2014年09月05日

同志的結合

2014.09.04(木)
振替えでリーダーシップ開発と倫理・価値観DAY5の講義を受けてきました。
講義内容の所感については 今度がっつり書かせていただくとして、
本日は掲題の「同志的結合」について是非とも記したいと思い、ほぼ寝ずにPCに向かっています。笑

講義に参加させていただいたとき、
たまたまなのですがクリティカルシンキングで同じクラスで受講した同志がいました。
その御方は飲食業界のコンサルタントをやっている50代。
(50代も同じ講義を受け一緒に学び意見を言い合うってすごい場だなって思います)


実は現在 社内の新規事業提案制度に応募してまして、
飲食業界における某課題点に対するソリューションを提案する内容で一次審査を通過しました。
今度は10月頭に二次審査があるのですが、
より内容をブラッシュアップさせるために飲食業界の現状を把握したいこと、
並びに検討しているソリューションにコンサルタントのような相談役も必要なため、
飲食業界に精通した人を是非とも将来的にアサインさせていただきたいと考えていました。

そんな時に私の脳裏に上で紹介した同志が思い浮かび、
たまたま振替先の講義で一緒だった運の強さで講義が終わり次第 コンタクト。

内容を説明し、1分で合意。笑

エレベータートークかのように、同志も同じ課題意識を持っていたようで すぐに共感いただき、
「やりましょう!」と強く握手させていただきました。


エレベータ・トーク

「エレベータ・トーク」とは、エレベータに居合わせている30秒程度の間に自分の話(報告事項・アイディア等)を簡潔に伝えることをいう。元々は、シリコンバレーの起業家が、投資家に自分のアイデアを売り込むために、エレベータに乗っている短時間でアイデアを伝えたことに由来している。
引用:Weblio辞書 エレベータ・トーク



さらに彼は現在は飲食業コンサルタントとして独立していますが、元々は某大手飲料メーカーに勤めてました。
そうした人脈ネットワークから、必要であれば飲料メーカーも巻き込むと心強いお言葉までいただき、
新規事業提案に厚みが出そうな予感で気持ちが高揚しました。

グロービスだったり会社の後継者候補育成機関だったり、
そういう場に所属している方々は元々ビジネスに対する意識が高く大変助かります!
そういった方々とこれからも積極的に同志的結合を通して、様々な事業を推進していきたいですね。

先ずはなんとか二次審査を通過しなければ。
一次審査通過が約6倍、次の二次審査は倍率10倍程度(過去の傾向)。
狭き門ではありますが頑張ります。





良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 05:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。