2015年07月29日

オペレーション戦略 DAY4


ケース / テキストversionページ数
ベネトンVer.623ページ


<<テーマ:生産、マーケティング、物流>>
戦略とオペレーションの連携や統合について考察する。

2015.05.28 (木)
今期は3科目受講していますが、DAY4でのレポート対応は このオペレーション戦略のみ。
なので非常に助かります。にも関わらず前日も前々日も 朝まで対応。。。

オペ戦のDAY3が終わった後、平日が9日間ありましたが(1日は有休を取得)、
全日 22:00以降の帰宅。(調べてみると 25:00, 23:00, 22:00, 23:30, 23:30, 25:30, 24:00, 23:30)
こうなってくると平日対応は私の体力ではかなり難しく・・・

では休日はというと、同窓会役員会の総会準備と打合せ(移動時間含め7時間)、
母の日のお祝いに嫁の実家訪問、管理している母の店のWEBサイトの環境移管対応と更新作業。
もちろん通常通り、家事一般もこなしています。

有休を1日奇跡的に入れておいて本当に良かったのですが、
同時期にある企業家リーダーシップDAY4の課題対応もあったのでオペ戦ばかりやれる訳でもなく。

結果として前日、前々日と眠気と格闘しながらの課題対応。
それ故にオペレーション戦略の講義も それはもう披露と眠気との闘いでした。汗


それでもなんとかレポートを作成し臨んだオペレーション戦略DAY4。
今回のケースは衣料業界のベネトン社。

冒頭に席替えを実施しました。
アメリカに進出するのは是か非か、そして進出するのならば戦略・打ち手はどうするのか、
そうした軸で 各人が結論付けた戦略を基に席を変更。
席を替えてから早速 相澤流の進め方で講義は進んでいきました。


グロービス 相澤流 講義の進め方

グロービスの一般的な進め方は、ケーススタディに対し3題程度の設問があるため、設問にそったグループワーク→講師による解説・全体ディスカッションを30~50分タームで3回繰り返して進みます。しかし相澤流では冒頭に1時間か1時間強、3題全てをグループワークで結論まで導き、その後 解説と全体ディスカッションという進め方となっています。


さて、先ずはなんといっても環境分析。
これはオペレーション戦略の講義に関わらず、
どの科目であってもケース企業の成功要因、課題抽出等行うためには状況をしっかりと把握する必要があります。
マクロ的に見るPEST分析や業界構造を観る5F分析、市場を分析するための3C分析、
他にも競合との優位性を確認するポジショニング分析や、バリューチェーン分析、
自社の経営資源を把握するためのVRIO分析などなど、様々なフレームワークがあるので、
各々が必要と思われるフレームワークを適切に用いて分析を行い、
なぜベネトンが欧州で結果を残し続けているのかを見ていきました。


PEST分析(マクロ環境分析)

マクロ環境分析とは、自社ではコントロールできない、企業活動に影響を与える外部環境要因の分析。
マクロ環境分析ではPEST(Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術))のフレームワークを使って自社の事業に関係の深い重要な要因や環境変化を分析する。
引用:グロービス経営大学院 マクロ環境分析

5F分析

5Fとは、M.ポーターが提唱した競争戦略において、業界環境を分析するためのフレームワーク。競合、売り手、買い手、新規参入、代替製品の5つの力(Forces)を分析することで、業界の収益構造や競争のカギを発見する。
引用:グロービス経営大学院 5F分析

3C分析

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析からKSFを見つけ出し、自社の戦略に活かす分析をするフレームワーク。3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字。
引用:globis MBA用語集 3C分析

VC分析(Value Chain)

バリューチェーンとは、事業活動を機能ごとに分類し、どの部分(機能)で付加価値が生み出されているか、競合と比較してどの部分に強み・弱みがあるかを分析し、事業戦略の有効性や改善の方向を探ること。
引用:グロービス経営大学院 バリューチェーン

ポジショニング分析(Positioning-Analytics)

戦略ポジショニングとは、その業界におけるそれぞれの企業の立ち位置のこと。通常、各プレーヤーは何らかの領域の軸足を置いていて、その強弱を相対的に示すのが戦略ポジショニングになる。
引用:N's spirit投資学研究室 戦略ポジショニング分析

VRIO分析(VRIO-Analytics)

1.Value(経済価値)、2.Rarity[Rareness](希少性)、3.Imitability(模倣可能性)、4.Organization(組織)の4つに区分されており、その区分ごとに分析をすることで企業の経営資源が競争優位をどれだけ持っているのかを把握できる。
引用:Accia VRIO分析


衣料業界の話なので、経営戦略で受講したZARAなんかも参考になりそうです。
SKUの話や商材特性としてのボラティリティについて、その業界にいないと見えにくかったりすると思いますので。

オペレーション戦略のDAY4は今までよりも経営戦略論に近いお話でした。
もちろん経営戦略を実現するためにオペレーションの観点をどうするのかも見てはいきますが。

今までターゲットとしていなかった市場に参入するときに、
自社の強みをどう捉え、新市場で構築するのか、KSFを定義の仕方などなど、
今回も非常に勉強になる講義だったと個人的には思います。

私がもし自分でビジネスを行う時には本日習った観点から分析を行い、
成功確率をしっかりと上げて取組んでいきたいですね。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【オペレーション戦略 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オペレーション戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

タイムスケジュール 2015年7月第4週 (7/20 - 7/26)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2015/07/4週
  項目 時間(割合) 平均(1日)
仕事 51.00時間(30.36%) 7時間17分
プライベート 48.00時間(28.57%) 6時間51分
MBA 18.75時間(11.16%) 2時間41分
睡眠 50.25時間(29.91%) 7時間11分

