2014年04月23日

ファイナンス基礎 時間調査結果


ファイナンス基礎を受けた2014年1月期の3ヶ月間に費やした時間は以下の通りです。
MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール ターム比較
  項目 2013年7月期 2013年10月期 2014年1月期
仕事 738時間 (33.4%) 830.5時間 (37.6%) 812.5時間 (37.6%)
プライベート 657.25時間(29.8%) 636.0時間(28.8%) 614.5時間(28.5%)
MBA 164.75時間(7.5%) 196.5時間(8.9%) 188.5時間(8.7%)
睡眠 648.0時間(29.4%) 545.0時間(24.7%) 545.0時間(25.2%)


ビジネス定量分析の時間調査結果でも記載しましたが、月間の日数によって絶対数は減っていますが、
仕事にかけている割合は10月期と等しく、睡眠時間は多くなっています。
3ヶ月間の時間についての考察はビジネス定量分析の時間調査結果の方をご覧下さい。
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 時間調査結果】


次に各科目ごとにかかった時間を以下のように分解し並べました。
MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール ターム比較 詳細
  項目 2013年7月期 2013年10月期 2014年1月期
授業 30.5時間 57.5時間 57.0時間
予習 54.3時間 52.0時間 58.5時間
復習 35.5時間 32.5時間 16.0時間
勉強会 6.5時間 3.0時間 0.0時間
懇親会 10.0時間 6.5時間 0.0時間
その他 14.0時間 45.0時間 51.0時間
ブログ 41.0時間 30.5時間 48.0時間
  合計 192時間 227時間 231時間


結果としてはファイナンス基礎が過去受講した5科目の中で最も時間を費やしていません。
それはレポート課題がないことや予習アサインメントの難易度がそこまで高くなかったこともしれませんが、
やはり曜日の設定によるものですね。
木曜日がビジネス定量分析、同じ週の土曜日がファイナンス基礎。
そうなるとビジ定の課題対応が先でその後にファイ基礎なのでやはり時間が減ります。
講義はできる限り別の週とし、バランスよく取るのがいいです。

最後にファイナンス基礎の各授業ごとの時間計測です。
MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール ファイアンス基礎
  (単位:時間) DAY 1 DAY 2 DAY 3 DAY 4 DAY 5 DAY 6
授業 5.0 4.0 4.5 4.5 4.0 4.0
予習 4.5 3.5 5.5 1.0 4.5 3.5
復習 0.0 0.0 3.0 1.0 2.5 1.0
勉強会 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
懇親会 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0
その他 6.0 0.5 4.0 1.8 0.5 12.8
  合計 26.0 22.5 7.5 0.0 0.0 25.5


ファイナンス基礎全体で費やした時間は81.5時間。
講義やその他の時間を除いた予習復習・勉強会に費やした時間は30時間で平均すると5時間。
同じ時期に受けたビジネス定量分析の平均時間は7.4時間だったので、だいぶ差があります。
本当はバランスよく受けなければならないのですが、なかなか難しいのが現状です。

そうしたアンバランスになりえることを加味して、
しっかりと受けたい科目は予習復習がちゃんとできるようセットしていく必要があります。
そういうのが定性的ではなく定量的に見えると自分でも腹落ちできるのでいいですね。

あーにしてもちゃんと復習に時間取りたかったなぁ。
まぁこの3ヶ月間でやらなくとも、これからゆっくりやっていく予定ですが。
ファイナンスで薦められた本もあるので、こちらも追々ご紹介致します。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファイナンス基礎 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイナンス基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

マネーボール

マネーボール [Blu-ray]マネーボール [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-10-03
売り上げランキング : 3307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

映画紹介 from Amazon

あきらめるな、挑戦を。
【ストーリー】ブラッド・ピット主演×『ソーシャル・ネットワーク』のタッグで贈る。メジャーリーグの常識を覆した、これは、真実の物語。
選手からフロントに転身し、若くしてメジャーリーグ球団アスレチックスのゼネラルマネージャーとなったビリー・ビーンは、自分のチームの試合も観なければ、腹が立てば人やモノに当たり散らす短気で風変わりな男。
ある時、ビリーは、イエール大学経済学部卒のピーターと出会い、彼が主張するデータ重視の運営論に、貧乏球団が勝つための突破口を見出し、周囲の反対を押し切って、後に“マネーボール理論"と呼ばれる戦略を実践していく。当初は理論が活きずに周囲から馬鹿にされるが、ビリーの熱い信念と、挑戦することへの勇気が、誰も予想することの出来なかった奇跡を起こす!!


