2014年02月26日

ビジネスマンのための解決力養成講座 / 小宮一慶

ビジネスマンのための「解決力」養成講座 (ディスカヴァー携書)ビジネスマンのための「解決力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
小宮 一慶

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-06-15
売り上げランキング : 65961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

優先順位のマトリクス、緊急でも重要でもないところが、実は重要?
ABC分析のほんとうの使い方を知っていますか?
80-20の法則、何でも下位80%を切り捨てようとするのは素人の証?
占い師とコンサルタントを分けるものは?
もし、あなたがこの会社の社長なら?
天橋立のマーケティング戦略(AIDMA)は?
そして、最強の問題解決法とは!?

『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』『ビジネスマンのための「数字力」養成講座』に続く小宮一慶の第3弾は、「解決力」!

UDE、ロジカルツリー、ディシジョンツリー、プロコンリスト、パート図、マーケティングの5P・4C・QPS、AIDMA、SWOT分析、PPM、ABC分析、レーダーチャート、PDCA、仮説検証、会計等々、問題解決によく使われる代表的なフレームワークももちろん学べますが、それ以上に重要なのは、本書の目的が、読者のみなさまに、今、目の前にある現実の問題を「解決」していただくことであることです。
というのも、多くの類書が、問題解決の手法を「知る」ことを目的としているからです。どれだけ「手法」を知っていても、「解決」できなきゃ意味がない!経営コンサルタントとして、多くの企業の社外取締役、監査役を務める著者ならではの、本当に役立つ「問題解決」の授業がここにあります。


少し前に読んだものの、先週はビジネス定量分析のレポート課題に追われていたこともあり、書籍紹介が遅くなってしまいました。
小宮さんの◯◯力シリーズ。今回は第三弾の「解決力」

さくっと読めて、それでいて情報の密度が高いので個人的には小宮さんの書籍好きです。
本書もコンサルタントが用いるようなツールを色々と紹介してくれています。

しかもあまり聞き慣れない、グロービスでも学んでないフレームワークもありました。
その一つが4C。(3Cの間違いではありません)
マーケティングの4Pが企業視点であり、4Cはユーザ視点のフレームワークで以下の4つの頭文字です。

・Customer Value(顧客にとっての価値)
・Cost(顧客にとってのコスト=価格)
・Convenience(利便性)
・Communication(コミュニケーション)

4Pと呼応した形で、商材を企業視点で切るのか、顧客視点で切るのかで課題が見えてくる。かも。笑

他にも、冷凍餃子問題の解決手順を問題形式で記載しています。
冷凍餃子から毒が検出され、複数のユーザが腹痛などを起こした。
そうした問題に直面した場合、あなたならどういった優先順位で対策にあたるのか。

これも自分の中で足りていない視点があったので非常にためになりました。
やはり、こういう事例を読んでて思うのは、inputの大事さです。
もちろんoutputも大事なんですけど、良質なoutputを出すには十二分のinputがありきだと私は感じます。

冷凍餃子の問題にしても、inputがない状態だと、対策に抜け漏れがあったり、そもそも優先順位付けが見当違いになったりします。
しかし、事例でもいいのでinputがあれば、先ずは何をすべきかがinputがない状態よりも見ることができます。
少なくとも、失敗や大打撃を受ける可能性は少なくなる。

これからもできる限り本は読んでいきたいですね。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】





良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

ファイナンス基礎 DAY4

2014.02.22(土)
ファイナンス基礎DAY4。
正直、この2日前がビジネス定量分析のDAY4でレポート対応があったため、ファイナンスの予習は前日のみ。
予習アサインメントがケースではなく、テキストの演習問題1問だったから助かった感があります。
ただアサインメントはともかくとして、予習には別途 ケースがあり、こちらの予習はホントぼろぼろ。。。

一科目単位ではなく、並行して選択している科目とのバランスをちゃんと見ないとですね。
特に今回の私の場合、科目選択の際に講師優先で選んだため同じ週で且つ木曜夜と土曜午前という密接した時間割に。
これだと流石にバランスよく対応するのは難しい。
本科に進めた際は講師を優先しつつ、時間も注意してやりたいと思います。


さて、DAY4の講義について。
学んだ内容としては、
「事業投資の意思決定方法」「ケースでみる事業投資」「WACCの節税効果」「デットとエクイティ」

事業価値もNPV法で測れるという話。
なので新規事業なんかも価値を測って投資するかどうか、進めるかどうかを見る事ができる。
その例としてケースで事業投資をするか否かの演習を行いました。

