2013年11月30日

どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 / 小宮 一慶

どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
小宮 一慶

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-19
売り上げランキング : 119180

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

量ではなくて、質が肝心!
あなたの単位時間当たりのアウトプットとインプットの質量を飛躍的に上げる90分!

同じ時間をかけても、生み出すものの質量は大きく違う!
年収500万円と2000万円、時間の使い方の最大の違いは?
投入時間ではなくて、アウトプットの質と量が問われる
前向きの時間と後ろ向きの時間。
後ろ向きの時間を減らすには?
コントロールすべきは、時間ではなくて「やる気」
時間をコントロールできる人がお金もコントロールできる!
「重要度ー緊急度」に代わる画期的小宮式マトリクスとは!?
アウトプットとインプットの質量を高める技
時間力の最大の敵は?
インプットは記憶より理解で時間を節約
アウトプットはバリューとインパクトで生産性増大
正しい手帳の条件とは?
時間力を邪魔する最大の誘惑は、時間がありすぎること!
「スターの時間」を呼ぼう!

隙間時間の使い方とか上手なスケジュールの立て方とか、目標管理の方法といった「時間の効率的な使い方」についての本や研修は巷にあふれています。
けれども、いくら時間をうまく配分したところで、肝心の、その時間を使って生み出すものの質と量が劣っているのだとしたら、意味はないし、
実際、投入時間に、アウトプットの質と量が比例するわけではない。

つまり、同じ時間をかけても人によって、あるいは、個人の中でもそのときによって、アウトプットはまったく違う、
というのはどなたも経験していることでしょう。

だから、時間管理術というのは、結局、使えない……これまでの時間管理術の本に、
こうした本質に至らぬもどかしさを感じている方がいるとしたら、
本書が、その漠然とした疑問に対する明快な答えを示します。

本書は、経営コンサルタントとして、毎月、北海道から九州まで十数社の顧問先の経営会議等に出席するかたわら、
年平均200ヵ所での講演、月に2回ほどのテレビ出演、さらには、月10本以上の連載と年に数冊の単行本の執筆、
そして、毎年欠かさない家族との長い夏休みと、常人の5倍は仕事をこなす──
それも、著者にあったことのある人ならよくご存じのように、いつも明るくゆとりを持って──
著者が、満を持して著した、「時間の質」に注目した、究極の時間術です


Amazonにある紹介、めちゃめちゃ長いですね。笑
一応自分の中で引用することをルールにしているので記載していますが、これだけで記事の大半を占めてしまいそうですね--;

小宮 一慶さんの書籍は結構読んでまして、本書も学生の頃に一度読んでいます。
社会人になって改めて本を買い直し(実家に埋もれているので新たに買うことにしました)
読了した次第であります。

読み直そうと思ったのは、最近 とにかく仕事やグロービス、プライベートなどなど充実しておりまして、
タイムスケジュールを今一度見直す、もしくは効率を求めたいと思って手に取りました。


改めて読み直してみて、非常に参考になりました。

アウトプットの質が重要であり、時間をかけることが大事なのではない。
これは自己啓発本でも良くある話で、以前読んだ「イシューからはじめよ」でも述べられています。
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【イシューからはじめよ / 安宅和人】

ここにさらに小宮さんは、時間をかけずに質をよくするにはどうすべきかを述べてくれています。
中でも私がぐっときたのは「段取り」と「メンタル」

「段取り」については、仕事でもなんで、出すべきアウトプットが決まっているので、
それに向けて作業をする前に、どんな作業をすればいいのかを予め考えておく、というもの。
言われてみれば当たり前の話ですが、私なんかはついつい忘れてしまいがち。
これはちゃんと意識していきたいです。

もう一つは「メンタル」
人間には感情があるので、やる気のある時もあればそうでもない時もあります。
嫌な気分のときや、気分にムラがあると良質なアウトプットを最短で出す事は難しくなります。

そこで、いかにそうしたネガティブな感情からポジティブな感情に切り替えるかが大事で、
ネガティブ感情の時間を短くすることが重要になってきます。

じゃぁ小宮さんはどのようにして、ネガティブ感情をポジティブ感情に切り替えていたかというと。

輪ゴムを使った訓練

左手の手首に輪ゴムをはめる。そして、「頭にきた!」とか、「こんなことになったどうしよう」などとネガティブなことを思った瞬間、その輪ゴムを引っ張って、パチンとやるのです。するとハッとして、怒りや不安の感情が途切れる、というわけです(P52)


すごいですね。笑
でも切り替えるためのキッカケをこうして自分からセットしておくのはいいなと想いました。
まだまだ未熟な自分も感情のコントロールが上手くできないこともあるので、
ネガティブの時間帯をなるべく減らす努力をしていきたいなと想います。

新書で読みやすいのでもし良ければ手に取ってみて下さい。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

マーケティング経営戦略基礎DAY4 vol.0045

2013.11.19(火)
ようやく仕事の方も一段落。
社内稟議がおり、外部ベンダーに追加開発のお願いをして、同時に要件まとめ。
これからまだまだやるべきことはあるのですが、18日(月)でちょっと休憩。
月曜は少し早めに帰宅してマーケティング経営戦略基礎の課題対応を行います。

