2013年09月15日

なぜ、ラーメン屋の8割が3年で消えるのか? / 鴨志田 晃

なぜ、ラーメン屋の8割が3年で消えるのか?―事例でわかるMBA式経営入門なぜ、ラーメン屋の8割が3年で消えるのか?―事例でわかるMBA式経営入門
鴨志田 晃

ぱる出版 2012-12
売り上げランキング : 65777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本紹介 from Amazon

コトラーからレイ・クロック、数字管理まで、KKD(勘・経験・度胸)に理論を乗せる。一見、単純なラーメン屋の経営だが、そこにはMBA的な視点で捉えると数えきれないほどの示唆に富んだストーリーがある。本書はラーメン屋以外にも様々な事例を取り上げて、経営理論を実践的に学んでいけるように構成した。



ラーメンでMBA学習系の2冊目です。
参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【ラーメン二郎にまなぶ経営学 / 真北 幸裕】

ちなみに2013年の9月は、14日現在で毎日ラーメンを食べており、今年通算137杯となりました。

本書はビジネススクールでも教鞭を取られている鴨志田さんが書いたもので、
実際に授業で利用しているケーススタディをベースに作成されたものだそうです。

なのでビジネススクールの一つの授業として本書を読むと、MBAというものの一つの授業が体感できるかもしれません。

【ラーメン二郎にまなぶ経営学 / 真北 幸裕】と同じく、本書も入門の入門書的な立ち位置であり、
本書を読んでマーケティングに興味を持ち、さらに専門書へと進めるのが良いかと思います。

なので私もそろそろ難易度の高い書籍へと手を伸ばしていきたいなと思います。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【書籍一覧】




良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

クリティカルシンキング DAY5 vol.0019

すみません、時系列がずれてしまい、先に個別ガイダンス(9/11)について書いてしまいましたが、
クリティカルシンキングのDAY5を9/7に終えました。

学習したことは「情報を分析する」です。

しっかりと論理を構造化することはDAY1〜DAY4前半までで、ピラミッドストラクチャーを主軸に学習しました。
DAY4後半からは、「正しく考える」ための分析を主眼に置き、
主に「状態を正しく把握する」「原因を解き明かす」という二つの軸を学習していきます。

「状態を正しく把握する」ためには、
1. MECE (漏れなくダブりなく考える)
2. 変数に分解する(利益=売上ーコスト / 売上=客単価×客数 etc)
3. 層別に分解する(年齢、都道府県、職種 etc)
4. 感度の良い切り口を考える

が大事。
感度の良い切り口とは、課題点が明白になりやすい切り口で、
例えば女性に売れている食品を検討するのに地域別で切っても恐らく 良い形にはならない。

「状態を正しく把握する」ためにケーススタディを通して学びました。

-------

講義中の発言評価について調査した結果を以下に記載。
本質的ではないのですが、成績も意識しているので その中間調査報告です。

先ず前提として、グロービスの成績評価では、講義中の発言の質と量の2つが評価対象です。
三段階で「◎」「◯」「なし」が毎講義 評価され、当然◎が一番良い。

質については正直 判断がつきません。
というのも毎回「なし」なので。。

そこで量について調査をしているのですが、これは1回でも発言すれば「◯」
しかし2回でも「◯」。
じゃぁ3回では?となりそうですが、3回当てられたことはありません。

ではどれくらいの確率で当てられるかを数えてみたところ、
クリティカルシンキング DAY5では以下の感じでした。

挙手を求められた回数:13回(100%)
私が挙手した回数  :8回(61.5%)
私が当てられた回数 :2回(15.4%)

挙手すれば必ず当てていただける訳ではもちろんなく、受講生をなるべく平等に当てる形になります。
なので数を稼ぐのも結構難しいという印象です。

じゃぁ挙手を求められる以外でも質問をしたらどうなのか、
ということもやってみましたが、それも「◯」でした。
なかなか評価がシビアですね。

現状「◎」を取る方法が見えてないので、
もっと模索して「◎」の取り方も意識していきたいですね。

テクニカルな部分で本質ではないことは重々承知していますが、
受講するからには良い成績も欲しい、という想いがありますので
「どうすれば成績が良くなるか」を検証している次第です。


参考:グロービス経営大学院でのMBA取得への道【クリティカルシンキング 記事一覧】

良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | クリティカルシンキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

単科生の個別ガイダンス vol.0018

本日は仕事を切り上げ個別ガイダンスという面談を受けてきました。
これは単科生を対象としており、受講から1,2カ月たった生徒の心境の確認だとか相談を聴く場です。

時間は30分程度。

正直なところ、やりたい仕事を残してまで参加する意味が僕の中では少し見えなかったですね。汗
こちらの疑問を面談相手が答えてくれることがメインなので、メールでもいいんじゃないかなと。
なのでこれから個別ガイダンスを受けられる御方は、授業のある日とかに合わせた方がいいかもしれません。

とはいえ、折角の機会なので僕が確認したかったことを質問してみました。

1. アサインメントやレポートの個別フィードバックはいただけないのか

Ans. 貰えない。

アサインメント

毎回 授業前に提出する課題。成績の対象。



自分が提出した課題に対する添削はなく、何が良くて悪いのか客観的にチェックされることはない。
これは内部資料のどこかに記載されているようですが、私は知りませんでした。。

どうしてもわからない点については個別に質問を行うしか確認方法はないそうです。
フィードバックがない、というのは結構痛いですね。


2. 成績の評価方法はどうなっているのか

Ans. 相対評価。クラスの中でAが15%。Bが35%、Cが40%、D、Fが合わせて10%。
ここでDもしくはFを5科目取得してしまうとドロップアウトだそう。

今回 僕は37名のクラスを受講しているので、5.5名がAになる。
レポートの成績が平均だったため、今回Aは難しそうだ。。


3. 単科生が受講するクラスとしてどういった流れがいいのか

Ans. 一期目にクリティカルシンキング。二期目にアカウンティングとマーケティング基礎。

アカウンティングとマーケティング基礎はクリティカルシンキングに比べると負担の量が少ないらしい。
なので二科目同時に選択するのであればアカウンティングとマーケ基礎がオススメとのこと。


3. 2013年10月期の講師の中で人気講師はどの御方か

Ans. クオリティマネジメントができているので、先生による違いは基本的にはない。

ただし持っている背景が異なるので、
そこで自分が習ってみたいと感じた人がいいのではないか、とのことでした。
(グロービスの卒業生に相談したときと同じ回答でした)


4. 本科生の入試の合格率はどれほどか

Ans. 非公開。ただグロービスの場合は入学よりも卒業の方が難しい。

・・・合格率 高そうですね。
卒業が難しい理由としては、
出席が大事になってくるので仕事をしながらのタイムマネジメントで脱落する御方が散見されるからとのこと。


話した内容としては上記な感じです。
あとは受講してみてどうか、仕事は忙しいか、といった世間話です。

とりあえず僕は3科目分を納金しているので、
2013年10月期はアカウンティングとマーケティング基礎を受講する予定です。


良ければポチっと応援宜しくお願い致します^^
にほんブログ村 経営ブログ MBA・MBA取得へ

posted by ニーシェ at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。