと思います。

プライベートはというと、日曜日に同窓会の定期役員会。
役員会があったことを忘れていて、本当は日曜日にあすか会議の振返りをブログにアップする予定でしたが、
役員会を休む訳にも行かず、あすか会議の振返りは別途行うことにします。

役員会に参加した理由は、解散したいという昔からの役員から同窓会を引き継ぐため。
そして運用フローを見直し、より運営改善を行うことで永続的に会が存続できるようにするため。

ただグロービスにも通っている状況なので、現状は現行の運用を一通り見ているぐらいしかできず。
それでもグロービスを卒業したら本格的に引き継ぎを行おうと思っていましたが、
他の役員が早く引き継ぎたいという空気を醸したこともあり、引継のペースを早めることに。
こちらも頑張っていきますかね。

できれば社長後継者候補育成機関はもうしばらく落ち着いてて欲しいですね・・・・



参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。