2014年09月24日

図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門! / 平野敦士カール

図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門!  (MAJIBIJI pro)図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門! (MAJIBIJI pro)
平野敦士カール

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-12-26
売り上げランキング : 22998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

最近ビジネスモデルやイノベーション、経営戦略という言葉を新聞、雑誌、書籍などでもよく目にします。それらの多くは学者やコンサルタントなどによって書かれたものですが非常に難解であったり自説を展開する内容であったりして、実際ビジネスの現場で現実に新しいビジネスモデルを構築する担当者にとってはハードルが高かったり、実践的でない場合が多いのではないかと思います。

本書は、実際に企業で新規事業を立ち上げ、ベンチャー企業への投資を行い、ここ数年は大学、大学院等で経営戦略やマーケティングを教える傍ら、様々な企業の新規事業の立ち上げのコンサルティングを行っている筆者が、平易に誰でもわかりやすくビジネスモデルについて理解できる書籍の必要性を感じたことから生まれました。
本書では多くの事例を取り上げることによってその背後にある企業の経営戦略を図解とともに説明していきます。

大学や企業研修などで新ビジネスモデル構築セミナー等を実施した際に
1 具体的な事例で理論を学ぶ方が使える武器になる
2 図解などのビジュアル化によってより理解度が高まる
3 実際に受講者が自ら手を動かして考えることによって飛躍的に理解度が高まるということを実感しました。

ビジネススクールなどでもケーススタディといって企業の実例を基に議論する形式が採用される場合がありますが、実際に読者の方が経営者になったつもりで自分の会社ならばどうするだろうか?という視点で考えることが大切です。
「最近の事例ばかり紹介しても意味がない」という意見もあります。しかし「ひとつの事業はそもそも5年。長くて10年しか持たない」と考える方が正しいと思います。なぜならば、企業を取り巻く環境は刻一刻と変化しており顧客のニーズや競合の動きも変化しているからです。
ぜひ今成功している企業の仕組みを本書で学び、次のビジネスモデルをみなさんにつくっていただきたいと思います。
ひとりでも多くの方が本書を読んで新しいビジネスモデルを構築され、日本の企業の再生に貢献されることを願ってやみません。
(「はじめに」より 著者コメント)


2013年10月期に受講した、マーケティング・経営戦略基礎の講師からご推薦いただいた本書。
ようやく読了しました。笑

というのも本書はA4サイズなので通勤には少々持っていきづらかったため、
ベッドの横に置き寝る前に読み進めるスタイルだったのですが まぁベッドに入ればすぐ寝てしまいます。
そんなこんなを繰り返しているうちに ここまで遅くなってしまいました^^;

さて本書ですが、タイトルの通り31社のビジネスモデルを解説してくれています。
そもそもビジネスモデルとは何か。
それを本書ではこのように表現してあります。


ビジネスモデルとは

企業がいかにして売上を上げて利益を出すか?という事業活動の仕組みのこと


企業が継続的に利益を出し続ける仕組みをビジネスモデルと言います。
このビジネスモデルを企業単位で31個分 紹介しているのが本書です。
超入門らしくエッセンスをさっくりとまとめ上げてあり、
どんなビジネスモデルが世の中にあるのかを知るにはかなり有効な一冊だと思います。

逆に一つ一つの深堀はされていないので、気になったビジネスモデルに対しては別に書籍を手にするのがいいかと。

著名な企業のビジネスモデルを知れて大変タメになりました。
またグロービスのケースの題材になっている会社もあるので、ケースをやる前に読むと少しヒントになるかも?

