2015年01月18日

勉強会に向けてのスライド作り

2015.01.18(土)
セクション活動の一環として勉強会を行うことになり、
今月末に私が勉強会のプレゼンターを努めることになりました。

テーマは元々「プレゼンテーション講座」でした。
その理由としては 私が弊社の後継者育成候補機関に属しているため、
弊社流のプレゼンスキルを持っており それを聞きたいというニーズがあったからです。

ところが勉強会の企画を進めている中で話が変わり「弊社の戦略」についてがテーマになりました。笑

良くも悪くも目立つ会社ですし、
海外展開を推し進めている弊社が今後 どういった戦略を考えているのか気になるのは分かる気がします。
なので後継者候補の一人として、会社の戦略やその特徴をまとめてお話しようと思います。


そして本日、先ずどんなネタで話そうかとストーリー作りをスタート。
私が持っている情報含め、社内イントラや外部公開データを読み漁り、ストーリーの骨組みを完成。
あとはスライドに落とし込んで肉付けをする形ですね。

それにしても会社の様々なデータに触れる事で良かったのは、
改めて会社の理念・ビジョンを確認することで視座を高く持つ意識が芽生えた事です。
校長(社長)や社外取締役の敬愛する経営者の方々のお話を聞くことで、
視点がミクロになっていることに気付き、そして自分の悩みが閉じ篭ってしまっていたことを痛感しました。

一人の経営者は「趣味なんてない」と仰られていました。
それは仕事が趣味で、休日なんて嫌い、休むのは元旦1日のみで毎日会社に行くのが楽しくてしょうがないと。
周りが穴に玉を入れて遊んでいる間もずっと働いているから今がある。
ヒトの二倍は働けと、ハードワーカーを推奨しながら叱咤激励をしてくださいました。

最高ですね。笑

私自身は会社の仕事のみに時間を全て割いていませんが、
グロービス、後継者候補育成機関、母校の役員会、母の店のWEBサイト運営等、
一般的な方々よりも少しだけ働く事が好きなので いただくコメント・メッセージがかなり刺さりました。

今の仕事も経験不足な自分に、成功確率50%以下でどうしようもない案件と上も認めるものを与え、
手厚くサポートするからと言って結局人もアサインしなければ 最近では先輩も絡まず、
「若いうちは苦労するといい」という魔法の言葉によって日々死にそうになりながら、
外部の経営コンサルタントからも あまりの放置および無責任っぷりに「ひどい会社ですね。。」と
呆れられるような状況下にいますが、もうちょっとだけ頑張ろうって思えました。笑


まぁ何にせよ、月末の勉強会に向け、少しずつ準備を進めたいと思います。




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | セクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。