2014年07月03日

アカウンティング1 DAY5

2014.6.7(土)

ケース / テキストversionページ数
ワールドコムの不正会計ver.518ページ

実際に行われた不正会計の事例をもとに、不正な会計とは何か、またなぜ会計不正が起こるのかについて、考察していく。さらに経営者は経営目標を追求すると同時に、コンプライアンス、ビジネス・エシックスといった法的・倫理的問題にも関心を払わなければならない。経営者が問題を早期に発見し自らどう解決していくか、また企業の会計システムやガバナンスがどうあるべきかについてさらに多面的な考察を加えていく。

という訳でレポート回が終わって一発目、ワールドコム。
今回は財務会計の数字とは少し離れて、もう少し人間味のある話でした。

ワールドコムの不正についてのケースですが、
不正の線引きは難しい点や、不正が出来てしまったのは何故かといった点をクラスで議論。
これはこれで学びはあったのですが、ちょっと学びがそのまま解答なので今回は割愛。

ただこれだけの大企業でも不正というのは生じてしまうものなんだなぁという印象。

今回のケースを通して不正に走ってしまう心理等を学べたので、
今後 自分が経営側に立った時に注意したいと思います。

余談ですが、ケースとは別に講師がお話してくれた話で関心があったことが1つ。
それはアメリカでは報酬として株が貰えることが多いため、株価を維持もしくは大きくするというインセンティブが働きます。
株価を上げて売ればキャピタルゲインを得る事ができます。

なのでお金を稼ぐには経営者になって自社株を多く持ち、そして株式公開を行うのがいいのでは、
と思っていたのですがその考えはだいぶ違ったんだと認識しました。
経営者は株を売ると経営権が下がるためにむやみに売ることができないんだそうです。
確かにそれはその通りですね。
経営権を下げてしまえば、買収も含め会社のコントロールが難しくなります。

さらに上場するしないもよく考えた方がいいとのことでした。
何故ならIPOで株式公開することで、仕事を手伝わない人が株式総会でやってきてクレームが発生します。
株価があがればそれを売って株主は喜んでますが経営者は経営権の問題も含めそれが難しいようです。

なるほどなぁと思う知識でした。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【アカウンティング1 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アカウンティング1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通ってみたいビジネススクールでグロービス経営大学院が2位(関東)2014年調査

2014.07.02(水)
日経・日経HRが共同で通ってみたいビジネススクール調査を実施しました。
そこで関東で2位(昨年4位)、関西で3位(昨年4位)となりました。
参考:日経Bizアカデミー【通ってみたいビジネススクール 2014年調査 日経・日経HRが実施】

グロービスに関する箇所を抜粋すると以下。


グロービス大は西日本でも大阪校が3位(480点)に食い込む健闘を見せた。「社会人のための大学院」を標榜するように、選択理由にも仕事と両立しやすいカリキュラムがあることが挙げられている。さらに通学経験者の評価から認知度が高まってきたと推測される。


仕事との両立やカリキュラムの充実さから高い評価を得ているようです。
特に卒業生の評価が高いことで認知度が高まったというのは嬉しいと同時に気が引き締まる思いです。
私も卒業した際は周りから評価されるよう しっかりと今 学びを自分の中に落とし込んでいきたいですね。


(理由別ランキング)「仕事と両立できる開講時間のカリキュラム」では、東西ともにグロービス経営大学院大学の回答比率が高かった。平日夜間と土日の開講で、仕事に合わせて通学曜日や回数を組み立てられる。また、転勤の場合も全国に5つあるキャンパスを利用できるなど、通学しやすい工夫をしている。
「カリキュラムの充実」の上位はビジネス・ブレークスルー大学大学院、グロービス大など。


仕事との両立は私自身が一番重要視した項目で、やはり他の方々にとっても重要なのだと再認識。
是非とも本ブログを活用して実際の仕事との両立具合を定量・定性的に見ていただきたいなと。


ビジネスパーソンにこれからどんな分野を学びたいかも合わせて聞いた。最も多かったのがマーケティング(35.3%)だ。続いて組織運営(27.2%)、リーダーシップ(25.0%)と続いた。さらに内容を詳しく聞くと、新事業創造が26.4%でトップ。ビッグデータ分析・活用(20.3%)、統計学(19.2%)、グローバルビジネス(19.1%)も上位に挙がった。


新事業創造に多くの関心が集まっているのですね。
創造となると発想力のスキルも必要になるので 必ずしもMBAで学べるかは疑問ですが、
しかしながら新事業に必要な経営的観点はやはりMBAで身につけた方が成功確率は格段に上がると思います。

ビッグデータ分析・活用(20.3%)、統計学(19.2%)はグロービスのビジネス定量分析をぜひお勧めしたい。
グロービスに本入学しなくとも、単科制度を利用して1科目だけ受講できるのですが、
データ活用をしたいと考えていらっしゃるなら「ビジネス定量分析」です。

私はこの講義を受けて意識がだいぶ変わりましたし、データを扱う作法も学べました。
(この講義であった推薦図書も必読:「社会調査」のウソ / 谷岡一郎

まだ受講できていませんが、これから応用科目・展開科目と興味深い科目も多いので、
カリキュラムの充実といった面でもグロービスはオススメできます。


「社内評価が上がった」という回答が38.3%に上った。(中略)ビジネススクールに通ってから社内で昇給したと答えたのは 32.1%。回答者に任意で昇給金額を聞いたところ、最も多かった回答は100万円(年額)、平均は140万円だった。


MBAを取ると本当にこれだけアップするのでしょうか。
これが本当ならグロービスは3年で元が取れちゃいますね。
MBAの知識を活用して実績を出して初めて給与に反映されるとは思うので、
先ずはしっかりと知識を身につけて 使いこなせるようにならないとですね!



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。