2014年08月31日

葛藤に苛む日々

2014.08.30(土)
昨日 会社の同期とランチに行きました。
私は部署柄あまりの同期の話を聞く機会が少ないので貴重な情報を聞けて大変助かっています。
ただ昨日は非常に思う所があり、モヤモヤしていることを書き連ねます。

何にモヤモヤしているかというと、評価という点。

同期ではすでに私よりも会社から評価されてグレードの高い人もいれば、
課長になっているという人もいると聞きました。
※ 弊社はグレード制でありグレードが高くなる程責任も重くなるが給与面もアップします

課長といったマネジメント層はグレード4以上であり、私は去年グレード2になったばかり。
一般的には年収ベースで200万は違う計算になります。


入社5年目ですがこれだけ差がついています。

そうした同期と私の大きな違いは、営業職とエンジニア職であること。
そしてエンジニア職では一般的に5年目でグレード2に上がるのが普通。
なので同期で課長がいるというのは本当に衝撃であることと、営業職とエンジニア職の違いに愕然としました。

経営戦略の講師が、「勤めている会社をMBAで例えてみて下さい」と仰っていました。
「どんな科目があって、どんな科目が得意なのか、会社の強みってなんですか?」

その話を聞いた時、私は自分の会社は営業の会社であって、
少なくともエンジニアではないと思いました。
ちょっと科目の喩えとはややずれますが、IT企業ではあるけれどもメインはIT商材を売る企業。

そして会社は注力しているところに予算を割当てる。
システムは安定稼働を求められ、安定稼働を実現したとしても それは当たり前の世界で、
グレードが上がる程の評価を得られる訳ではない。

同期の出世の話を聞き、ここまで差が出ていることにショックを隠せないとともに、
エンジニアとしてこの年次で課長職なんて先ずあり得ない会社の体質に疑問を感じざるをえません。

もちろん評価は結果ありきの話ですのが、
過去に部署から自らが起こしての企画案件をリリースしたことがない中で、企画からリリースまでした実績。
統計学を1からコーディングし、営業施策の効率化に貢献した実績。
もちろん社長の後継者候補にも選ばれてますし、リクルータとしては学生人気No.1もいただいております。
4年間で53個の案件を回し、メインでやったのは20個程。
仕事に手を抜いてきたつもりはありません。

やはりモヤモヤしてしまいますね。。

評価面談の際も、上司から与えられたアウトプットには応えてきましたし、
リーダシップ開発と倫理・価値観でも上司からいただいた自分が思っていたものより評価は高かった。

それでも営業職と同レベルで出世できることはない。。
うちの会社で言えば頑張る土俵を間違えていると疑ってしまいます。
いっそ営業職に異動願いを出そうかと思ってしまいますね。

出世欲が強い訳ではないのですが、
学費を余裕をもって払えるだけの給与は欲しいと思うし、
何より頑張ったことに対してはやはり評価されたい。
本部長から奇跡のツールと言わしめた、部署内で誰もコーディングできないシステムも1人で作ったんだから。

と、愚痴という名のモヤモヤでした。




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。