新規事業を考える時に立ち返って読みたい一冊でオススメします。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

リーダーシップ開発と倫理・価値観 DAY2


ケース / テキストversionページ数
エリック・ピーターソン(E)ver.11ページ
リチャード・ジェンキンスver.35ページ

<<テーマ>>
DAY1に続き、ケースを通じてリーダーとして必要なスキルとマインドとは何かを考え、各自の「ありたいリーダー像」を描く。

2014.08.02(土)
10:00 - 13:00 でDAY2。
前回は振返りだったため、今回が正規の受講義日初となります。

リーダーシップ開発と倫理・価値観は、
何が正解かではなく自分自身の価値観や倫理観、あるべき姿を考えることが主目的です。
そのためケーススタディでも明確な答えがある訳ではありません。
しかしながら、ケーススタディのピーターソンという一人の優秀なビジネスマンを通して、
ピーターソンに対するクラスメイトが持つ様々な感情を意見交換し合いながら、
自分に置き換えて今自分に何が足りていて欠けているのかを考えます。

そうした中で講義でも本当に素晴らしいお言葉を紹介していただけたりします。
下記書籍にも掲載されている、稲森和夫 京セラ名誉会長のお言葉も非常に重要と感じました。


どんな人が経営者として脱皮できるか。
一つは、自分が本当にに経営者の器だろうか、と真剣に悩む謙虚さを持つ人。
もう一つは、たとえ自分がその器でなくても、従業員を路頭に迷わせてはいけない、歯を食いしばってでも会社の業績を上げなくてはいけない、という責任感を持つ人です。(稲森和夫 京セラ名誉会長)


経営者になる 経営者を育てる経営者になる 経営者を育てる
菅野 寛

ダイヤモンド社 2005-06-10
売り上げランキング : 198189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【謙虚さ】と【責任感】。
この二つがあれば先天的な経営者の資質がなくても、何が自分に欠けているのかを考え、
欠けているモノがわかれば それを死ぬ気で習得するようになる。結果的に優秀な経営者になるそうです。

ホントLEVの講義は私に優しい。笑。背中を押してくれます。
まだまだ知識も経験も足りていない私としては、とにかく自分を磨いてベースアップしなければならないと感じます。
正直 何が足りていないかも浅はかな考えで正確に見据えている訳ではないのですが、
とにかく行動して 間違ってたなと思ったら そこで軌道修正していく形で進んでいくしかありません。
自分は不器用ですから。

かといって知識だけを蓄えていても仕方がありません。

講師のお話で、人の発達には二次元と三次元があると学びました。
本を読んだりグロービスに通ったりと、知識をつけることはあくまで【二次元】の話。
平面的に発達しており、広くとも浅く薄い。
もちろん狭いよりも断然良いのですが、そこに深みがないのです。

ピーター・ドラッガー曰く、リーダーの条件は「フォロワーがいること」だそうです。
知識だけの浅はかな人に人はついてはいかない。
つまり知識を多くつける・持っている人とリーダーは別次元の話ということです。

知識を得るだけではなく、リーダーとはどうあるべきなのか、
自分の特性を踏まえた上であるべきリーダー像をしっかりと考えていかなければなりませんね。

ただ人は変わりたくても変われないことも多々あります。
理想を認識した上で そうなるために自分を変えたいと願いつつ、できないことがある。
そんな自己変革の阻害要因を掘り下げるのもDAY2のテーマです。
合わせて講義中に紹介があったのは以下の本。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健

ダイヤモンド社 2013-12-13
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なかなか時間がとれなくて読書量が減ってしまっていますが、少しずつグロービスで紹介のあった本も読み進めていきたいですね。

DAY2ではさらに面白いケースがあります。
それはケーススタディの主人公エリック・ピーターソンが所属する社長、リチャード・ジェンキンスのケースです。
これは当日に配付されるケースですが、
一社員としてのピーターソンに対し、今度は上司としての視点をケースにしています。
このケースにはやはり多くの学びがありました。
上司としてどういったことを気にしているのか、なかなか上司の立場になって考える機会は少なかった、
意識できていなかった部分が多々あるので このケースでの学びはしっかりと業務に活かしていきたいと思います。