そして19日となり、本日も仕事を18:00で切り上げて麹町へと向い、DAY4に臨みます。
それにしてももう3分の2が終わると思うと本当に時間の流れが早すぎて困りますね^^;
それだけ日々充実している、と受け止めて引き続き精進していきたい。


さて、DAY4は価格・プロモーション・チャネルそれぞれの戦略を考えるというものでした。

価格については、単純に原価に数%のマージンを乗せる、という決め方ではなく、
どういう顧客に対して、どのように売っていくかによって価格決定が異なるというお話。

例えばコンビニとスーパー。
メインのターゲット層が異なります。
コンビニだとついで買いも可能な大人、スーパーだと安さを意識している主婦。
そうなると価格に対するセンシティビティが異なってくる訳です。

またこれはチャネルにも依存する話ですが、コンビニとスーパーではコンビニの方が基本的に価格は高い。
その理由も個人的には面白かったのですが、コンビニでは坪単価を上げたいそうですね。
コンビニは店舗が狭いこともあって置ける商材が限られてしまいます。
なので利益率が高い商品を好む、といった判断も働くんですね。

一つの例としては緑茶のヘルシアが挙げられると思います。
あれはペットボトルのサイズが普通のより小さいですが値段が高い。
コンビニからしてみれば他の競合商品よりも狭い範囲で利益が稼げる訳ですから、店頭に置きたくなりますよね。

そういった話もすごく面白い!!

次にプロモーション戦略について。
これはAIDMAやAMTULなどが有名で、こちらのフレームワークも学びました。


AIDMA

AIDMAとは、消費者の購買決定プロセスを説明するモデルの一つ。

消費者はまず、その製品の存在を知り( Attention)、興味をもち( Interest )、欲しいと思うようになり(Desire)、動機を求め(Motive)、最終的に購買行動に至る( Action)という購買決定プロセスを経る。このうち、Attentionを認知段階、Interest、DesireおよびMotiveを感情段階、Actionを行動段階と区別する。
(引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00346.php

AMTUL

AMTULとは、消費者の購買決定プロセスを説明するモデルの一つ。認知(aware)、記憶(memory)、試用(trial)、本格的使用(usage)、ブランド固定(loyalty)の略。

最も有名なモデルであるAIDMAが、短期的な購買衝動を説明するのに対し、AMTULは、消費者のより長期的な態度の移り変わりに着目したモデルであり、試用、本格使用、ブランド固定というように購買後の段階分けをしているのも特徴といえる。
(引用:http://gms.globis.co.jp/dic/00358.php



具体的な商品の事例をもとにAMTULでどんなプロモーション戦略をやったかを示していただき、
その各ステータスでとるべきプロモーションを変えるべきだという学びを得ました。
単純に広告を出せばいいってものではないんだと痛感しましたね^^;

そして最後にチャネル戦略。
こちらはアサインメント課題で、某飲料メーカーのチャネル戦略について分析。
言ってしまうと、チャネル戦略として「コンビニ」がいいのか、「自動販売機」がいいのか、というお話。

どちらだと思います?

結論から言うと、ケースバイケース。
それも商品のライフサイクルがどういったステータスなのかで変わってきますし、
どんなターゲットにどのようにアプローチしたいかでも変わってきます。

その辺りも実際にどちらを選択すべきなのかを議論して、
色々な意見や考え方に触れる事で非常に有意義な時間になりました。
アカウンティングにも通じますが、経営学って面白いですね。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【マーケティング・経営戦略基礎 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・経営戦略基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムスケジュール 2013年11月第4週 (11/18 - 11/24)

MBA グロービス経営大学院 タイムスケジュール 2013/11/4週
  項目 時間 割合
仕事 62時間 37.0%
プライベート 44.5時間 26.5%
MBA 13.5時間 8.0%
睡眠 47.5時間 28.3%

今週もあんまりMBAに時間費やせませんでした。。
といっても別段仕事にめちゃめちゃ時間を取られている訳でもないんですが。。
タイムマネジメントがあまり上手くできていないんでしょうね。

そのためアカウンティング基礎の予習が当日対応となってしまいました。
今回の課題はページ数で84ページと、過去最大の文量でした。
できることなら本当はもっとちゃんと予習に取り組めてるといいのですが。
反省ばかりです。

23日の土曜は実家に行き、
母のIT関連の課題をクリアしていきました。
具体的に言うと、iPhoneのバックアップの取り方伝授、
それからSBI証券の設定など。

24日の日曜は久々に嫁と出かけました。
場所は横浜にあるズーラシア。
夜にリアル謎解きイベントがあって参加してみました。
結果としてはクリアできなかったので、今度機会があったらリベンジしたいところですね。

会社の後継者育成機関の勉強会、
新規事業提案制度の決勝戦観戦を経て、明日は朝から大阪出張。
行事も盛りだくさんで今週もMBAに時間が取れておりませぬ。
本当に本科に進んで大丈夫なんでしょうか^^;



参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール一覧】
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【タイムスケジュール ルール】



良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。