2014年01月29日

ビジネス定量分析 DAY3 課題対応

2014.01.28(火)
21:00 - 22:30で課題を実施。
ビジ定のDAY3の課題アサインメントは正直結構楽かも。
テキストを読む量も少ないし、提出課題自体もテキストの演習問題1個のみ。
(もちろん提出しない課題もあるのでそちらもやりますけど、心持ち1題だと気が楽)

今回はデータを数式化することがお題目。
よって主にやることは回帰分析。
ある統計データをy=ax+bに落とし込むのが単回帰分析。
ここでxを説明変数と呼び、yを目的変数と呼び、説明変数と目的変数には因果関係がある。
説明変数が複数ある場合は重回帰分析となる。

回帰分析

原因となる数値と結果となる数値の関連性を、統計的手法を用いて調べる方法。
原因となる数値を説明変数、結果となる数値を被説明変数と言う。説明変数が1つの場合を単回帰分析、2つ以上の場合を重回帰分析と言う。単回帰分析を2次元のグラフに示す場合には、説明変数をX軸、被説明変数をY軸にとる。
引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00526.php


散布図から直線式を求めるって面白いですね^^
EXCELでも回帰分析が可能なので どんどん使っていきたいな。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ビジネス定量分析 記事一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス定量分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。