2014年09月12日

ファイナンス1 DAY1

ケース / テキストversionページ数
ジョーンズ・エレクトリカル・ディストリビューション社ver.15ページ
マウンテネリアス・スポーツ店ver.210ページ

2014.07.08(火)
7月期が始まりました。
しかしながら4月期が「アカウンティング1」「経営戦略」「ファシリテーション&ネゴシエーション」の3科目で、
加えて会社も分社化の影響により組織体制も代わりドタバタしたこともあって、
個人的に相当ヘビーな3ヶ月間をこなしておりまして、7月はもう完全にバーンアウト

7月1週目は4月期の振返りを行っていた事もあって、申し訳ないけど予習時間も3時間15分。
結果から言うと、やはり予習時間に比例して講義で得られる知識の深みが違うので終わった後に反省です。。

さて、DAY1について振返ります。

DAY1ということもあって冒頭に講師の自己紹介とファイナンスについてお話いただきました。
その中で私が強く共感した話は以下です。


ファイナンスにはナレッジギャップがある。
例えば人系なら各自の経験からある程度 講義中に発言できることもあるがファイナンスは違う。
反復練習しなければ身に付かないから予習復習をしっかりとやること。
また財務と戦略は両輪の関係であるため、数字以外の戦略論も絡めてやる必要がある。


これはグロービスに来て1年が過ぎますが、カネ系の講義は本当にそうだと思います。
普段業務でも使わない知識やスキルであるため、しっかりと予習復習を行わないと発言することが難しいです。

さらに財務だけを学ぶのはあまり意味がなく、戦略論といった経営とも絡めて数字を追う必要があります。
経営者最大の任務である、【戦略を構築する】上で必要な流れは以下だと説明もしてくれました。

MBA グロービス経営大学院 ファイナンス1 計画策定プロセス


御手洗冨士夫さんが残した名言「数字なき物語も、物語なき数字も意味はない」の言葉通り、
戦略(定性)分析とファイナンス(定量)分析は相互に連携して初めて意味をなします。

先ずはこうしたファイナンスを受講するにあたっての認識を合わせた上で、
DAY1はこの流れの中の「財務三表」についてみていきます。


今回についてはファイナンスというよりもアカウンティングに近い内容でした。
ファイナンスの考えたであるDCF法といった話よりもWCや財務指標といった話がメイン。
なのでDAY1に関してはアカウンティングの復習を行っておいた方がいいですね。


DCF法(discounted cash flow method)

DCF法とは、ある資産やプロジェクトの金銭的価値を、それらが将来生み出すキャッシュ・フローの現在価値として求める方法。収益還元法とも訳される。
「今日の100円は明日の100円よりも価値がある」という言葉で表現されるように、貨幣の価値は時間の経過とともに変化する。その理由は、インフレーション、時間、リスク(明日の100円が本当に手に入るかわからない)などさまざまである。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00321.php

ワーキング・キャピタル(Working Capital)

ワーキング・キャピタルとは、運転資本。通常のビジネスを回していくために必要な資金。売掛金の未回収、在庫への投資、買掛金による支払猶予が原因となって増減する。

ワーキング・キャピタル=流動資産−(短期借入金を除いた)流動負債
※ 「(有利子負債を除いた)流動負債」だったりする。ケースバイケースらしい
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00345.php


特にアカウンティング基礎の復習はしておいた方がいいです。
財務指標分析も行うので、アカウンティング基礎の学びがここで活きてきます。
私はカネ系の知識が乏しかったので基礎科目をちゃんと取っておいて良かったなとつくづく感じました。

次回以降はよりファイナンスらしくなると思うので、
ファイナンス基礎を復習しながら臨みたいと思います。

最近 調達した「パンダをいくらで買いますか? / 野口 真人」もファイナンスの復習には持ってこいですので、
ちゃんと読んでいきたいと思います。



参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファイナンス1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイナンス1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。