月曜日が祝日で火水とグロービスの講義だったので、仕事の割合は少なめです。
ただ ここ一ヶ月くらいやらせてもらっていたデータ分析系案件の最終報告会や、
私のキャリア変更について諸々の動きがあった週でもあります。

異動については結論から言うと、私が第一希望としていた部署には行けなくなりました。
人事部曰くその理由は2つあり、
一つは会社の利益の半分を稼ぐ本部の事業戦略を担って欲しいという人事部の希望と、
第一希望としていた部署から人事部宛に人員増強の依頼がなかったことだそうです。

後者については、第一希望の部署の御方に話したところ大変驚かれておりました。
確かに第一希望の部署の役職者に掛け合い、異動するためにアクションしてもらえていたのですが、
人事を通してはいなかったのです。

ちょっと残念ではありますが、しかしながら稼ぎ頭の本部で事業戦略を担うのも大きな経験であり、
誰それ構わず入れる部署でもないと思うので これも縁として頑張っていきたいと思います。


データ分析案件の最終報告は、個人的にはかなり好感触だったように思います。
データから見える示唆と提案を示したところ、大変興味深く 上層部に見せたいと仰っていただけました。
特に嬉しかったのは「データって怖い」というコメントです。

それだけ現実味があり、的をえているからこそ 恐怖心さえ芽生えさせることができたのかなと。

さらに嬉しいのは、私の異動についても先方にお伝えしたところ、
50%兼務でこっちもやって欲しいとお話をしていただけたこと。

うちの会社は大きく分けて4つの組織があります。
2つのプロフィットセンターと管理系およびシステム系の4つ。
私は今はシステム系の部署にいて、今後は2大プロフィットセンターの片翼に行きます。

そして今回 案件をやらせていただいていたのは、その片翼とは逆の事業部。
弊社の2大事業部を兼務という夢の様な話を たとえ冗談でも言ってもらえたのは嬉しい!
さらに言えば管理系組織の一角である経営企画系部署とも仕事をやらせてもらっていますが、
そこの部長代行さんや課長代行からも「うちにいつ来るの?」とお誘いを冗談混じりでいただきます。

4大組織のうち3つから必要としていただけるなんて 本当に恵まれていると思います。

でもリアルに私がやりたいのはデータ分析×経営戦略ですので、
一事業に特化するよりも将来的には全ての組織と関わっていきたいと考えています。
社長お抱えの、全ての組織と絡む データ分析×経営戦略の5つ目の組織を生み出していければな。

そのためにも実績を残し、認めてもらうことが必要ですね。

だいぶ話が長くなってしまいましたが・・・
プライベートでは土曜に溜まっていた家事を処理しました。
また8末に母と嫁と旅行に行く予定で、そのスケジュールや宿の予約を済ませたり。
日曜は墓参りに行ったりと家族との時間が多かったです。

誤算だったのは土曜から夏風邪をひいてしまったこと。。。
異動の話とデータ分析案件の最終報告が終わったことで気が抜けてしまったのでしょうか。汗
一日も早くコンディションを整えないとと想い 大量に寝てやりました。

が結局 あまり回復せずで翌週の火曜日にお休みをいただくことに・・・

5月にも風邪をひいてしまったのですが、年に2回も風邪を引いたのは初かも知れません。
これも老化の一つなのでしょうか。。
本年度中にグロービスを卒業すべく、今後も無理をしようとしている矢先なのでちょっと心配ですね。

体調も大事にしながら 歩を進めていければと思います。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

タイムスケジュール 2015年7月第3週 (7/13 - 7/19)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2015/07/3週
  項目 時間(割合) 平均(1日)
仕事 66.25時間(39.43%) 9時間28分
プライベート 61.50時間(36.31%) 8時間43分
MBA 2.00時間(1.19%) 0時間17分
睡眠 38.75時間(23.07%) 5時間32分


衝撃的なまでに勉強してなかったですね。汗
ちょっと反省です。。

プライベートが多かったのは アメリカで働いている会社同期と少し話したこと、
転職した同期と呑みに行ったこと、それから会社の先輩とサシ呑みに行ったこと。
さらに週末は三連休のうちの二日間で、プライベートでやりたかったことを一気にこなしたことが
大きな原因です。

アメリカから一時帰国した会社同期からは1時間話しただけですけど、
3回も「顔が疲れている」と言われました。デリカシーについて諭そうかと思いましたがやめました。

転職した同期とはほぼ初対面。笑
でもなぜ呑みに行くことになったかというと、あすか会議で栗城さんの講演を見た当日、
その同期も栗城さんの講演に行くようなfacebookが上がっていて声をかけたことがキッカケ。
講演についてお互い意見交換しようってことで呑みに行きました^^
そしたらなんと同じ大学出身で さらにテンションが上がり、結構楽しい夜を過ごせました。

会社の先輩とは異動の件で相談するためにサシで呑みに。
サシだからこそ色々と話せることもあり こちらも有意義な時間でしたね^^

週末は同窓会のタスクをやったり、仕事用の鞄の購入、夏仕様の仕事用ズボン購入、
それから4ヶ月ぶりにTSUTAYAさんに行き 大好きな音楽をレンタルしてきました!
加えて日曜日は嫁と映画を3本観にいくという。笑

今週は普段会えない人とあったり、やりたかったことをやったりと
大変プライベートが充実しておりました。

来週以降はもう少し勉強するようにします・・汗



参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。