それから前回も学んだWACCの節税効果についてと、
WACCを計算する中で登場するデット(負債)とエクイティ(株主投資)の違いについて学びました。


NPV法(Net Present Value)

NPVとは、投資する対象の事業、プロジェクトが生み出すキャッシュフローの現在価値(DCF)の総和。投資を決定するための評価指標の1つ。正味現在価値。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00231.php

WACC(Weighted Average Cost of Capital)

WACCとは、資本コストの代表的な計算方法で、借入にかかるコストと株式調達にかかるコストを加重平均したもの。加重平均資本コスト。

 WACC=D/(D+E)×rD×(1-税率)+E/(D+E)×rE
 D:有利子負債総額 E:時価総額(または株主資本) rD:負債コスト rE:株主資本コスト
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00232.php



ケースでも事業投資を学びますが、P/Lだけでは判断できないってことをしっかり学びました。


損益計算書(Profit and Loss Statement)

損益計算書(P/L)とは、ある一定期間における会社の活動を数字で集計した結果。売上高などの収益から費用を差し引いて、会社がある一定期間にどれだけの儲け、つまり利益を生み出すことができたのかを表したもの。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00762.php


でも私自身 業務で新規事業を提案する際にP/Lばかり見てやってしまってました。
でもリスクや運転資本(ワーキングキャピタル)、金銭の時間的価値も加味しないと。
そういう視点を持てるということがファイナンスを勉強する価値なんだと思います。


ワーキング・キャピタル(Working Capital)

ワーキング・キャピタルとは、運転資本。通常のビジネスを回していくために必要な資金。売掛金の未回収、在庫への投資、買掛金による支払猶予が原因となって増減する。

ワーキング・キャピタル=流動資産−(短期借入金を除いた)流動負債
※ 「(有利子負債を除いた)流動負債」だったりする。ケースバイケースらしい
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00345.php


また会社を運営するためにお金を集めないといけませんが、
集め方には大きく二種類あり、返済義務のあるデット(負債)と返済義務はないが期待利回りが高いエクイティ(株主投資)があります。
持っている事業の性質によってこれらのバランスも考えないといけません。

そういうのも考えられるがいいですね^^
少しずつではありますがファイナンスの基礎的な部分が理解できるようになってきました。

今までは書物などで独学でやっていましたが、
やはりビジネススクールで時間をかけてじっくりと腰を据えて取り組むと理解が早いような気がします。
この調子で経営学のベースとなる知識をしっかりと身に付けたいですね。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ファイナンス基礎 記事一覧】


良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファイナンス基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムスケジュール 2014年2月第4週 (2/17 - 2/23)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2014/02/4週
  項目 時間 割合
仕事 65時間 38.7%
プライベート 35.5時間 21.1%
MBA 26.0時間 15.5%
睡眠 41.5時間 24.7%


2月の第4週は1月期のDAY4週ということで、ビジネス定量分析のレポート対応です。
なので仕事もとにかく無理矢理早めに切り上げ、レポート対応に勤しんでいました。
レポートの課題だけで12時間使っているので、必然的に仕事やプライベートの時間が下がります。

ビジネス定量分析DAY4の前日は朝の4:00までレポート課題やっていましたからね。。

さらに私の場合はその二日後にファイナンス基礎DAY4もあったため、だいぶMBAに時間を割きました。
今過去のデータを見直したら、一週間で最もMBAに時間を使った週でした。
毎日携わってましたからね。

でも仕事だって決して納期が遅れたり、手を抜いた訳じゃありません。
木曜日に2週間で開発したデータ分析ツールを営業担当に披露したところ、お褒めに預かりました。
しかも議論も活発になり、今後どうするかを具体的に話せる様になりました。

やはり目に見えるものがあると強いですね。
懸命に作成して良かった。
まぁまだ追加機能などいじくる部分はありますが、これだけ営業さんたちが反応してくれているので、
引き続きコーディングしていきたいと思います。

経営学をプライベートで学びながら、仕事でコーディングをしたり新規企画を推進したり、
充実した毎日を過ごせています^^

あとはグロービスの学費が払えるぐらいのお給料が伴えば言う事ないんだけどな。笑


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。