ビジネス定量分析の講師からオススメしていただいた映画。
一ヶ月以上前に薦められていましたが、ようやく見れたのでここで紹介。

なぜ勧めているかというと、野球というものを数字で判断し分析し結果を残した実在の話であるため。
これはビジネス定量分析と非常に関連しています。

野球で勝つためには選手にはどういったスキルが求められるのでしょうか。
ホームランバッター、守備が上手い、オールラウンダー。きっと様々なスキルがあってスキルはあればある分だけいいでしょう。

しかしながら勝つためには出塁率が一番効きます。
ホームランだろうがヒットだろうが、フォアボールだろうが、デッドボールだろうが、
塁に出る事はには変わりはなく、出塁が多ければ多いほど点が取れる。

ここに主人公ビリー・ビーンとイェール大学経済学部出身のピーターは目をつけた。

ビリーはメジャーリーグ球団・アスレティックスのゼネラルマネージャーであり、
選手のポートフォリオを考えるのが仕事で選手を入れたり出したりしながらチームを勝利へと導く仕事をしている。

ところがアスレティックスは貧乏球団であり、良い選手を入れ育てても、
やがてニューヨークヤンキースなど、潤沢な資金を持つ球団に選手を引っこ抜かれてしまう。
貧乏球団は”お金”という点で圧倒的に不利な状況にあった。

いい選手を入れたくてもお金がない。
オーナーに掛け合っても今ある資金リソースで勝てと言われる。
藻掻きながら苛立ちながら解を模索していた時に出逢ったのが、ピーターだった。

そこで統計学を活用し、出塁率が高いが評価が低く 安い選手を集めた。

利用しているのは重回帰分析ですかね。
出塁率や長打率、守備率などの他 選手の見た目や人気なんかも数値化し、勝つ事に効く説明変数を求めた。
それが出塁率であると。

この時のピーターの台詞が非常に印象的でした。
”チームは選手を買うんじゃない、勝利を買うべきなんだ”と。

評価が低い選手は怪我が多いだとか、年齢が高いとか、素行が悪いなどとにかく問題が多い。
そうしたメンバーを集めつつ、アスレティックスにいる、野球界の中で評価が高い選手を放出していくため、
チームのビリーへの戸惑いや怒りは相当なもので、世論も「ご乱心」と揶揄してました。

もちろん最初は全然上手くいかなかった。
それは選手が自分の役割を理解できなかったこと、チームとして戦略を一貫してやれなかったことが挙げられます。
ビリーがどんなに指示を出しても、監督にはそれが理解できずに戦略を無視し続けていた。

しかしチームが機能し始めると 劇的に勝利を収めるようになり、圧倒的な低予算で常勝チームとなった。



理系である私としてはお金ではなく数字で勝利を勝ち取る様は非常にぐっときました。
ただ映画を最後まで見ていただきたいのですが、統計だけでは限界もあり、
そしてビリーの人生はなんとも言いがたい波乱と選択に満ちあふれており、なんとも言いがたい思いにもなりましたね。。

必ずしも人は正しい選択をできる訳ではない。
でも後悔しないことが大切なんだと私は受け止めました。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

履修計画表の作成と長期履修申請

2014.04.21(月)
だいぶ遅くなりましたが 履修計画表を作成完了し、グロービスのポータルサイトから提出、
そして長期履修申請を行いました。

■ 履修計画表

1. 履修計画表を作成する
グロービスポータルサイト > 履修 > 履修計画の手引き > 履修計画表のダウンロード
上記から履修計画表をダウンロードし、計画表を作成します。

2. 履修計画表を提出する
グロービスポータルサイト > 履修 > 履修計画の手引き > 履修計画表のアップロード
作成した計画表を上記ページにいき、計画表を提出。
ここで計画表のEXCELファイル名は適当で大丈夫です。
アップロードすると勝手に名前が割り振られます。

■ 長期履修申請

1. 履修計画表を提出する
上記の流れで履修計画表を先に作成し、提出しなければ長期履修申請はできません。

2. 長期履修申請を行う
グロービスポータルサイト > 各種申請 > 長期履修申請(新入生用)
上記サイトページに「申請する」ボタンがあるのでクリックする。



履修計画において、決めなければいけないのは2年で卒業するのか、3年で卒業するのかです。

グロービスは最短で2年で卒業できます。
しかしそうするには1期(3ヶ月)の中で毎回3科目ずつ選択しなければならず、これは時間的にかなりの負担です。
そのため長期履修申請があり、これを申請すると3年で卒業したとしても何のペナルティもないのです。

私は3年で卒業にしました。
理由はやはり2014年4月期で3科目選択してかなりしんどいと感じている事。
予習復習の時間がしっかりと取れないのでは 学びが浅くなってしまいます。

とは言え仮に講義に慣れて3科目も余裕になって2年で卒業できるようになったとしたら、
それは2年で卒業しても問題ありません。しかし長期履修申請をせずに3年で卒業となると、留年扱いになります。
留年となることで具体的にどんなペナルティがあるかはわかりませんが、留年じゃない方がいいですよね。笑

履修計画表についても私が思い描く未来像においてはベストな科目選択になっていると感じています。
こちらについては別途共有致します。


良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。