ぜひとも講義を受けて 上司が感じる部分を多くの方々に学んでいただきたいですね^^
きっと仕事に対する姿勢や考え方が変わると思います。

最後に、講義ではあまり触れられなかったのですが、
リーダーとして自らに問いかけるべき20の問いを記します。
今日も多くの学びをありがとうございました。


心構え・意識

1. 自分およびチームの可能性を信じているか
2. 自らの役割は「成果・結果を出す」ことであるという強い認識があり、アウトプットは明確か
3. 自らの役割は「メンバーを育成する」ことであるという強い認識があるか
4. 成長しようとしているか
5. 自責の念を常に持っているか
6. 忙しいなどのことを言い訳にしていないか

コミュニケーション

1. 相手に興味を持ち、理解しようと常に努力をしているか
2. 十分に時間をとり、相手が納得できるように本気で熱心に伝えているか
3. コミュニケーションは受け手が決めるという強い認識があるか
4. 背景情報などを徹底的に共有し、見る景色を合わせているか
5. 全ての行動がコミュニケーションであり、メンバーから常に見られている認識があるか
6. 可能な限りポジティブな言葉を使っているか

部下育成

1. 細かいことに口を出しすぎず、且つ任せっぱなしにせず 任せているか
2. 正しく任せているか

思考

1. 具体的に考えているか
2. 抽象的なコンセプトに昇華しようとしているか
3. 「考えきった」といえる状況にあるか
4. 部分最適ではなく、全体最適を指向しているか
5. 厳しい現実から目を背けずに思考しているか
6. 事実に基づく判断をしているか




参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【リーダーシップ開発と倫理・価値観 時間順 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

2014年09月22日

タイムスケジュール 2014年9月第3週 (9/15 - 9/21)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2014/09/3週
  項目 時間(割合) 平均(1日)
仕事 83.00時間(49.40%) 11時間51分
プライベート 33.50時間(19.94%) 4時間47分
MBA 10.00時間(5.95%) 1時間25分
睡眠 41.50時間(24.70%) 5時間55分

夏期休暇明け一発目の週は とにかくたまった仕事の対応。
休暇前も死に物狂いで仕事に対応してなんとか確保したつもりになっていただけど、
一週間強休んでから復帰してみれば、
貯まり込んだメールもさることながら(といっても668通程度ですが)、
お願いしておいた仕事が終わってないなどの状況も重なり、
先週の真っ赤なグラフが一点、真っ青なグラフへ様変わりしました。
月曜がまだ休暇中なので時間数でいうと83時間と計測史上2位の記録ですが、
月曜も仕事だったら間違いなく今週が仕事時間が最も多かった週だったことでしょう。

もう少し詳細に記録しておくと、
火曜は終電まで仕事。
水曜は後継者候補の他学校対応、それから徹夜で仕事。
木曜にメインで持っているデータ分析系案件の検証結果報告MTG、その夜は本部メンバーの送別会。
金曜は本部移転のための引っ越し対応で20:00に帰り、それからファイナンス1の課題対応。
土曜は朝からファイナンス1の振返りアサインメント対応、
午後に少し出掛けた後 ファイナンス1のDAY6。
残念ながら課題対応が間に合わず、グロービス生活初めての課題未提出となってしまいました。。

日曜日は10月第一週目の土日にある、
社内の新規事業提案制度の二次プレゼンに向けた打ち合せ×2で09:00 - 17:00の8時間。
加えて社長案件の課題対応に3時間と、その後インターン時代の友人の結婚式二次会へ参列。

土曜の午後に出掛けたのと、日曜の結婚式以外はほぼ仕事と睡眠とグロービス。
なかなか他の人にはない生活を送っているなぁと感じます。

合わせて社長案件の話にも触れます。
社長後継社候補の他学校での課題プレゼンを聞き、校長(社長)が非常に感銘を受けたとのことで
急遽 プロジェクトが発足。
2週間の短期プロジェクトながらも初回MTGに社長室メンバーの多くが参加し、校長の期待を感じるものです。
そのプロジェクトにご指名いただいたので、
自分の非力さ故に余裕なんて全くないのですが折角の機会であるので思い切って参加しました。

10/3の校長プレゼンに向け、この プロジェクトも精進していきたいと思います!

とにかく 盛りだくさんな一週間でした。笑




参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。