2015年03月30日

マーケティング1 DAY2

ケース / テキストversionページ数
ノバルティスとプロテウスの提携:インテリジェント・メディスンは市場に普及するか?-6ページ
クリーンエッジ・カミソリ:新製品のポジショニングVer.210ページ

<<テーマ1:イノベーションの普及>>
インテリジェント・メディスンという画期的な商品を題材に、マーケティングにおけるイノベーションの普及プロセスと普及にあたって乗り越えるべき課題を学ぶ。
<<テーマ2:新製品投入時のポジショニングの意思決定>>
競争の激しい市場では、製品に明確なポジショニングを行うことが不可欠である。対立する2つのポジショニング戦略に関する議論を通じて、ポジショニングの意思決定にはどんな考慮が必要なのかを学ぶ。

2015.01.27(TUE)
25日の日曜に予習をしていても間に合わず、26日(月)も終電、それから1時間半寝て課題対応。
07:30に出社して自主監査(セキュリティに問題がないかの確認)を行って定時に切り上げ、
そのままマーケティング1 DAY2を受講してきました。

もちのろんで超絶な睡魔に襲われておりました。。

さて、DAY2のメインテーマはポジショニング。戦う土俵の話です。
外部環境を調べて市場を調査するのはセオリーですが、
それでも資料や既存のシンクタンクなどのレポートだけで可能性を決めるのは危険。

レポートだけでは血の通った判断は難しいこともさることながら、
魅力的で勝てる市場であっても、既存事業との整合性も判断軸に入れないといけません。
カニバッた場合に社内的にアセットをあてることが難しいなど、内側の課題もままあるとのこと。

そんな前置きがありながら、本日は二本のケーススタディに取組みました。

一つ目がインテリジェント・メディスンと呼ばれる、薬の高機能版。スマートピルです。
これが普及するか否かを市場規模の観点とイノベーションの普及要件の観点から考察。

市場規模については 単価×購買頻度・期間×顧客数という形に変数分解をして見れば良いですが、
イノベーションの普及要件はエベレット・ロジャーズ氏の理論が大変興味深いものでした。

イノベーションの普及イノベーションの普及
エベレット・ロジャーズ Everett M.Rogers 三藤 利雄

翔泳社 2007-10-17
売り上げランキング : 79788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書の、イノベーションが採用される5つの特性は以下の通り。


1. 相対的優位性
2. 両立可能性
3. わかりやすさ
4. 試行可能性
5. 観察可能性


感覚的にイノベーションというと、業界構造がパラダイムシフトを起こす様な、
大きな変革をイメージしてしまいがちですが それではイノベーションは上手くいかないという話。
イノベーションと言えども、あまりに斬新すぎては受け入れられないんですね。

本書は1962年に初版という50年近い古書ではありますが、それでも支持され読まれ続けていることがすごい。
私も時間を見つけて読んでみたいと思います。


他にも市場を分析するにあたって、リサーチの勘所について話をしていただき、
ハンドアウト内にもマーケティングリサーチの参考情報を載せていただいておりますが、
これらについては以前受講した【ビジネス定量分析】を再度復習したいところ。
すでに単科生時代も含め一年半取組んできているので、総復習を行いたいですね。

次に二つ目のケーススタディはカミソリ。

ここでもメインテーマは同じでポジショニングをどう考えるべきか。
その際に決めるべき主な項目として伝統的な手法としては以下が挙げられる。

1. ターゲット(Target)
2. カテゴリー(FOR:Frame Or Reference)
3. 差別化ポイント(POD:Point Of Difference)
4. 消費者の便益(Benefit)
5. 訴求の根拠(RTB:Reason To Believe)

ケースのカミソリはどうであったかは講義を楽しんでもらえればと思いますが、
やはりグロービスで学んでいて思うのは今まで考えなしに新規事業提案などをしていたかということです。
一度 体系立てて学ぶことでこれほどまでに視点が増えるとは思いませんでした。
もちろん理論武装だけが全てではありませんが、考える視点が増えていく実感があることはありがたい。
こうした知識を業務に活かしていきたいですね。


記事一覧:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【マーケティング1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。