2014年05月06日

ファシリテーション&ネゴシエーション DAY2

2014.04.20(日)

ケース / テキストversionページ数
ファシリテーション:Unit 2, Unit 3-35ページ
ファシリテーションの準備をする-テキスト内演習


課題自体は重くはなく、あまり時間をかけずにいけました。
予習すべきテキストのページ数は多いけど、難しい内容ではないのでさくっと読めます。

先ずはファシリテーションとは何か、ということから復習をすると、
「組織での問題解決」であり、合意形成のステップと参加者の状況から出発点→到達点を意識し、
◯◯が△△の状態となることを目的とするもの。

今回の要点としては「参加者の状況」というところでしょうか。
ファシリテーターが描くゴールと参加者が描くゴールや関心が必ずしも一致していることはないため、
先ずは会議の前提として ゴールの擦り合わせはしっかりしとかなきゃねってことだと思います。

そして何を話すべきなのかの論点を設計する。
論点は抜け漏れなくMECEで可能性を抑えた上で、絞り込んで具体的な対応にまで結びつける。

言葉で書くと当たり前かもしれませんが、これを実際に仕事で活用するとなるとすごく難しい。
本科目では演習としてロールプレイがあるからありがたいです。
実際に各自が役割を演じ、実際にファシリテートをして良い点悪い点を確認しながら学んでいけます。
DAY1の時にも書きましたが、ファシリテーションって業務で重要な役割を担っているにも関わらず、
腰を据えて学ぶことが少ない(恐らく会社の研修で1日とか)ため、3ヶ月間がっつり学べるのは大きい。

さらに一つのよすがとして、ファシリにおいて考えるべき点を網羅した資料などもいただけるので、
先ずはその資料を完璧に自分の血肉にし、その後 自分なりにアレンジをしていければ、
今よりもきっと上手くファシリテートでき 仕事も円滑にスピーディに回せるようになれそうです。

しっかりと身に付けていきたいですねー。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファシリテーション&ネゴシエーション 時間順 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。