2014年05月07日

経営戦略 DAY2

2014.04.26(土)

ケース / テキストversionページ数
ザラ:急速に伸びるファッション企業ver.934ページ
ザラ:急速に伸びるファッション企業 SPA参考資料ver.23ページ


今回はアパレル産業のザラです。
私はザラを知らなかったので、講義の前に新宿のザラに行って店内を見てきました。
スタイリッシュでお洒落なインテリアだけど商品の値段自体はそこまで高くなくリーズナブル。
今度個人的に買物に来たくなりました。笑

さて、ケースに入る前のDAY1の復習を兼ねたアイスブレイクにて、いくつかの話題を紹介。

1. 状況によってリソースや戦略は強みにも弱みにもなる
事例としてパナショップを挙げられてました。
参考:Wikipedia パナソニックショップ

当時は消費者とメーカーとで持っている情報に格差があったそうです。
そこで消費者としては家の近くで気心知れて相談できるスタッフから家電を買いたいという想いがありました。
メーカーとしては消費者にどれだけ密接できるかが肝であり、パナショップが誕生した次第です。

しかし家電特性や、法改正により環境ががらっと変わったことで、消費者のニーズが変わり、
パナショップ自体が残念ながら負債となってしまったという話。

そういう時、多くの企業は理屈はわかっているし打ち手をうたなければならない状況も把握しているが、
様々なしがらみで動けなくなってしまっていることが多い。
だから決断できるリーダーの選び方が大事になってくる。

2. リーダーの選び方
多くの会社でリーダーをどう選ぶのかというと、”皆から推薦される”リーダーで結局「いい人」がリーダーになるのだそうです。
(俺に悪い事はしないだろうという裏の考えもある)
民主的な選択にも上記のようなリスクがあるので、リーダーを選ぶガバナンスがどうなっているのかが大事。

3. 経営戦略とは
「外」と「内」の整合性をマッチさせることであるため、外が変化するなら内も変化しなければならない。
外は無意識にどんどん変化していくけど、内を変えられないのが現状であり多くの企業の課題。
(マーケティング・経営戦略基礎でも同じ内容を教示してくれます)

4. アメリカと日本の違い
アメリカでは内も変えやすいように身軽でいるようにしています。(物を持ちません)
身軽にいて、カネさえ集めることができればビジネスは回るという考え方から、
ファイナンス(お金の集め方)とマーケティング(商品の見せ方)が発達してきました。
リソースの話はほとんどないのがアメリカ式。

逆に日本人はリソースの話が好き。

変化に対応していくことは今後の会社経営には今まで以上に大切である以上、
日本企業の良さを尊重しつつ、欧米的なファイナンスとマーケティングの知識・スキルをしっかりと会得し
活用していける様になりたいですね。


では本題。
今回のザラにしても 改めて戦略の解説を受けると感動するレベルで外部環境と内部環境の整合性を満たしています。
そのためにはアパレル業界の常識を覆して自らの信念のためにVCを組立て投資を行っていく。


VC分析(Value Chain)

バリューチェーンとは、事業活動を機能ごとに分類し、どの部分(機能)で付加価値が生み出されているか、競合と比較してどの部分に強み・弱みがあるかを分析し、事業戦略の有効性や改善の方向を探ること。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00222.php



結果 他社が真似できない戦略であり、絶対的な競争優位性を生み出している。
財務諸表を確認しても粗利率、営業利益率など、結果を当然残しています。

勝ち続ける戦略は美しい。
起業をし、圧倒的に勝ち続けるためには グロービスで学ぶケース並の戦略を生み出さなければなりません。
様々なケースを見ていて思うのですが、どういった経緯で戦略が生まれたのか本当に聞いてみたい。
最初からがちっと決まっていたら神ですね。

今回の講義で学んだ用語を一つ紹介します。


規模の経済性(Economies of scale)

規模の経済性とは、事業規模が大きくなればなるほど、単位当たりのコストが小さくなり、競争上有利になるという効果。コストリーダーシップ戦略をとるリーダー企業にとっては特に重要なコスト低減の方法。
引用:http://www.globis.jp/1609

範囲の経済性(Economies of scope)

範囲の経済性とは、経営資源を他事業と共有化することで、その事業単独でやったのでは実現できないコストメリットを得ることを指す。シナジー(相乗効果)と意味合いはかなり近い。
引用:http://www.globis.jp/1612


規模の経済はボリュームディスカウントの話。生産規模を大きくし、製品1個あたりのコストを削減する手法で、
範囲の経済は資産の共有化で、同じ資産で様々な製品を生み出すことで製品1個あたりのコストを削減する。

ちゃんと勉強していかなければ。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【経営戦略 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経営戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。